呉市海事歴史科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 呉市海事歴史科学館
Yamato Museum
Kure Maritime Museum01.JPG
呉市海事歴史科学館の位置(広島県内)
呉市海事歴史科学館
呉市海事歴史科学館の位置
施設情報
正式名称 呉市海事歴史科学館
愛称 大和ミュージアム
専門分野 海事歴史
事業主体 呉市
延床面積 9,628 m2
開館 2005年平成17年)4月23日
所在地 737-0029
広島県呉市宝町5-20
位置 北緯34度14分28.09秒 東経132度33分20.9秒 / 北緯34.2411361度 東経132.555806度 / 34.2411361; 132.555806
プロジェクト:GLAM
1周年時

呉市海事歴史科学館(くれし かいじれきしかがくかん)は、広島県呉市にある科学館である。愛称大和ミュージアム(やまとミュージアム)で、正式名称よりも愛称が広く定着している。

概要[編集]

明治時代以降の造船の街あるいは軍港鎮守府としての呉の歴史や、基幹となった製鋼や造船などの科学技術を展示することを目的に、日露戦争・日本海海戦から100年目、太平洋戦争終戦から60年目にあたる2005年平成17年)4月23日に開館した。開館から668日目の2007年(平成19年)5月20日に来館300万人目を、1443日目の2009年(平成21年)7月4日に来館500万人目を迎えた。呉市は被爆地・広島に近接し、海上自衛隊と在日アメリカ陸軍の施設が現役で稼働している安全保障問題の現場としての土地柄、修学旅行生の平和学習の場としても活用されている。

構想あるいは建設に関しては、「戦争責任」について様々な意見を向ける旨もあったが、開館以来盛況を続けており、呉市の歴史的観光資源を再発見するきっかけとして同市を全国的観光地に一躍押し上げた立役者である。

館の方針としては、当館を「平和学習の場」として開放するため、実物の兵器や当時の映像フィルムなどの歴史的資料を淡々と提示するかたちで、意見や注釈は付けず、政治的にニュートラルな立場をとるよう努めている。「歴史認識についての判断は来館者個々に任せる」という方針を採用している。

2008年(平成20年)4月1日から、それまで呉市直営の施設管理や広報などの業務について指定管理者制度を導入した。学芸部門は同市直営として残し、管理運営や広報などは凸版印刷を代表とする「大和ミュージアム運営グループ」が担当する。

なお、この大和ミュージアムに隣接する場所には、2007年(平成19年)4月5日より海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)が開設されている。海上自衛隊呉史料館のメインの展示物は、退役した海上自衛隊の展示用潜水艦あきしおの実物などである。

展示内容[編集]

入口を入ってすぐの『大和ひろば』には、実物の10分の1サイズの戦艦大和の模型が展示されている。この模型は、戦艦大和の海底調査や発見された資料により判明した最新の情報に基づいて制作されており、新たに判明した史実や資料があれば随時それに合わせて改装されている(この変更点には、偵察機の追加搭載などがある)。また映画男たちの大和/YAMATO』の撮影の際、尾道市向島町にあった戦艦大和実寸大オープンロケセットの不足部分を補うため、CGの合成用素材として使用された。なお映画撮影後に解体されたロケセットの一部は呉市へ寄贈され、2006年(平成18年)6月29日、大和ミュージアムの資料修復保存施設(旧海事博物館推進室敷地内)に搬入され、同館の第2駐車場ビル2階に展示されている。ロケセットは「まちづくり」への利用を目的とする理由であれば、無償で貸出しをされる(ただし輸送・管理費は申請者負担)。

大和の模型の他、戦艦陸奥や重巡洋艦青葉に実際に搭載されていた主砲身、戦艦金剛の英ヴィッカース社から輸入した当時のボイラーや、戦艦陸奥の錨、航空戦艦日向のマストに掲揚されていた軍艦旗零式艦上戦闘機六二型、“人間魚雷回天10型(試作型)、特殊潜航艇海龍」を展示の主体として、海軍兵器の実物が数多く展示されている。その他、実物の潜水調査船である「しんかい」の屋外展示など、戦後の海事史についての展示物も充実している。

1階「展示室 呉の歴史」では、日本の幕末から太平洋戦争終結までの戦史呉海軍工廠の歴史、戦艦大和について、当時の記録映像の上映、海軍兵器の実物、戦没者の遺品などの歴史的資料の展示を通じて解説。呉軍港空襲広島市への原子爆弾投下に関しても、呉の人々の視点から見えた当時の様子などが詳細に展示されている。随時、ガイドや学芸員による解説を受けながら展示物を閲覧する機会も設けられている。

3階「船をつくる技術」では、船を中心とした科学技術の原理を紹介しており、操船シミュレータなど、実際に体験ができるようになっている。また「未来へ」では、名誉館長の一人である松本零士の監督作品『宇宙戦艦ヤマト』関連の展示品やミニシアターなどがある。

4階には、図書館として「ライブラリー」が設けられており、収蔵資料のデータおよび安全保障問題に関する書籍やビデオ教材などを閲覧することができる。

館長[編集]

歴代館長[編集]

名誉館長[編集]

利用情報[編集]

  • 開館時間 : 9:00 - 18:00(2006年6月30日までと10月1日以降) 9:00 - 19:00(2006年7月1日から9月30日まで。夏休み期間中の7月21日から8月31日までは無休)
  • 休館日 : 火曜日(ただし祝日の場合は翌日)
  • 観覧料 : 一般 500円、高校生 300円、小・中学生 200円。2012年7月19日からはICOCA電子マネーでの観覧料の支払いが可能となっている。
  • 企画展・特別展の観覧料は別料金。企画展の場合には常設展示とのセット券がお得

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]