B-36 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンベア B-36

Convair B-36 Peacemaker.jpg

B-36とはアメリカ合衆国のコンソリデーテッド・ヴァルティ(コンベア)社が開発した戦略爆撃機冷戦の初期段階において、アメリカ空軍戦略航空軍団(SAC)における主力爆撃機となった。

正式な愛称は存在しないが、公式な場でもしばしば「ピースメーカー(Peacemaker)」[1]との表現がなされ、これが半ば公式な呼称となっている。他には「コンカラー」、「ビッグスティック」などがある。

概要[編集]

試作機のXB-36

第二次世界大戦中に計画された爆撃機であるが、1945年8月に第二次世界大戦が終結したため開発が急がれず、初飛行は1946年8月8日であり、配備は1948年で最終的には1954年まで製造された。大型ジェット爆撃機のボーイングB-52が配備された後の1959年に退役したため、活動した期間が10年前後といった短い機体である。

B-36は一機あたり約3000〜4000馬力を発揮するエンジンを搭載した6発レシプロ機(プロペラは推進式に主翼の後ろに取り付けられている)であったが、それでも推力不足気味であった。対策として、当時は開発されたばかりのジェットエンジンを左右の主翼に2基ずつ計4基をパイロンで吊り下げて追加装備、空前の10発爆撃機となった。

機体表面にはマグネシウム材を用いていた。そのため、同時代の他のアメリカ製爆撃機も同様であるが、墜落事故を起こすと跡形も無く全焼することが多かった。

現役時代に起きた大戦争としては朝鮮戦争があったが、本機は全てが核戦争勃発時の主力核爆弾搭載機として温存が図られた。そして、すでに当時は遷音速で巡航できるジェット戦闘機の時代であり、実際に朝鮮戦争に投入されたB-29やB-50がプロペラ機ゆえの飛行速度の遅さによりMiG-15などによる被撃墜が相次いだ。そのため、高価で貴重なB-36に対する同様の被害が懸念され、戦術爆撃機としての実戦投入はされなかった。

開発[編集]

B-29とともに

B-36の起源は、1941年の始め、アメリカの第二次世界大戦の参戦前まで遡ることができる。その時点では後に連合国の同盟国となるイギリスが敗北する可能性も十分考えられ、その場合、B-17B-24などのこれまでの爆撃機では、ドイツへの戦略爆撃は不可能になることから、アメリカ本土から大西洋を横断してヨーロッパを爆撃できる新たなクラスの爆撃機が必要となるであろうと考えられた。

アメリカ陸軍航空軍(USAAC)は最高速度450マイル(724km)/時、巡航速度275マイル(442km)/時、運用高度45,000フィート(13,716m)で高度25,000フィート(7,621m)における最大航続距離12,000マイル(19,312km)という超長距離爆撃機の設計コンペを1941年の4月11日に開示したが、これらは短期的には実現困難であることが分かり、8月19日には最大航続距離は10,000マイル(16,093km)、10,000ポンド(4.53t)の爆弾を搭載しての戦闘行動半径4,000マイル(6,437km)、巡航速度は240〜300マイル(386〜482km)/時、運用高度40,000フィート(12,192m)へと引き下げられ、これに対応する爆撃機として開発された。

1941年10月16日にボーイングとの競争提案の上、コンソリデーテッド・ヴァルティ社の案が採択され、開発が開始された。コンベア社はB-24の生産もあり、B-36の開発はスローダウンさせられたが、最初のモックアップが1942年7月20日に完成し、設計の調査に用いられた。USAACは対日戦に用いるために、1943年7月23日に100機の量産を命じた。1945年8月までの配備を目指したが、機体の完成は戦争終結後の1945年8月20日であり、初飛行は1946年8月8日であった。部隊配備は1948年6月の第7重爆撃航空団より開始された。

飛行中のB-36

B-36は運用が容易ではなく、かつ高価な機体であった。その製造予算獲得は、空軍及び海軍の対立を生み、提督たちの反乱と呼ばれる状況に至った。空軍は航空母艦艦載機の組み合わせよりも大型爆撃機たるB-36の方が、核兵器を用いた戦略攻撃に有利と主張し、海軍はB-36を'10億ドルの失敗'と強く批判している[2]。海軍はAJ サヴェージA3Dスカイウォーリアーといった核兵器運用能力を持った大型攻撃機を開発したが、既存の空母では運用に困難があり、格納庫に入れられず露天係止したり、離陸しか行えず着陸は陸上基地で行うといった運用を余儀なくされ、これら機体を完全に運用するには、より大型の空母の建造が必要不可欠であった。結局、空海軍の争いは前者が勝利する形となり、B-36の生産は継続される一方、1949年には大型空母「ユナイテッド・ステーツ」が建造中止となった。

