参謀総長 (イスラエル国防軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
参謀総長(ラマトカル)
(ראש המטה הכללי(רמטכ"ל
Rosh Hamateh haklali(Ramatkal)
Flag of IDF Chief of Staff.svg
参謀総長軍旗
100px
現職者
ガディ・エイゼンコット英語版中将(第21代)

就任日 2015年2月16日
官邸 ハキリヤ英語版(参謀本部所在地)
任命者 政府
初代 ヤーコブ・ドリ英語版
創設 1947年
副官 参謀次長

参謀総長ロシュ・ハマタ・ハクラリヘブライ語: ראש המטה הכללי‎、英語: Rosh Hamateh haklali)、略称「ラマトカル」(ヘブライ語: רמטכ"ל‎、英語: Ramatkal)とは、イスラエル国防軍(以下イスラエル軍)における軍最高司令官の役職名である。

現役の軍人のなかで、参謀総長だけがイスラエル軍における最高位の階級「ラヴ・アルーフ」(中将に相当)となることができる。[1]

概要[編集]

参謀総長の地位は基本法英語版における「軍」の項で次のように規定されている。

第3条

(a) 軍における最高司令官は参謀総長である。
(b) 参謀総長は政府の権限下にあり、国防大臣に従属する。
(c) 参謀総長は国防大臣の推薦によって政府が任命する。

— イスラエル基本法「基本法:軍」より、イスラエル独立宣言- 日本国際問題研究所P40。

参謀総長はおよそ3年に一度の割合で交代となるが、政府により4年ないし5年に延長されることが多い。

歴代参謀総長一覧[編集]

名前 在任期間
初代 ヤーコブ・ドリ英語版中将 1947年 – 1949年
第2代 イガエル・ヤディン中将 1949年 – 1952年
第3代 モルデハイ(モッケ)・マクレフ英語版中将 1952年 – 1953年
第4代 モシェ・ダヤン中将 1953年 –1958年
第5代 ハイム・ラシュコフ英語版中将 1958年 – 1961年
第6代 ツビ・ツール英語版中将 1961年 – 1964年
第7代 イツハク・ラビン中将 1964年 – 1968年
第8代 ハイム(キドニ)・バーレブ英語版中将 1968年 – 1972年
第9代 ダビッド(ダド)・エラザール中将 1972年 – 1974年
第10代 モルデハイ(モッタ)・グル英語版中将 1974年 – 1978年
第11代 ラファエル(ラフール)・エイタン中将 1978年 – 1983年
第12代 モシェ・レビ英語版中将 1983年 – 1987年
第13代 ダン・ショムロン中将 1987年 – 1991年
第14代 エフード・バラク中将 1991年 – 1995年
第15代 アムノン・リプキン=シャハク英語版中将 1995年 – 1998年
第16代 シャウル・モファズ中将 1998年 – 2002年
第17代 モシェ・ヤアロン中将 2002年 – 2005年
第18代 ダン(ダニー)・ハルーツ中将 2005年 – 2007年
第19代 ガビ・アシュケナジ中将 2007年 – 2011年
第20代 ベンヤミン(ベニー)・ガンツ英語版中将 2011年 – 2015年
第21代 ガディ・エイゼンコット英語版中将 2015年 – 現職

脚注[編集]

  1. ^ 唯一の例外が第四次中東戦争時で、この際の参謀総長はダビッド・エラザール中将であったが、開戦時商工相であった前参謀総長ハイム・バーレブ中将が現役に復帰、南部方面軍司令官に着任した。

参考文献[編集]

  • 高井三郎 『第四次中東戦争 シナイ正面の戦い』 原書房、1982年ISBN 4-562-01138-6

関連項目[編集]

  • イスラエル国防軍の階級
  • アリエル・シャロン - "勇猛な指揮官"として兵士や国民から支持されていたが、独断専行が目立った事などから軍上層部、政界からは疎まれており、熱望していた参謀総長への就任は叶わなかった。