伏見 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伏見(I)
艦歴
計画 1903年度
起工 1903年3月22日(英国)
1906年3月22日(上海、工事着手)
進水 1906年8月8日(上海)
就役 1906年10月1日
除籍 1935年3月1日
性能諸元(竣工時)
排水量 常備:150t
全長 垂線間長:48.72m
全幅 7.47m
吃水 0.69m (公試状態)
主缶 ヤーロー式缶2基
主機 2軸レシプロ2基 900hp
速力 14.0kt
航続距離 NM / kt (石炭25t)
乗員 竣工時定員44名[1]
兵装 6cm単装砲2基
機銃4基

伏見(ふしみ)は、日本海軍砲艦。「隅田」[I]とともに日本海軍初の本格的な河用砲艦である。艦名は旧山城国紀伊郡の郷名による[2]

艦歴[編集]

中国長江流域での権益保護の必要性から建造された。イギリスヤーロー社1903年3月22日に起工、完成後それを解体し上海に輸送した。上海に出張した川崎造船所により組立てを行った。

1906年8月8日、仮称艦名第二号浅喫水砲艦を「伏見」と命名[3]、同月16日、二等砲艦に類別[4]され、同年10月1日に竣工した。

1911年4月、日本軍艦として初めて長江三峡を越えて重慶まで遡行した。第一次世界大戦において、当初、中国が中立の立場であったため、1914年から翌年にかけて武装解除の上、抑留されたが、中国が連合国側に加わると復帰した。

1931年6月1日、砲艦に類別変更。翌年の第一次上海事変において、上海や長江方面の警備に従事した。

1935年3月1日、除籍。その後売却され上海で解体された。

歴代艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 替地初太郎 大尉:1906年8月16日 - 10月12日
  • 井手元治 大尉:1906年10月12日 - 1908年12月10日
  • 桂頼三 少佐:1908年12月10日 - 1911年8月5日
  • 前川直平 少佐:1911年8月5日 - 12月1日
  • 内倉利吉 少佐:1912年12月1日 - 1913年2月4日
  • 福村篤男 少佐:1913年2月4日 - 12月1日
  • 江副九郎 少佐:1913年12月1日 - 1914年5月27日
  • 園田繁喜 少佐:1914年5月27日 -
  • 今川真金 少佐:1917年8月16日[5] - 1918年6月3日[6]
  • 蔵田直 少佐:1918年6月3日 - 9月10日
  • 塩島美雄 少佐:1918年9月10日[7] - 1919年12月1日[8]
  • 高橋為次郎 少佐:1919年12月1日[8] - 1920年4月29日[9]
  • 鈴木幸三 大尉:1920年4月29日 - 1921年10月6日
  • 野口幸一 少佐:1921年10月6日[10] - 1921年11月10日[11]
  • 湯野川忠一 少佐:1921年11月10日[11] - 1922年11月20日[12]
  • 佐藤脩 少佐:1922年11月20日 - 1923年3月20日
  • 丸山良雄 少佐:1923年3月20日[13] - 1924年3月20日[14]
  • 秋永三夫 少佐:1924年3月20日[14] - 1925年4月20日[15]
  • 山崎助一 大尉:1925年4月20日 - 1926年6月1日
  • 今村幸彦 大尉:1926年6月1日[16] - 1927年8月15日[17]
  • 小島斉志 大尉:1927年8月15日 - 1928年2月20日
  • 猪瀬正盛 少佐:1928年2月20日[18] - 12月10日[19]
  • 松本毅 大尉:1928年12月10日 - 1930年5月1日
  • 田尻穣 少佐:1930年5月1日[20] - 1932年2月8日[21]
  • 松野俊郎 少佐:1932年2月8日[21] - 1932年12月1日[22]
  • 藤井茂 少佐:1932年12月1日[22] - 1933年11月15日[23]
  • 阿部俊雄 少佐:1933年11月15日 - 1935年3月1日

脚注[編集]

  1. ^ 明治39年8月16日付 海軍内令 第247号改正、海軍定員令「艦第15表 二等砲艦定員表 其2」。
  2. ^ 『日本海軍艦船名考』、p. 154。
  3. ^ 明治39年8月8日付 達第105号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070054600 
  4. ^ 明治39年8月16日付 達第110号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070054600 
  5. ^ 『官報』第1515号、大正6年8月18日。
  6. ^ 『官報』第1750号、大正7年6月4日。
  7. ^ 『官報』第1833号、大正7年9月11日。
  8. ^ a b 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  9. ^ 『官報』第2321号、大正9年4月30日。
  10. ^ 『官報』第2756号、大正10年10月7日。
  11. ^ a b 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  12. ^ 『官報』第3093号、大正11年11月21日。
  13. ^ 『官報』第3190号、大正12年3月21日。
  14. ^ a b 『官報』第3471号、大正13年3月22日。
  15. ^ 『官報』第3796号、大正14年4月21日。
  16. ^ 『官報』第4131号、大正15年6月2日。
  17. ^ 『官報』第190号、昭和2年8月16日。
  18. ^ 『官報』第342号、昭和3年2月21日。
  19. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  20. ^ 『官報』第999号、昭和5年5月2日。
  21. ^ a b 『官報』第1532号、昭和7年2月10日。
  22. ^ a b 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  23. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。

参考資料[編集]

  • 浅井将秀編『日本海軍艦船名考』、東京水交社、1928年。
  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]