ブライズ・ノートン空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライズ・ノートン空軍基地
Motto: Transire Confidenter
RAF Brize Norton
IATA: BZZICAO: EGVN
概要
空港種別 軍用
運営者 イギリス空軍
所在地 ブライズ・ノートン
建設 1935年
使用期間 1937年 - 現在
指揮官 Group Captain J Ager MA RAF
所在部隊
標高 288 ft / 88 m
座標 北緯51度45分00秒 西経001度35分01秒 / 北緯51.75000度 西経1.58361度 / 51.75000; -1.58361
ウェブサイト 公式ウェブサイト(イギリス空軍)
滑走路
方向 全長 表面
ft m
08/26 10,007 3,050×56 舗装
出典:World Aero Dataより[1]

ブライズ・ノートン空軍基地( - くうぐんきち)はロンドンから西へ約80kmのブライズ・ノートンとカータートンからなるオックスフォードシャー都市圏から近い位置にあるイギリス軍事基地

イギリス空軍が領有する基地の中で最も大規模な基地であり、正式名称はイギリス空軍基地ブライズ・ノートン(: RAF Brize Norton)である。空中給油機ロッキード トライスターBAC VC-10アメリカ合衆国ボーイング社から購入したC-17 グローブマスター IIIがブライズ・ノートン空軍基地を拠点にして活動している。

歴史[編集]

ブライズ・ノートン空軍基地は訓練基地として1937年に開設された。1950年代にアメリカが核抑止力のためイギリスに戦略爆撃機の配備を計画し、アメリカ空軍戦略航空軍団はブライズ・ノートン空軍基地への進駐を始めた。戦略航空軍団は滑走路の延伸、人員や弾薬の収容施設建設といった基地強化のための投資を行い、それらは1951年までに完了した。翌年にB-36 ピースメーカーが配備され、1953年から1957年までB-47 ストラトジェットが配備された。後に爆撃機はB-52 ストラトフォートレスに更新された。

第216飛行隊のトライスター

1965年、ブライズ・ノートン空軍基地はイギリス空軍の元に戻り、フェアフォード空軍基地から2個飛行隊が駐留した。フォークランド戦争の教訓からイギリス国外の駐留軍に対する戦略的輸送能力が不足していることが判明し、ブリティッシュ・エアウェイズパンアメリカン航空からトライスターを購入して第216飛行隊に装備させ、同隊をブライズ・ノートン空軍基地に配備した。2005年にはアップグレードプロジェクトの一環で、基地を閉鎖してさらなる滑走路の拡張と灯火やオペレーション基準カテゴリーに必要な設備が追加された。アレスター・ギアの追加はリネハム空軍基地に代わるイギリス南部における軍用緊急避難飛行場に必要であった。

駐留部隊[編集]

  • 第99飛行隊 (No. 99 Squadron):空輸部隊 - C-17 グローブマスター III
  • 第101飛行隊 (No. 101 Squadron):空中給油兼空輸部隊 - VC-10 C1(K), K3, K4
  • 第216飛行隊 (No. 216 Squadron):空中給油兼空輸部隊 - トライスター K1, KC1, C2
  • 戦術通信飛行団 (Tactical Communications Wing):電話網や無線連絡を衛星通信で補うため創設された支援部隊。
  • 統合航空輸送評価部隊 (Joint Air Transport Evaluation Unit):空輸方法を試験・評価する部隊。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EGVNの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]