ちなみにその後は朝鮮戦争での戦訓より、海軍では再び大型空母建造の機運が生じ、一方の空軍も後継となる大型ジェット戦略爆撃機を開発した。しかし両者とも通常兵器の運用が主となり、核攻撃任務は海軍では戦略ミサイル原潜が、空軍は大陸間弾道ミサイルが主力となっていく。

各型[編集]

B-36には、各種の派生型のほか、さまざまな試作機が存在する。

生産機数
XB-36 1
YB-36 1
B-36A 22
XC-99 1
B-36B 62
B-36D 26
RB-36D 24
B-36F 34
RB-36F 24
B-36H 83
RB-36H 73
B-36J 33
YB-60 2
合計 385[3]
XB-36
試作機。R-4360-25 エンジン(3,000馬力)6基搭載、非武装。1機製造。
YB-36
増加試作機。S/N 42-13571,[4] 機首形状が改良され、コックピットは上方に突き出した形状となった。1機製造。1947年12月4日初飛行。[5]
YB-36A
YB-36より改装。 YB-36のシングルタイヤ式の降着装置を4輪式に改装。後にRB-36Eに改装。
B-36A
初期生産型。乗員訓練および試験用の機体であり、非武装。1947年8月28日初飛行。22機製造。後に地上試験用の初号機を除き、RB-36Eに改装。
XC-99
XC-99はB-36の主翼を流用して製作された、当時とすれば超大型貨物輸送機であった。試作機1機のみが製作されたが輸送部隊に実戦配備された。
B-36B
初の武装型。R-4360-41 エンジン(3,500馬力)6基搭載。62機製造。一部発注機体はRB-36D 又は B-36Dとして完成。また、後にB-36Dへ改装。
RB-36B
B-36Bの派生型。39機改装。カメラを臨時に搭載し、偵察任務に使用。
YB-36C
B-36Bの機体にR-4360-51 エンジン(4,300馬力)6基搭載、プロペラを牽引式とした機体。計画のみ、製造されず。
B-36C
YB-36の量産型、B-36Bとなり、製造されず。
B-36D
B-36Bの機体にJ47-GE-19 ジェットエンジン4基を追加装備した型。主翼端に2基ずつポッド装備。26機製造、後に67機がB-36Bより改装[5]
RB-36D
カメラを搭載した戦略偵察機型。17機製造および7機がB-36Bより発注切り替え。第1爆弾倉が与圧カメラ区画であり、ほかに電子偵察機材も搭載していた。当初は核爆撃能力を有さなかったが、後に改装により付与された。
GRB-36D
RB-36Dの派生型であり、FICON計画寄生戦闘機偵察機)としてGRF-84F サンダーストリークを胴体下に搭載した。10機が改装され、1955年から1957年にかけて第99戦略偵察航空団で実戦配備された。
RB-36E
YB-36A およびB-36Aの21機をRB-36D相当に改装した型。
B-36F
B-36Dのエンジン換装型。R-4360-53 エンジン(3,800馬力)6基およびJ47-GE-19 ジェットエンジン4基搭載。34機製造。
RB-36F
RB-36Dと同様の戦略偵察機型。24機製造。後に核爆撃能力付与。
GRB-36F
GRB-36Dと同等。試験用機体であり、1機改装、S/N49-2707[6]
B-36H
B-36Fとほぼ同等であり、コックピット内の改良に留まる。83機製造。
RB-36H
RB-36Dと同様の戦略偵察機型。73機製造。後に核爆撃能力付与。
B-36J
燃料搭載量増加型。33機製造。
DB-36H
ミサイル搭載試験機。
NB-36H
NB-36H
NB-36Hは原子力推進爆撃機の研究機で、実際に動力にしなかったが原子炉が機内に設置されていた。将来的にはコンベア社は原子力推進試験機であるX-6を開発するデータ集積に使う予定であったが、こちらの計画は破棄された。


YB-36G/YB-60
B-36を純ジェット化したYB-36G(後のYB-60)も試作機2機が製作されたが、YB-60はボーイングB-52との競争試作に敗れ採用されることは無かった。

