軍用飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軍用飛行場(ぐんようひこうじょう、英語: airbasemilitary airfieldmilitary airportair force stationair force base など)は、軍用機の運用のために軍隊が使用する飛行場

施設[編集]

典型的な軍用飛行場は、例えば航空交通管制のための管制塔空港消防英語版施設など、民間機空港と変わらない施設も備えている。一部の軍用飛行場には、旅客用の施設もあり、例えばイングランドにあるブライズ・ノートン空軍基地には、イギリス空軍が運行しているロッキード トライスター (RAF) によるフォークランド諸島行きの便に乗る旅客のためのターミナルがある。また、多くの軍用飛行場では、民間の旅客機が利用する民間区域英語版が設けられており、例えば、中国北京南苑空港日本茨城空港アメリカ合衆国バーリントン国際空港などが、こうした形の軍民共用空港となっている。

一部の軍用飛行場には、敵の攻撃から航空機を護るために、掩体壕英語版強化航空機用シェルター英語版、さらには、地下格納庫英語版などが設けられている。軍用機は、航空機用の武器弾薬等英語版の保管施設が必要になる。軍用飛行場には、防空のための対空兵器部隊防護のための部隊が配置されることもある。

道路を転用する軍用飛行場[編集]

道路を転用する軍用飛行場は、戦時に補助的な軍用飛行場として転用できるように建設した高速道路である。こうした戦略を活用している例としては、スウェーデン空軍フィンランド空軍パキスタン空軍ドイツ空軍シンガポール空軍スイス空軍大韓民国空軍トルコ空軍ポーランド空軍などがある。フィンランドの場合、航空機の着陸に必要な走路の距離を圧縮するために一部の航空母艦で用いられるものに似たアレスティング・ワイヤーが装備されている[1]

航空母艦[編集]

航空母艦軍艦の一種であり、海上の軍用飛行場として機能するが、その発達は現代における空軍力の拡大に大きく貢献してきた。紛争地域により近い場所まで軍用機を展開させることを可能とする航空母艦は、今や軍事力の要である。第二次世界大戦中のアメリカ合衆国にとっても、1982年フォークランド紛争の際のイギリスにとっても、航空母艦は決定的に重要であった。航空母艦は現代的な役割とともに、「国家が自在に動かすことができる、数エーカーの主権の及ぶ場所」として、軍事面のみならず、外交政策上も大きなフレキシビリティを生む。また、航空母艦は、災害救援にも使用される。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]