ネバティム空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネバティム空軍基地
Kanaf28 nevatim old.jpg
IATA: VTM - ICAO: LLNV
概要
国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
所在地 ベエルシェバ
種類 空軍基地
運営者 イスラエル航空宇宙軍
標高 400 m (1312 ft)
座標 北緯31度12分30.05秒 東経35度00分44.28秒 / 北緯31.2083472度 東経35.0123000度 / 31.2083472; 35.0123000座標: 北緯31度12分30.05秒 東経35度00分44.28秒 / 北緯31.2083472度 東経35.0123000度 / 31.2083472; 35.0123000
滑走路
方向 長さ (m) 表面
08L/26R 2600 アスファルト
08R/26L 3350 アスファルト
07/25 3900 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ネバティム空軍基地Nevatim Airbase) は、イスラエル航空宇宙軍空軍基地であり、テルノフ空軍基地ラマト・ダヴィド空軍基地と並んで、イスラエル空軍の主要な三大基地の一つとされる。イスラエル空軍 第28航空団 (28th Wing, Canaf 28) の飛行隊が所属する[1]。イスラエルの南部地区ネゲヴ砂漠の北部、ベエルシェバ近郊、東側に位置する。IATAはVTM、ICAOはLLNVである。

概要[編集]

ネバティム空軍基地は、イスラエル国防軍の前身となったユダヤ人の武装組織であるハガナーの簡易飛行場として、"マルハタ"の名前で1947年に建設された。1983年になって、キャンプ・デービッド合意に基づくイスラエル軍のシナイ半島からの撤退に伴い、2本の滑走路を持つ近代的な空軍基地として再整備された。2000年代になって、ベン・グリオン国際空港を拠点とする空軍部隊をネバティム空軍基地に移動させる計画に伴い、滑走路が増設された。3000mを超える長い滑走路を有しており、大型機を装備する飛行隊が在籍している。

2016年12月12日には、F-35I "Adir"の最初の2機 "901号機" "902号機"がネバティム空軍基地に到着し[2]、16時間後には早くも初ソーティが行われた。今後、イスラエル空軍はネバティム空軍基地でF-16Aを運用していた第140飛行隊第116飛行隊の2個飛行隊を再編しF-35を配備予定で[3]、2017年12月の作戦能力獲得を目指している[4]

飛行隊[編集]

フライング・ウィング・スコードロン(The Flying Wing Squadron)としても知られる。2015年に活動停止。今後、イスラエル空軍でF-35"Adir"ステルス戦闘機を運用する2番目の飛行隊として再編される予定である[3]
DC-3C-47 を装備していた時代には、ダコタ・スコードロン(The Dakota Squadron)と呼ばれていた。
2013年に解散し第116飛行隊に合流。今後、イスラエル空軍でF-35"Adir"ステルス戦闘機を運用する最初の飛行隊として再編される予定である[3]

出典[編集]

  1. ^ aeroflight.co.uk Israel Air Force Air Bases
  2. ^ “イスラエル空軍、F-35Iアディール2機がネバティム空軍基地に到着”. FlyTeam. (2016年12月13日). http://flyteam.jp/news/article/72902 2016年12月18日閲覧。 
  3. ^ a b c AirForces Monthly. Stamford, Lincolnshire, England: Key Publishing Ltd. (March 2016). pp. 23. 
  4. ^ “イスラエル空軍、F-35Iアディールの到着16時間後に初ソーティ”. FlyTeam. (2016年12月16日). http://flyteam.jp/news/article/73088 2016年12月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]