尾部銃手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリファックス爆撃機の尾部銃手を描いた、第二次世界大戦中のイギリスのポスター

尾部銃手(びぶじゅうしゅ、tail gunner)、または後部銃手(こうぶじゅうしゅ、rear gunner)は、機体後方または「機尾」方向からの敵戦闘機の攻撃に対して、旋回機関銃旋回機関砲をもって防御を行う銃手の役目を担う軍用機の乗員。

尾部銃手は、一般的に後方視界を妨げない機体背面や機尾に設置された可動式銃砲を操作する。「尾部銃手」(tail gunner)という用語は、通常は銃架を操作ないし銃塔内部にいる乗員のことを指すが、機種によっては尾部武装が機体の別の部位から遠隔で操作されるものもある。

概要[編集]

アブロ ランカスターの尾部銃塔(ダックスフォード帝国戦争博物館
B-17の尾部銃塔

後方向き武装の種類や配置は国により様々であった。B-17 フライングフォートレスB-29 スーパーフォートレスといった第二次世界大戦中のアメリカ陸軍航空軍(USAAF)の重爆撃機では、後方の縦横方向へ約90度の射界を持つ独立した銃塔を銃手が固定位置から操作していた。典型的な武装は、2丁のAN/M2重機関銃であった。これとは対照的に、イギリス空軍アブロ ランカスターハンドレページ ハリファックスといった重爆撃機では、4丁のM1919機関銃を尾部銃手ごと載せた180度旋回可能な動力式銃塔を使用していた。これと似た配置はアメリカB-24 リベレーター重爆撃機でも採用していた(ただし、武装は2丁のAN/M2であった)。

Do 17He 111Ju 88といったドイツ空軍爆撃機の後方用の防御武装は、たいてい乗員区画の後ろか胴体途中の背面にある銃架であった。これは、胴体上面をカバーするには十分であったが、胴体下面をカバーするためには胴体下面に銃塔を追加する必要があった。

Ju 87 スツーカSBD ドーントレスといった、より小型の軽爆撃機(急降下爆撃機)や攻撃機では、後部銃手は操縦士の直ぐ後ろに座り、開放状態または天蓋で閉ざされている銃架に据えられた機関銃を操作した。通常、これらの形式の機種の後部銃手は、通信士航法士を兼任していた。

尾部銃手には、敵戦闘機の索敵という2番目の任務があり、特に夜間爆撃時には重要であった。これらの爆撃機は密集編隊を組まず、個々に飛行したため、攻撃してくる夜間戦闘機に対する最初の対応としてコルクスクリュー・ロールのような大胆な回避行動をとらねばならず、防御用の発砲は二の次であった。イギリス空軍では、俗語で尾部銃手のことを「ドン尻チャーリー」(Tail-end Charlies)と呼んだ[1]が、その一方でドイツ空軍では「ヘックシュヴァイン」(Heckschwein:ドン尻の豚)と呼んでいた。

尾部銃手は第二次大戦中に最も一般的に活用され、その最後はベトナム戦争での大型爆撃機であった。しかし、この役割は空対空ミサイルのような長射程の対空兵器と同時に近代的なミサイル探知 / 対抗装置の発達により、ほぼ無用のものとなった。

戦闘での最後の使用[編集]

ラインバッカーII作戦リチャード・ニクソン大統領の「クリスマス爆撃」としても知られる)期間中の1972年12月18日アメリカ空軍戦略航空軍団B-52 ストラトフォートレス北ベトナムに対して「最大戦力」で空爆を実施していた。爆撃機が目標に向け接近するとSAM(Surface to Air Missiles:地対空ミサイル)がB-52の周りで炸裂し始めた[2]コールサイン「ブラウン・スリー」(Brown III)機が投弾を完了し、北ベトナム空軍戦闘機が迎撃に上がったという警告を受けて旋回して引き返し始めた。ブラウン・スリー機の尾部銃手、サミュエル・O・ターナー(Samuel O. Turner)軍曹(SSGT)は、急速に接近してくるMiG-21 フィッシュベッドを捕捉し、射程に入ると4連装のAN/M2重機関銃の一連射で敵機を撃墜した。ターナー軍曹は、朝鮮戦争以来初の敵機を撃墜した爆撃機の尾部銃手となった。機番55-0676のB-52は、現在ワシントン州スポケーンフェアチャイルド空軍基地に展示されている[2]

