ハツェリム空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハツェリム空軍基地
בָּסִיס חֵיל-הַאֲוִויר חֲצֵרִים
Baha 6 hazerim tahzuka.jpg
IATA: ? - ICAO: LLHB
概要
国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
所在地 ベエルシェバ
種類 空軍基地
運営者 イスラエル空軍
標高 220 m (722 ft)
座標 北緯31度14分00.09秒 東経34度39分45.21秒 / 北緯31.2333583度 東経34.6625583度 / 31.2333583; 34.6625583座標: 北緯31度14分00.09秒 東経34度39分45.21秒 / 北緯31.2333583度 東経34.6625583度 / 31.2333583; 34.6625583
滑走路
方向 長さ (m) 表面
10/28 2750 アスファルト
11/29 2440 アスファルト
15/33 1830 アスファルト
09/27 1830 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ハツェリム空軍基地Hatzerim Airbase) は、イスラエル航空宇宙軍空軍基地である。イスラエル空軍 第6航空団 (6th Wing, Canaf 6) の飛行隊が所属する[1]。イスラエル南部地区ネゲヴ砂漠の北部、ベエルシェバ近郊(西側)、キブツ・ハツェリムの近くに位置し、イスラエル空軍博物館、空軍航空学校が併設されている。ICAOはLLHBである。

概要[編集]

ハツェリム空軍基地は、1960年代前半に建設され、1966年10月から稼動を開始した。建設された場所は、以前にはパレスチナ駐留イギリス軍の軍用飛行場が設置されていた場所であった。ハツェリム空軍基地には4つの滑走路があり、長さは1830mから2750mとなっている。イスラエル空軍の作戦部隊は北側の2本の滑走路を使用し、イスラエル空軍航空学校で南側の2本を使用する。イスラエル空軍航空学校は1950年にペタク・チクヴァの近くで開校し、その後テルノフ空軍基地に移ったが、1966年のハツェリム空軍基地の稼動に伴い、ハツェリムに移動し、現在もこの場所で活動している。

1977年からはハツェリム基地に隣接する敷地にイスラエル空軍博物館が設置され、多数の航空機が航空学校の生徒向けに展示された。1991年から、イスラエル空軍博物館は一般公開されるようになった。また、ハツェリム空軍基地には、T-6A テキサンII4機[2]からなるイスラエル空軍の曲技飛行隊"IAF エアロバティックチーム"も所属している。

1998年には、イスラエル空軍に導入された新型機であるF-15I ラームが、ハツェリム空軍基地所属の第69飛行隊に配備された。

飛行隊[編集]

出典[編集]

  1. ^ aeroflight.co.uk Israel Air Force Air Bases
  2. ^ 2009年~2010年に航空学校の練習機、エアロバティックチームの使用機がIAI ツヅキットからT-6A テキサンIIに更新された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]