イスラエル国防軍歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg イスラエル国防軍歴史博物館
Bet Ha'Aossef Museum.jpg
Batey ha-Osef 入口部分
施設情報
専門分野 軍事(戦闘車両の展示など)
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
Tel Aviv-Yafo, Israel
位置 北緯32度03分36秒 東経34度45分44秒 / 北緯32.060008度 東経34.762359度 / 32.060008; 34.762359
プロジェクト:GLAM

イスラエル国防軍歴史博物館は、イスラエルテルアビブの南、ヤッファ地区にある軍事博物館。英語表記ではIsrael Defense Forces History Museumである。現地イスラエルでは、"בתי האוסף" という名称で知られ、これをアルファベット表記した、Batey ha-OsefBet Ha'Aossefなどの表記も見られる。Batey ha-Osef は"コレクション・ハウス"というような意味になる。

概要[編集]

この博物館では、名前の通り、イギリス委任統治領パレスチナ時代の活動から現代に至るまでのイスラエル国防軍の歴史について扱っており、展示物も、第一次中東戦争に製造され使用されたサンドイッチ装甲車76.2mmダヴィドカ迫撃砲や即製のロケット砲火炎放射器ハガナーの地下製造所で生産されたドロール軽機関銃、その古めかしさから"ナポレオニック"と呼ばれたM1906 65mm山砲などから、その後の中東戦争で使用された数々の戦車装甲戦闘車両レバノン内戦で使用されたと見られるテクニカルの類まで多岐にわたる。また、野砲榴弾砲なども多い。珍しいものでは野外用の炊事車両(フィールドキッチン)なども展示されている。

展示車両の一例[編集]

多数の装甲戦闘車両、軍用車両大砲などが展示されている。

展示車両の詳細は右記 ウィキメディア・コモンズ のリンク先も御参照下さい。

出典[編集]

関連項目[編集]