キャンプ・デービッド合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(左から)ベギン、カーター、サーダート

キャンプ・デービッド合意(キャンプ・デービッドごうい、アラビア語: اتفاقية كامب ديفيد‎、英語: Camp David Accordsヘブライ語: הסכמי קמפ דייוויד‎)は、1978年に行われた外交合意である。

概要[編集]

(左から)サーダート、カーター、ベギン

エジプト大統領アンワル・アッ=サーダートは1977年11月にイスラエルへ訪問するなどヨム・キプール戦争以来の緊張関係の解消を目指していたが、イスラエルの非妥協的態度のため進展は望み薄となった。そこでアメリカ合衆国大統領ジミー・カーターは、1978年9月5日から9月17日にかけて、サダートとイスラエル首相のメナヘム・ベギンメリーランド州にある大統領山荘(キャンプ・デービッド)に招待して三者会談を行い、両者の調停に努めた[1][2]

その結果、中東和平に向けて「中東和平のための枠組み」と「エジプト・イスラエル平和条約締結のための枠組み」の2つから成るキャンプデービット協定が署名されるなど、一定の成果があったものの、アラブ諸国は猛反対した[2]

この合意に基づき、翌1979年3月にエジプトとイスラエルの間で平和条約が締結されシナイ半島はエジプトに返還された。しかしパレスチナの自治については協議が決裂したうえ、サーダートはイスラム主義組織「ジハード団」によって暗殺された[2]

合意内容[編集]

記者会見を行う3者(1978年9月17日)
  1. 平和条約の締結協議の開始
  2. シナイ半島からのイスラエル軍の撤退、エジプトへの返還
  3. パレスチナ人の統治について協議を開始

脚注[編集]

  1. ^ キャンプ・デービッド合意とは”. コトバンク. 2021年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c キャンプデービッド合意とは”. コトバンク. 2021年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]