中央軍 (イスラエル国防軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中央軍(Central Command、פיקוד מרכז、Pikud Merkaz、パクマツ)は、イスラエル国防軍方面軍の一つで、ヨルダン川西岸地区エルサレム地区シャロン平野グッシュ・ダンテルアビブ等、イスラエル中部の防衛を担当する方面軍である。

歴史[編集]

1948年~49年のイスラエル独立戦争(第一次中東戦争)では、ヨルダン川西岸地区、エルサレム周辺などでヨルダン軍と交戦した。

1967年の第三次中東戦争ではヨルダン川西岸地区の占領を行った。その後の中央軍の任務はインティファーダのような暴動や、テロリズムへの対応が主となっている。

編成[編集]

中央軍の編成図


脚注・出典[編集]

関連項目[編集]