ラトルン戦車博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ラトルン戦車博物館
Latrun-Police-Building.jpg
Yad La-Shiryon Latrun
施設情報
専門分野 軍事(戦闘車両の展示など)
開館 1982年
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
Latrun, West Bank, Israel
位置 北緯31度50分17秒 東経34度58分50秒 / 北緯31.838056度 東経34.980417度 / 31.838056; 34.980417
外部リンク www.yadlashiryon.com
プロジェクト:GLAM

ラトルン戦車博物館(らとるんせんしゃはくぶつかん)は、イスラエルのラトルンにある軍事博物館ラトゥルンと表記される事もある。正式の英語表記では The Armored Corps Memorial Site and Museum at Latrun であるが、Yad La-Shiryon Latrun という表記もよく用いられている。

概要[編集]

大都市テルアビブから南東に行ったラトルンに位置し、近くにはミニ・イスラエルが位置する。

第一次中東戦争の激戦地であり、その際に要塞化された旧警察署を戦争画展示所・休憩所として使用しており、屋外に車両を展示している。また、現在もイスラエルの軍事基地としての役割を果たしている。

イスラエルは第一次中東戦争以来散発的にアラブ諸国と戦争を起こしているが、イスラエルは主に西側諸国の支援を受け、アラブ諸国はソビエト連邦の支援を受けていた。イスラエル軍の車両の他、鹵獲車両も含め、それらの各国の多種多様な車両が展示されている。

展示車両の一例[編集]

櫓の上に展示されるM4シャーマン

ラトルン戦車博物館に展示されているのは主に、イスラエル国防軍が1948年の第一次中東戦争以来、使用してきた軍用車両装甲戦闘車両、および、かつて交戦したエジプト軍シリア軍PLO等から鹵獲した軍用車両や装甲戦闘車両である。これ以外に、イスラエル軍では実戦で使用されていないとみられる車両も、いくつか展示されている。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]