イツハク・ラビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イツハク・ラビン
יצחק רביןノーベル賞受賞者
Flickr - Israel Defense Forces - Life of Lt. Gen. Yitzhak Rabin, 7th IDF Chief of Staff in photos (11).jpg
生年月日 (1922-03-01) 1922年3月1日
出生地 Palestine-Mandate-Ensign-1927-1948.svg イギリス委任統治領パレスチナエルサレム
没年月日 (1995-11-04) 1995年11月4日(73歳没)
死没地 イスラエルの旗 イスラエルテルアビブ
所属政党 労働党
配偶者 レア・ラビン
サイン Yitzhak Rabin signature.svg

内閣 第2次ラビン内閣
在任期間 1992年7月13日 - 1995年11月4日
大統領 ハイム・ヘルツォーグ
エゼル・ワイツマン

イスラエルの旗 イスラエル国
第6代首相
内閣 ラビン内閣
在任期間 1974年6月3日 - 1977年4月22日
大統領 エフライム・カツィール

イスラエルの旗 イスラエル国
第15代国防相
内閣 第2次ラビン内閣
在任期間 1992年7月13日 - 1995年11月4日
首相 イツハク・ラビン

イスラエルの旗 イスラエル国
第12代国防相
内閣 第1次ペレス内閣
シャミル内閣
在任期間 1984年9月13日 - 1990年3月15日
首相 シモン・ペレス
イツハク・シャミル
テンプレートを表示
所属組織 ハガナー
Flag of the Israel Defense Forces.svg イスラエル国防軍
Flag of the Israeli Army (Land Arm).svg イスラエル陸軍
軍歴 1941年 – 1967年
最終階級 IDF rav aluf.svg ラヴ・アルーフ
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1994年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:中東へ平和を築く努力に対して[1]

イツハク・ラビンヘブライ語: יצחק רבין,Yitzhak Rabin He-Yitzhak_Rabin.ogg 発音[ヘルプ/ファイル], 1922年3月1日 - 1995年11月4日)は、イスラエル政治家軍人

参謀総長(第7代)。首相(第6・11代)、イスラエル労働党党首(第3・5代)を歴任。

人物・来歴[編集]

生い立ち[編集]

1922年3月1日イギリス委任統治領パレスチナエルサレムに生まれた。1歳の時、彼の一家はテルアビブに引っ越し、そこで育った。父親はロシアから移民してきた電気工であり、また英国からの独立を目指すグループ「ハガナー」のメンバーだった。彼はそんな右派軍事グループに属する父親の血を受け継いでいた。

1937年、2年制のカドリー農業高校に入学した。彼は多くの農業関連の科目で優れていたが、敵の言語である英語を勉強することを嫌った。彼は治水技術者を目指していたが、パレスチナ独立戦争が悪化すると軍事への関心を高めていった。そして、第二次世界大戦が始まると学校は閉鎖され、彼は独立に向けた動きを始めたハガナーの突撃隊に入隊し、軍人の道を歩み始めた。

軍歴[編集]

軍人時代のラビン(1948年)

陸軍士官学校卒業。1941年には、ユダヤ人民兵組織ハガナーの一部門パルマッハに参加する。第一次中東戦争においては、エルサレム防衛の指揮を取り、エジプト軍と交戦した。1962年には、イスラエル国防軍参謀総長となり、その指揮により第三次中東戦争(6日戦争)においては、エジプトヨルダンシリアに勝利した。

政界[編集]

和平合意に調印後握手をするラビンとアラファト(中央はビル・クリントン

イスラエル国防軍退役後は外交官となり、1968年から駐アメリカ特命全権大使を務めている。1973年にはイスラエル労働党より出馬し当選、イスラエル国会議員・労働大臣となる。

1974年に労働党党首となりゴルダ・メイアの跡を継いでイスラエルの首相となった。1976年に起こったエンテベ空港奇襲作戦は、ラビンの最初の任期で最も劇的な出来事であった。彼の命令で、IDFは、パレスチナ解放人民戦線ワディ・ハダド派ドイツ革命細胞(RZ)に所属する過激派に乗っ取られた旅客機の乗客を救助するために、長距離の覆面襲撃を行った。この作戦は一般的に大成功と見なされ、その壮大な性格により、多くの継続的なコメントと研究の対象となった。 1977年に首相を辞任。

ラビンは1984年から1990年まで国防相を務め、その間に体験したパレスチナ人の抵抗(第1次インティファーダ)に衝撃を受ける。

1992年に再度、首相に就任する。1993年7月25日ヒズボラがイスラエル北部にロケット弾を発射した後、ラビンはレバノンでの1週間にわたる軍事作戦を承認した。1993年にオスロ合意に調印し1994年にはヨルダンとの平和条約に調印した。ラビンのこの功績によりヤーセル・アラファトシモン・ペレスと共にノーベル平和賞を受賞した。

オスロ合意の発表後、イスラエル国内では合意に反対する多くの抗議デモが行われた。これらの抗議が長引くにつれて、ラビンは、彼がクネセトに過半数を持っている限り、彼は抗議と抗議者を無視するだろうと主張した。

暗殺[編集]

ラビンの暗殺現場(イブン・ガビーロールストリート)
ラビンの墓

1995年11月4日テルアビブで催された平和集会に出席した際、和平反対派のユダヤ人青年イガール・アミルから至近距離より銃撃され、死亡した。73歳没。 ラビンの暗殺は、イスラエル国民と世界の他の多くの人々に大きな衝撃を与えた。何十万人ものイスラエル国民が、ラビンが彼の死を悼むために暗殺された広場に押し寄せた。特に若者は、記念のろうそくに火を灯し、平和の歌を歌いながら、たくさんの人が集まった。

11月6日に行われたラビンの葬儀には、アメリカのビル・クリントン大統領、オーストラリアのポール・キーティング首相、エジプトのホスニー・ムバーラク大統領、ヨルダンのフセイン国王など、世界の約80人の指導者が出席した。遺体はヘルツルの丘に埋葬された。 この暗殺により ユダヤ人民族間の和平への道は断絶され、その後 イスラエル内の言論は右傾化の流れを強めることとなった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ "The Nobel Peace Prize 1994" NobelPrize.org

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ゴルダ・メイア
メナヘム・ベギン
イスラエルの旗 イスラエル国首相
第6代:1974 - 1977
第11代:1992 - 1995
次代:
イツハク・シャミール
シモン・ペレス
党職
先代:
ゴルダ・メイア
シモン・ペレス
労働党党首
第3代:1974 - 1977
第5代:1992 - 1995
次代:
シモン・ペレス
シモン・ペレス
先代:
ゴルダ・メイア
「同盟」代表
第4代:1974 - 1977
次代:
シモン・ペレス
受賞
先代:
コリン・パウエル
ロナルド・レーガン自由賞
1994
次代:
フセイン1世
先代:
ツビ・ツール
イスラエル国防軍参謀総長
1964年 - 1968年
次代:
ハイム・バーレブ