堅田 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堅田
艦歴
計画 1920年度
起工 1922年4月29日(日本)
1923年1月25日(上海、工事着手)
進水 1923年7月16日(上海)
完成 1922年11月(日本)
就役 1923年10月20日
除籍 1947年5月3日
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:330t 常備:338t 公試:383t
全長 56.08m
全幅 8.23m
吃水 1.02m (公試平均)
主缶 ロ号艦本式混焼缶2基
主機 直立2段膨張レシプロ2基2軸 2,100hp
速力 16.0kt
航続距離 1,750NM / 10.0kt
(石炭20t 重油74t)
乗員 62名
兵装 40口径8cm単装高角砲2門
留式7.7mm機銃6挺

堅田(かたた[1])は、日本海軍砲艦勢多型砲艦の4番艦である。

特徴[編集]

堅田は河用砲艦と表現したほうが正確であり、揚子江の上流のような浅いところまで行けるように船体の水面下の深さは1.2メートルであった。全長は揚子江上流の三峡の険を減水期でも通れるように設計された[2]。兵装は薄弱だったが、攻撃となると火力のほとんどが一か所から一地点に向けられるので、集中火力のすごさは陸軍の一個大隊以上とも評される[3]

下駄を裏返して浮かべたような格好の艦で「ゲタぶね」という俗称がある[4]

歴史[編集]

1922年11月、播磨造船所においてに完成。それを解体し上海に輸送、東華造船会社で組立てを行い、1923年10月20日に竣工、二等砲艦に類別された。

1931年6月1日、砲艦に類別変更。翌年の第一次上海事変において、上海や長江方面の警備に従事した。1937年7月から開始した支那事変において、上海陸上作戦の支援、長江遡行作戦に加わった。

1941年12月、太平洋戦争が勃発。堅田は揚子江部隊に加わって活動したり、漢口から上海までを往来して警備任務についていた。1942年5月から9月の間、浙贛作戦に参加。堅田は他の砲艦2隻、特設砲艇4隻と組んで洞庭湖部隊として、陸軍部隊の作戦に呼応して湖内に進入し、敵拠点に砲撃を加えた[5]

1944年10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。1945年4月2日九江で米空軍機の攻撃を受け大破着底し、その後引揚げられ、終戦時には上海で曳航された状態であった。1947年5月3日に除籍された。

艦長[編集]

艤装員長
  • 土居政道 少佐:1923年1月20日[6] - 1923年10月20日[7]
艦長
  • 土居政道 少佐:1923年10月20日[7] - 1924年2月5日[8]
  • 須賀彦次郎 少佐:1924年2月5日 - 1924年6月21日[9]
  • 後藤英次 少佐:1924年6月21日 - 1924年7月15日[10]
  • 樋口通達 少佐:1924年7月15日[11] - 1925年12月1日[12]
  • 加藤正 少佐:1925年12月1日[12] - 1927年6月1日[13]
  • 浜屋七平 少佐:1927年6月1日[13] - 1928年5月10日[14]
  • 須賀彦次郎 少佐:1928年5月10日 - 1930年1月15日[15]
  • 伊藤賢三 少佐:1930年1月15日 - 1932年1月28日[16]
  • 木村昌福 少佐:1932年1月28日 - 1932年9月20日[17]
  • 松良考行 中佐:1932年9月20日 - 1933年11月15日[18]
  • 古賀善吾 中佐:1933年11月15日[19] - 1934年11月15日[20]
  • 鎌田正一 中佐:1934年11月15日[20] - 1936年12月1日[21]
  • 川瀬薫 少佐:1936年12月1日[21] - 1937年11月15日[22]
  • 藤谷安宅 中佐:1937年11月15日[22] - 1938年12月1日[23]
  • 斎藤泰蔵 中佐:1938年12月1日 - 1940年4月15日[24]
  • 多田野佐七郎 中佐:1940年4月15日[25] - 1940年10月1日[26]
  • 山本政治 少佐:1940年10月1日[26] - 1941年9月10日[27]
  • 松崎辰治 少佐:1941年9月10日[27] -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海軍大臣達 『2月』第11画像 (大正10年2月17日付 海軍大臣達第26号)、『世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』p.98
  2. ^ 吉田俊雄『指揮官たちの太平洋戦争』光人社NF文庫125頁
  3. ^ 吉田俊雄『指揮官たちの太平洋戦争』光人社NF文庫126頁
  4. ^ 吉田俊雄『指揮官たちの太平洋戦争』光人社NF文庫125頁
  5. ^ 吉田俊雄『指揮官たちの太平洋戦争』光人社NF文庫125頁
  6. ^ 『官報』第3140号、大正12年1月22日。
  7. ^ a b 『官報』第3351号、大正12年10月23日。
  8. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  9. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  10. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  11. ^ 『官報』第3570号、大正13年7月17日。
  12. ^ a b 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  13. ^ a b 『官報』第126号、昭和2年6月2日。
  14. ^ 『官報』第409号、昭和3年5月11日。
  15. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  16. ^ 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。
  17. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  18. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  19. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  20. ^ a b 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  21. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  22. ^ a b 海軍辞令公報 号外 第91号 昭和12年11月15日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  23. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 昭和13年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  24. ^ 『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』
  25. ^ 海軍辞令公報(部内限)第466号 昭和15年4月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077900 
  26. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第537号 昭和15年10月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  27. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第708号 昭和16年9月10日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082000 

参考資料[編集]

関連項目[編集]