A-26 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

A-26 インベーダー

駐機中のA-26B

駐機中のA-26B

A-26B-26 後述)は、1942年に初飛行したダグラス社の双発攻撃機/軽爆撃機。愛称はインベーダー(Invader、「侵略者」の意)。

設計[編集]

ダグラス社の前作、A-20ハボック攻撃機の後継機として1940年に設計が開始された。具体的にはA-20のバージョンアップ版で2,000馬力級の大出力エンジンの搭載と機体構造の見直しにより、高性能化を図り、かつDB-7(フランスに輸出されたA-20の制式名)が欧州で挙げた戦訓も取り入れて設計が進められた。1941年4月にはモックアップが完成。しかし、実機製作に手間取って試作機が工場をロールアウトしたのは1942年の6月。生産が開始されたのは更に遅れて、1943年の9月。そして実戦部隊に配備されたのが1944年の春頃となった。

アメリカ陸軍航空隊では、伝統的に攻撃機副操縦士操縦するが、本機は操縦士が1人という、伝統に反した設計である。これは、イギリス空軍において同種の中型爆撃機が単操縦士式であり、疲労が大きい長距離行や主操縦士が死傷するような事態に陥った場合にしか活躍しない副操縦士は不要という戦訓を容れたためとされる(ちなみに、B-25 ミッチェル爆撃機の後期型においても副操縦士は省略されている。その代わり、その位置には爆撃手を兼ねる航法士が座る)。胴体後方には動力旋回機銃を操作する銃手席がある3人乗りの機体であるが、WW2以降、効果的ではないと判断されて上下の旋回機銃が外されると共に銃手席も撤去され、複座になった(ただし、使用はされなくなったが、席自体は残された機も多い)。

当初、軍から要求されたA型は機首をソリッドノーズとし75mm砲装備を搭載した地上攻撃型であったが、ダグラス社はこれに難色を示し、透明機首型の開発を続行すると共に武装を75mm砲と12.7mm機銃2挺。75mm砲と37mm砲。37mm砲2門。37mm砲と12.7mm機銃2-4挺などの様々な武装が選択可能なプランを提示し、これが後のB型となる。なお、透明機首型はC型としてガラス張りの機首で中高度精密爆撃のためにノルデン爆撃照準器を装備して完成した。機首に前方固定の12.7mm機銃2挺が装備されたが、ほとんどのC型はこれを取り外すか、あるいは未装備の状態で前線へ送り込まれている。

防御火器はA、B、C各型共通で、胴体背面と爆弾倉後方の腹部に遠隔式の12.7mm連装動力機銃塔が設置された。これは別個の目標をそれぞれ狙うことも可能で、背面の機銃塔はパイロットが操作する前方固定機銃としても使用可能だった。他、爆弾倉に4,000lbまでの爆弾と主翼下の左右二箇所ずつに、500lb爆弾を搭載する。

B型は機首に前方固定の12.7mm機銃を6または8挺搭載する。また、いくつかの機は翼内にも左右各3挺ずつ12.7mm機銃を増設し、最大合計14挺もの前方固定の12.7mm機銃を装備して地上攻撃に猛威を振るった。後期型は翼下の爆弾に替えて、左右7発ずつの5in航空機高速ロケット弾(HVAR)が搭載可能になり、腹部銃塔を廃止。空いた場所に473ℓの燃料タンクを増設して航続力増加を図った。これらの改修はC型にも行われている。

運用[編集]

第二次世界大戦中に初飛行したため、大戦後半の連合軍優勢の中、戦術爆撃に投入された。また、日本本土空襲にも投入され、沖縄から南九州爆撃に出撃した[2]

大戦終結後は余剰機がフランスなどの同盟国に供与されたが、引き続きアメリカ軍も使用を継続し、1948年に軍の機種区分の変更から、B-26へ改名された[3]1967年にA-26へ復名した[4][5]アメリカ海軍でも標的曳航機など汎用目的に少数の飛行隊を運用した。1962年まで海軍はJD-1JD-1Dと呼称し、JD-1をUB-26J、JD-1DをDB-26Jに呼称を変えた。

改造型はB型が輸送機型のCB-26B。偵察型のRB-26B。訓練型TB-26B。要人輸送型VB-26B。C型が夜間偵察機型のFA-26C。ドローン誘導母機DB-26C。ミサイル開発試験機EB-26C。訓練および標的曳航型TB-26Cがある。

発展型としては胴体にJ-31ターボジェットエンジンを装備した複合動力機、XA-26Fがあるが、これは試作のみに終わっている。

B-26K/A-26A カウンター・インベーダー。
既存のB-26B/C 40機をオンマーク・エンジニアリング英語版が改修して製作した機体で、機銃塔が取り外され、翼端燃料槽の追加が外見上の最大の特徴。ベトナム戦争においては米空軍第609特殊作戦飛行隊英語版に集中配備され、1969年まで運用された。

