ハツォール空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハツォール空軍基地
בָּסִיס חֵיל-הַאֲוִויר חָצוֹר
Hazor.jpg
IATA: ? - ICAO: LLHS
概要
所在地 アシュドッド
種類 空軍基地
運営者 イスラエル航空宇宙軍
標高 45 m (148 ft)
座標 北緯31度45分45.00秒 東経34度43分38.00秒 / 北緯31.7625000度 東経34.7272222度 / 31.7625000; 34.7272222座標: 北緯31度45分45.00秒 東経34度43分38.00秒 / 北緯31.7625000度 東経34.7272222度 / 31.7625000; 34.7272222
滑走路
方向 長さ (m) 表面
05/23 2409 アスファルト
11R/29L 2451 アスファルト
11L/29R 2440 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ハツォール空軍基地Hatzor Airbase) は、イスラエル航空宇宙軍空軍基地である。イスラエル空軍 第4航空団 (4th Wing, Canaf 4) の飛行隊が所属する[1]。イスラエルの中央地区アシュドッド市の東側に位置する。ICAOはLLHSである。

概要[編集]

ハツォール空軍基地は、1942年にイギリス委任統治領パレスチナに駐留するイギリス空軍の空軍基地 "カスティナ空軍基地" として設置された。1946年には、ユダヤ人の武装組織であるイルグンがカスティナ基地を襲撃し、駐機されていた複数のハンドレページ ハリファックスが破壊された。1948年にイギリス軍が撤収すると、基地はハガナーに占領され、その後イスラエル空軍の"ハツォール空軍基地"として使用されるようになった。

1966年8月16日、イラク軍MIG-21戦闘機がハツォール空軍基地に着陸した。これは、イスラエルの諜報機関であるモサドによる特殊作戦、"オペレーション・ダイアモンド"によるもので、これは当時アラブ諸国軍の新鋭戦闘機であったMIG-21の奪取を目的とした作戦であった。この作戦でイスラエルが入手したMIG-21にはイスラエル空軍のマーキングが施され、第601飛行隊(フライトテストセンター)で運用試験が行われた後、現在もハツェリム空軍基地イスラエル空軍博物館に展示されている。

現在のハツォール空軍基地には、F-16C/D Block40 Barak/Brakeet戦闘機を装備する2つの飛行隊が配備されている[2]。このうち、羽の生えたドクロのマーキングで知られる第101飛行隊(ファースト・ファイター・スコードロン)は、イスラエル空軍で最も古く、そして有名な飛行隊と言われる。

飛行隊[編集]

第144飛行隊は2005年に解散し、装備機材はオブダ空軍基地第115飛行隊に移管された。

出典[編集]

  1. ^ aeroflight.co.uk Israel Air Force Air Bases
  2. ^ IsraDecal, IAF-42, 1/48, Israel Air Force F-16C/D Barak, 付属ブックレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]