空中給油機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
F-16にフライングブーム方式で給油するKC-135空中給油機
ドローグがついた給油ホース2本を垂らすKC-130空中給油機

空中給油機(くうちゅうきゅうゆき)とは、飛行中の他の航空機に対して給油(空中給油)を行う航空機のこと。「タンカー」とも呼ばれる。

概要[編集]

空中給油には様々な方式があるが、特にフライングブーム方式の場合はブーム操作員が必要であるなどシステムが大掛かりで、専用の機体が必要となる[1][2]。最初期には爆撃機が改造母機とされていたが、後には旅客機貨物機と共通化した設計が用いられるようになった[1]

一方、プローブアンドドローグ方式では給油機側に専任人員が不要なこともあって、戦闘機などでもポッド式の給油装置を装備すれば給油機として転換できる[2]。またシステムが簡便であることもあって無人航空機(UAV)を給油機とすることも可能であり、2021年、アメリカ海軍はMQ-25英語版を使用して戦闘機へ給油を成功させたことを発表した[3]

なお、空中給油専用機であっても、胴体内すべてを燃料タンクにすると最大離陸重量を超えてしまい、離陸できなくなってしまうため、燃料タンクとするのは胴体床下などの一部分に留め、他の部分は輸送スペースとして使用する場合が多い[1]アメリカ海兵隊航空自衛隊などのKC-130の場合、追加燃料タンクを貨物室内に着脱式に搭載するようにすることで、必要に応じてこれを撤去して輸送機として使えるようになっている[4]。一方、民間の旅客機・貨物機をもとにした機体の場合、専用の軍用輸送機と違って装甲車などの輸送には向かず、人員やコンテナパレット化された貨物に限定される一方[5]、特に人員については、軍用輸送機よりも快適な状態で輸送することができる[6]。このような特性もあり、航空自衛隊ではKC-767を「空中給油・輸送機」と呼称している[6]。また航空医療後送に用いられる場合もあり、新型コロナウイルス感染症の流行の際には、イタリアKC-767を、ドイツエアバス A310 MRTT中華人民共和国へ派遣し、自国民を母国へ帰還させる手段として用いた[7]

給油ポッド[編集]

上記の通り、プローブアンドドローグ方式では、戦闘機などでもポッド式の給油装置を装備すれば給油機として転換できる[2]アメリカ海軍空母航空団の場合、ペイロードが大きい艦上攻撃機哨戒機をもとにした給油準専用機を配備しつつも、一般の艦上機にも給油装置を取り付けて運用しており、仲間内で給油を行うことからバディー・システムと称された[8]航空母艦では航空機の搭載スペースにも制約があることもあって、後に給油準専用機の配備は縮小し、バディー・システムが主体となっていった[8]

ダグラス社が開発したD-704給油ポッドは、400ガロン(1,514リットル)増槽を改造したもので、胴体下面か主翼下のハードポイントにそのまま取り付けられるようになっている[8]。D-704は300ガロン(1,135リットル)の燃料と、漏斗状のバスケット(ドローグ)を付した12メートル長のホースを内蔵しており、先端の風力原動機で発電される電力によってホースを伸縮させることができた[8]。一方、同様にポッド式の給油装置ではあっても、KC-130などの給油専用・準専用機が搭載するものでは、ポッド内には燃料タンクを設けていない[4]

機種一覧[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 量産には至らず、実施部隊では、S-3B艦上哨戒機に給油ポッドを搭載して使用した。
  2. ^ アメリカ空軍はボーイング707の空中給油機仕様を採用しておらず、各国がそれぞれ改修しているために規格は統一されておらず、また名称もKC-137とは限らず、イタリア空軍では707T/T、サウジアラビア空軍ではKE-3と称している。
  3. ^ 一度は採用されたものの、後に撤回された。

出典[編集]

  1. ^ a b c Clancy 1997, pp. 243–256.
  2. ^ a b c 稲葉 2021.
  3. ^ 米海軍の無人機、戦闘機に初の空中給油」『CNN』、2021年6月10日。2021年6月12日閲覧。
  4. ^ a b 青木 2019, pp. 54–57.
  5. ^ 井上 2012, pp. 43–50.
  6. ^ a b 矢作 & 武若 2022.
  7. ^ 【コラム】コロナ避難の韓国民帰国便…中国には民航機・日本には軍用機、なぜ?」『中央日報』、2020年2月19日。2020年2月22日閲覧。
  8. ^ a b c d 徳永 2021.

参考文献[編集]

  • 青木謙知「C-130シリーズ各タイプ解説」 『C-130 ハーキュリーズ』イカロス出版〈世界の名機〉、2019年、44-78頁。ISBN 978-4802207812 
  • 稲葉義泰「空中給油の歴史」『航空情報』第71巻第12号、せきれい社、2021年12月、 42-45頁、 NAID 40022729746
  • 井上孝司 『現代ミリタリー・ロジスティクス入門―軍事作戦を支える人・モノ・仕事』潮書房光人新社、2012年。ISBN 978-4769815259 
  • 白井和弘「ソ連/ロシアの空中給油システム : ロシアと中国の動き」『航空情報』第71巻第12号、せきれい社、2021年12月、 38-41頁、 NAID 40022729743
  • 徳永進「米軍の空中給油機 : 多機能と無人化に進む空中給油機」『航空情報』第71巻第12号、せきれい社、2021年12月、 29-33頁、 NAID 40022729739
  • 矢作真弓、武若雅哉「なぜ「空中給油機」がウクライナ向け物資運んだ? 空自KC-767 実は超使える激レア機」『乗りものニュース』メディア・ヴァーグ、2022年3月12日。
  • Clancy, Tom 『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』、平賀秀明 (訳)新潮社新潮文庫〉、1997年。ISBN 978-4102472064 

関連項目[編集]