第二次世界大戦だけでなく、第一次インドシナ戦争朝鮮戦争ベトナム戦争でも使用された。もちろん、オリジナルそのままではなく、エンジンの換装(R-2800-52W、離昇出力2,500馬力)。電子装備の追加。旋回機銃塔の廃止。主翼を再設計し、翼端に燃料槽(チップタンク。増槽ではなく切り離せない)の増設などの改修が随時施されている。全面改修を受けた機体は新たにB-26K型と呼ばれたが、1967年に前述の理由から改称されてA-26Aとされた。ややこしいが初期のA-26Aと同一番号なものの、全くの別機である。

1960年代には、インターマウンテン・エアラインに所属するA-26がアメリカの後押しを受けてキューバ亡命者で編成された部隊ピッグス湾上陸で使用された。1964年にはコンゴ動乱の際に中国ソビエトの支援を受けたシンバ(ルムンバ派)との戦闘で、CIA傭兵が空輸にA-26を使用した。

少数の改良機は1969年まで戦闘任務で使用された。最後のA-26は州兵局1972年に退役し、国立航空宇宙博物館に贈与された。本機はアメリカ軍の戦闘航空機で唯一(ただし、輸送機ならばC-47がある)、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の三つに参戦した機体である(同時期の海軍機、ダグラスAD-1スカイレーダー攻撃機は第二次世界大戦での実戦参加を逃している)[6]

仕様[編集]

A-26B-50

出典: 「アメリカ陸軍機の全貌」酣燈社刊1964年・125頁

諸元

  • 乗員: 3名
  • 全長: 15.24m (50ft)
  • 全高: 5.64m (18ft 3in)
  • 翼幅: 21.34m(70ft)
  • 翼面積: 50.62m2 (540ft2
  • 空虚重量: 10,365kg (22,850lb)
  • 運用時重量: 12,519kg (27,600lb)
  • 最大離陸重量: 15,900kg (35,000lb)

性能

  • 最大速度: 575km/h=M0.47 (308kt) 355mph
  • 巡航速度: 457km/h=M0.29
  • 航続距離: 2,300km (1,200海里) 1,400mi
  • 実用上昇限度: 6,700m (22,000ft
  • 上昇率: 6.4m/s (1,250ft/s)
  • 翼面荷重: 250kg/m2 (51lb/ft2

武装

  • 機首固定 12.7mm機銃 8丁
  • 翼内固定 12.7mm機銃 6丁
  • 背面銃座 12.7mm機銃 2丁(遠隔操作
  • 下部銃座 12.7mm機銃 2丁(遠隔操作)
  • 5in航空機高速ロケット弾(HVAR)×14(翼下の爆弾との選択)
  • 爆弾槽 1,800-2,700kg(4,000-6,000lb
  • 翼下 900kg (2,000lb)
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。
機体名 B-26C[7]
ミッション BOMBER 爆弾搭載量:4,000lbs (1,814kg)
乗員 3名
全長 51.3ft (15.67m)
全幅 70ft (21.34m)
全高 18.5ft (5.64m)
翼面積 541ft² (50.26m²)
空虚重量 22,690lbs (10,292kg)
総重量 離陸重量:37,740lbs (17,119kg)
戦闘重量:29,500lbs (13,381kg)
燃料[8] 1,235gal (4,671ℓ)
エンジン Pratt & Whitney R-2800-79 (2,000Bhp) ×2
最高速度 323kn/10,000ft (598km/h 高度3,048m)
上昇能力 2,800ft/m S.L. (14.22m/s 海面高度)
実用上昇限度 23,400ft (7,132m)
航続距離 1,510n.mile (2,797km)
武装 12.7mm機銃x12 (弾数計4,600発)
外部兵装
(最大搭載)
爆弾槽・胴体下:1,000lbs爆弾×4 or Mk.13魚雷×2
翼下:500lbs爆弾×4 or HVAR×14

使用国[編集]

アメリカ空軍所属のA-26

登場作品[編集]

映画[編集]

オールウェイズ
主人公の愛機として使用されている。
大列車作戦
フランス国内の鉄道網を破壊する連合軍爆撃機役として、フランス空軍の所属機が複数主演。低空で現れ、操車場爆撃シーンなどでは実際に爆撃を行っている。

ゲーム[編集]

War Thunder
A-26B-10及びA-26B-50が登場。また、A-26C-45がイベント報酬として配布された他PS4アカウント限定の課金機体としてA-26C-45DTが販売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Knaack, MS (1988). Post-World War II bombers, 1945-1973. Office of Air Force History. ISBN 0-16-002260-6. 
  2. ^ 「A26初登場 延岡攻撃に参加」 昭和20年7月21日付『朝日新聞
  3. ^ 空軍での「A」カテゴリの廃止による。別にB-26 マローダーが存在したが、1948年時点では全て退役していた
  4. ^ アメリカとタイとの軍事協定において、タイ国内に爆撃機を配備しないと取り決められたため。なお、1962年に陸海空三軍の航空機の制式名称統一にともない「A」カテゴリは復活していた
  5. ^ 渡辺洋二『大空のエピソード』朝日ソノラマ、1990年、213-245頁
  6. ^ スカイレーダーの設計者も本機と同じ、エド・ハイネマンである。
  7. ^ B-26C Invader Specifications Characteristics Summary
  8. ^ 搭載可能燃料は合計1,910gal (7,230ℓ)