プラット・アンド・ホイットニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラット & ホイットニー
UTCの子会社
業種 航空宇宙
設立 1925年
創業者 フレデリック・レントシュラー Edit this on Wikidata
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネティカット州イーストハートフォード
主要人物
David Hess, 社長
製品 航空機用エンジン
ガスタービン
ロケットエンジン
親会社 レイセオン・テクノロジーズ Edit this on Wikidata
ウェブサイト Pratt & Whitney

プラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney、プラット・アンド・ウィトニー)は、アメリカ合衆国に本拠を置くレイセオン・テクノロジーズ傘下の航空機用エンジンメーカー。

概要[編集]

アメリカの複合企業(コングロマリット)、レイセオン・テクノロジーズの一部門である。民生用から軍事用まで広く手がけており、アメリカのゼネラル・エレクトリック傘下のGE・アビエーション、イギリスのロールス・ロイスに次ぐ、航空機用エンジンのビッグ3の一つである。航空機用エンジンに加えて、電力用ガスタービン、航海用、鉄道用エンジンや、ロケットエンジンなども製造している。

歴史[編集]

1860年にフランシス・プラット (Francis Pratt) と、エイモス・ホイットニー (Amos Whitney) によって、アメリカ・コネチカット州ハートフォードに設立される。当初はミシンや、南北戦争のアメリカ合衆国軍(北軍)用の銃などを製造するための工作機械を製造していた。

1925年、フレデリック・ブラント・レンチュラー(Frederick Brant Rentschler)が自ら考案した航空機用エンジンの組み立て場所と融資を希望して、プラット・アンド・ホイットニーに提案した。これを受けプラット・アンド・ホイットニーはレンチュラーに25万ドル出資、「プラット・アンド・ホイットニー」の名前と、製造場所を提供した。これが、プラット・アンド・ホイットニー・エアクラフト(Pratt & Whitney Aircraft Company)の始まりである。プラット・アンド・ホイットニーの最初のエンジンは、1925年のクリスマスイブに完成したワスプ(Wasp)であった。ワスプは試験で425馬力(317kW)の出力を記録し、1926年3月にはアメリカ海軍の認定試験を軽々と通過、10月までに海軍から200台のエンジンが発注されるに至る。ワスプが見せたスピード、上昇性、信頼性はアメリカの航空業界に革命をもたらした。

1929年、フレデリック・レンチュラーはプラット・アンド・ホイットニー・マシン・ツールの下を離れ、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート(ボーイングユナイテッド航空の前身)に参画した。この時、プラット・アンド・ホイットニーの名前と会社をそのまま使用することが許可された。

その後、プラット・アンド・ホイットニーは工業の複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズ(現レイセオン・テクノロジーズ)の一部門となり、関連会社として、プラット・アンド・ホイットニー・カナダ(Pratt & Whitney Canada)を設立した(当初はユナイテッド・エアクラフト・カナダ)。プラット・アンド・ホイットニーが大型のエンジンを製造する一方、プラット・アンド・ホイットニー・カナダは小型飛行機用エンジンの設計と製作を行った。

現在、プラット・アンド・ホイットニーの本部はコネチカット州イーストハートフォードにあり、工場はコネチカット州ミドルタウンとチェシャー、フロリダ州ウエストパームビーチメイン州ノースバーウィックにある。

民生用タービンエンジンと搭載機[編集]

PW6000エンジン

軍事用タービンエンジンと搭載機[編集]

F119エンジンを積むF-22
南極上空を飛行機雲を出しながら飛ぶ、TF33エンジンを搭載したC-141

ロケットエンジンと搭載機[編集]

レシプロエンジン[編集]

ツインワスプエンジン

自家発電装置[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "FT8 SWIFTPAC™ power plant provides quick, reliable power — installed in less than 30 days." /公式HP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]