要目[編集]

B36F Silh.jpg
機体名 B-36J III[7]
ミッション BASIC MAX BOMB FERRY
全長 162.1ft (49.41m)
全幅 230ft (70.1m)
全高 46.8ft (14.26m)
翼面積 4,772ft2 (443.33m2)
空虚重量 166,165lbs (75,371kg)
離陸重量 410,000lbs (185,973kg)
搭載燃料 36,640gal (138,697ℓ) 26,317gal (99,619ℓ) 38,605gal (146,136ℓ)
爆弾搭載量 10,000lbs (4,536kg) 72,000lbs (32,659kg)
エンジン Pratt & Whitney R-4360-53 (3,800Bhp) ×6 + General Electric J47-GE-19 (推力:23.13kN) ×4
最高速度 363kn/37,500ft (672km/h 高度11,430m) 370kn/38,700ft (685km/h 高度11,796m) 375kn/38,000ft (695km/h 高度11,582m)
航続距離 8,200n.mile (15,186km)
戦闘行動半径 3,465n.mile (6,417km) 2,170n.mile (4,019km)
武装 M24A1 20mm機関砲×2

登場作品[編集]

映画[編集]

戦略空軍命令
1955年アメリカ映画。B-36の飛行シーンがふんだんに登場する。

アニメ・漫画[編集]

Project BLUE 地球SOS
第4話に迷宮機関所属機としてB-36をモデルとした架空機「ブルータス」が登場。バグア遊星人が大気圏外部に張り巡らせたエンゼルヘアー英語版除去に向かう小型宇宙船「スペースボート」の母機を務めるが、バグア遊星人の攻撃を受けてスペースボートを発進させた直後に撃墜される。
こちら葛飾区亀有公園前派出所
劇中で中川圭一の伯父・三亀松の個人所有物として登場。燃料切れでマリアナ沖で墜落した。
ストラトス・フォー アドヴァンス
CODE:205(第5話)に天体危機管理機構岐阜基地所属の空中発射母機としてYB-60が登場。対彗星用の次期主力迎撃機「TYPE-559MS」のテスト飛行の際に使用される。
地球を呑む
世界規模の恐慌を起こそうとする秘密結社が世界中に金塊を投下するための輸送機として「黒コウモリ」の名称で登場する。

小説[編集]

紺碧の艦隊
作中で『B32 フライングデビル』として登場する機体について、アニメ版・漫画版では、B-36からジェットエンジンを省いた形でデザイン・作画されている。
『巡洋戦艦「浅間」』
劇中にてアメリカに移民したヒトラーのつてによるドイツ人系の技術者の協力により、史実よりも早く出現する。これもジェットエンジンは搭載しておらず、最高速度は600Km/hをいくらか越える程度である。
『ミッドナイト・スラスト』
原題「Four Days」 冷戦期、東西の軍事緊張が高まった時期に極秘裏に行われたB-36による米本土夜間爆撃演習を描く。小説ではあるが、史実を下敷きとしている

ゲーム[編集]

ストライカーズ1945PLUS
隠し機体であるP-55 アセンダーのサポートアタック(ボム)で登場。爆撃で画面全体を攻撃し、敵弾を消去する。

脚注[編集]

  1. ^ 直訳すれば「平和の創始者」。アメリカの大型爆撃機は、他国を攻撃する能力を持った機体に、それとは反する命名を行う傾向があり、他にもB-17B-29に「フライングフォートレス/スーパーフォートレス」という「国土を守る要塞」という命名を行った。
  2. ^ Wolk, Herman S. Fulcrum of Power: Essays on the United States Air Force and National Security. Darby, Pennsylvania: Diane Publishing, 2003. ISBN 1-4289-9008-9. P163
  3. ^ Knaack 1988, p. 53.
  4. ^ "Convair YB-36 'Peacemaker'." AeroWeb. Retrieved: 15 May 2010.
  5. ^ a b 世界の傑作機 No125 コンベアB-36ピースメーカー ISBN 978-4-89319-160-1
  6. ^ http://www.nationalmuseum.af.mil/factsheets/factsheet.asp?id=2550
  7. ^ B-36 Peacemaker Specifications

参考文献[編集]

  • コンベアB-36ピースメーカー 世界の傑作機No125 文林堂 ISBN 9784893191601 2008年

関連項目[編集]