同年12月24日、同じ爆撃攻勢の最中に、現在コロラド州アメリカ空軍士官学校に展示されているB-52「ダイアモンド・リル」(Diamond Lil)機がタイグエンにある列車集積所を攻撃した。迎撃に上がってきたのは北ベトナム空軍のMiG-21で、ダイアモンド・リル機の尾部銃手、アルバート・E・ムーア(Albert E. Moore)一等兵(Airman)は、4,000ヤードの距離でMiG-21を捕捉[3]し、4連装のAN/M2重機関銃を発射した。ムーア一等兵の撃墜は、別のB-52の尾部銃手、クラレンス・W・チュート(Clarence W. Chute)技術軍曹(TSGT)により目撃され、チュート技術軍曹は、炎に包まれ墜落するMiG-21を確認した。ムーア一等兵は、戦時に機関銃で敵機を撃墜した最後の爆撃機の尾部銃手となった。

後部銃座を持つ機種の代表例[編集]

ここに挙げた航空機は様々な後部銃座・尾部銃座を持っている。

ドイツ[編集]

イギリス[編集]

尾部末端のスカーフ・リングに2丁のルイス軽機関銃を装備。

第二次世界大戦中のイギリス空軍の爆撃機は、通常、M1919機関銃を装備したナッシュ・アンド・トムソン社製の油圧式かボールトンポール社製の電気油圧式の尾部銃塔を備えていた。

当初は単装のルイス軽機関銃を装備した手動操作式の尾部銃塔を備えていたが、後に2または4連装のナッシュ・アンド・トムソン銃塔を取り付けられるようになった。
4連装ナッシュ・アンド・トムソン尾部銃塔を搭載。
4連装ボールトンポール銃塔を搭載。
4連装ナッシュ・アンド・トムソン尾部銃塔を搭載。第二次大戦末期には「ヴィレッジ・イン」(Village Inn)自動レーダー照準銃塔を装備した機体もあった。
尾部銃手の位置からエンジンナセル後方のバーベットに搭載したイスパノ 20mm機関砲遠隔操作できる。
2連装M1919機関銃を装備した尾部銃塔を搭載。

アメリカ[編集]

固定式尾部銃座を装備。
回転式尾部銃塔を搭載。
回転式尾部銃塔を搭載。
回転式尾部銃塔を搭載。
回転式尾部銃塔を搭載。
尾部銃塔以外は無し。
コックピット後部に旋回式銃座を装備。
回転式尾部銃塔と胴体下面銃座を装備。

ソ連邦/ロシア[編集]

大日本帝国[編集]

海軍機で初めて尾部銃座を搭載。
日本航空機で初めて密閉式の尾部銃座を導入。
一型乙(キ21-I乙)で日本初の遠隔操作式の無人尾部銃座を採用。また、二型乙(キ21-II乙)では後部背面銃座をホ103 一式十二・七粍旋回機関砲を備える砲塔に換装。
陸軍機で初めて有人尾部銃座(砲塔)を採用。ホ1 試製二十粍旋回機関砲を搭載。
海軍の陸上機で初めて尾部銃座を搭載。
尾部銃座に九九式二〇粍機銃を1門搭載。
ホ5 二式二十粍旋回機関砲を尾部銃座に搭載。
ホ501搭載による重量増加で大半の防御銃座は撤去されたが、尾部銃座だけは残された。
  • 深山 - 海軍陸上攻撃機
尾部銃塔を搭載し、12.7mm機銃を1丁搭載。
  • 連山 - 海軍陸上攻撃機
鹵獲したB-17 フライングフォートレスの尾部銃座を基に、12.7mm連装機銃を装備した動力式の尾部銃座を搭載。

出典[編集]

  1. ^ 米陸空軍ではこの言葉は編隊の最後尾機か大編隊の最後尾を務める編隊を指したが、どちらも非常に危険度の高い位置であった
  2. ^ a b McCarthy, p. 139
  3. ^ McCarthy, p. 141
  • McCarthy, Donald J. Jr. MiG Killers; A Chronology of US Air Victories in Vietnam 1965-1973. 2009. ISBN 978-1-58007-136-9.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]