赤城 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1902年の砲艦「赤城」
艦歴
発注 1885年度計画
起工 1886年7月20日
進水 1888年8月7日
竣工 1890年8月20日
除籍 1911年4月1日
その後 1912年売却
1953年解体
性能諸元
排水量 常備:622t
全長 垂線間長:51.00m
全幅 8.20m
吃水 2.90m(公試状態)
機関 2軸2段膨脹式レシプロエンジン2基、丸罐2
963馬力
燃料 石炭74.4t
最大速 10.0kt
兵員 111名
兵装 12cm単装砲4基
4.7cm単装砲4基
30mm5連装砲2基

赤城(あかぎ)は、大日本帝国海軍砲艦摩耶型の4番艦である。艦名の由来は赤城山

概要[編集]

右舷側から撮影された砲艦「赤城」。

小野浜造船所1890年(明治23年)8月20日に竣工、8月23日に第一種と定められる。同型の3艦と異なり鋼製の船体構造であった。

日清戦争では黄海海戦大連旅順威海衛攻略作戦等に参加。黄海海戦で当時の軍令部長樺山資紀の座乗する輸送船「西京丸」を守り抜いたことで有名である。このときにの艦隊の集中砲火をうけ、艦長の坂元八郎太は戦死、航海長の佐藤鉄太郎も負傷、「赤城」も大損害を受けている。

1898年3月21日に二等砲艦に類別。その後北清事変日露戦争に参加。日露戦争では、旅順攻略作戦樺太作戦等に参加。1904年5月18日、旅順沖で砲艦「大島」と衝突事故を起こし、「大島」を沈没させてしまっている。

尼崎商船時代の貨物船「赤城丸」

1911年の除籍後、翌年3月頃に川崎汽船に売却され商船「赤城丸」となった。このときにかなり改造され、砲艦時代の面影はほとんど無くなった。しかし、船首に装備された衝角だけはそのままだったという。1921年頃に転売され尼崎汽船の所有船になり、1945年台風で沈没。その後浮揚されたが、1946年1月備讃瀬戸で触雷によりまたも沈没。再度浮揚され使用されるものの、1953年老朽化の為大阪で解体された。艦齢は実に63年に及んだ。

ちなみに、黄海海戦での本艦の奮戦振りを元に「坂元少佐(赤城の奮戦)」という軍歌が作られた。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 朝枝惟一 少佐:1889年8月2日 - 1891年7月23日
  • 瓜生外吉 少佐:1891年7月23日 - 1891年12月14日
  • 舟木錬太郎 少佐:1891年12月14日 - 1892年12月21日
  • 井上良智 少佐:1892年12月21日 - 1893年9月12日
  • 出羽重遠 少佐:1893年9月12日 - 1894年5月5日
  • 坂元八郎太 少佐:1894年5月5日 - 1894年9月17日戦死 軍歌「坂元少佐(赤城の奮戦)」のモデル
  • 梨羽時起 少佐:1894年9月19日 - 1894年9月21日
  • 早崎源吾 少佐:1894年9月21日 - 1895年8月20日
  • 餅原平二 少佐:1895年8月20日 - 1895年10月14日
  • 橋元正明 少佐:1895年10月14日 - 1895年12月27日
  • 丹治寛雄 少佐:1895年12月27日 - 1896年9月21日
  • 武富邦鼎 少佐:1897年2月18日 - 1898年6月1日
  • 荒木亮一 中佐:1898年6月1日 - 1898年7月19日
  • 玉利親賢 中佐:1898年9月1日 - 1899年5月24日
  • 坂本一 中佐:1899年6月17日 - 1899年10月13日
  • 上原伸次郎 中佐:1899年10月13日 - 1900年9月25日
  • 毛利一兵衛 中佐:1901年5月9日 - 1902年6月5日
  • 藤本秀四郎 中佐:1903年12月28日 - 1904年6月19日
  • 江口麟六 中佐:1904年6月19日[1] - 1905年5月8日
  • 羽喰政次郎 中佐:不詳 - 1906年8月30日
  • 上村翁輔 中佐:1906年8月30日 - 1907年2月28日
  • 中島市太郎 中佐:1907年2月28日 - 1907年7月1日
  • (兼)水町元 中佐:1907年7月1日 - 1907年7月12日
  • 水町元 中佐:1907年7月12日 - 1908年1月10日
  • 町田駒次郎 中佐:1908年1月10日 - 1908年9月25日
  • 大島正毅 中佐:1908年9月25日 - 1909年12月1日
  • 中島源蔵 中佐:1909年12月1日 - 1910年12月1日

同型艦[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1]日清戦争時の赤城。
  • [2]坂元艦長の血の付いた海図。
  • [3]黄海海戦後の赤城。後檣の上部が吹き飛び、煙突も被弾している。
  • [4]商船に改造された赤城。