E-8 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

E-8 ジョイントスターズ

Usaf.e8.750pix.jpg

E-8 J-STARS(Joint Surveillance and Target Attack Radar System ジョイントスターズ)は、アメリカ空軍が保有する軍用機の一種。レーダーで敵地上部隊を探知、識別し、味方地上部隊を指揮・管制する。対地版早期警戒管制機(AWACS機)とも呼べる機体である。J-STARSのSTARSは直訳すると「監視および目標攻撃レーダーシステム」となる。

本機は空から地上を監視・管制するという性格の機体であるため、空軍と陸軍の共同で計画された。J-STARSのJ (Joint)は、この共同計画を意味している。

概要[編集]

E-8 J-STARSは、中古のボーイング707-320を買い上げたうえで、ノースロップ・グラマンが任務に必要な装備を追加するという方式で製造された。1985年より開発が開始され[1]、母機となる2機が取得された。初飛行は1988年12月22日[1]

前部胴体の下に、細長いフェアリングを設け、ここに対地監視用の側方監視レーダー・AN/APY-3を装備している[1]。これを使用することにより、地上にいる車輌の動きがリアルタイムで、機上のコンソール画面に表示される。このAN/APY-3は、地上の精密な観測を目的とした合成開口レーダーモードと、移動目標の追尾を優先させたドップラー・レーダーモードを使い分けることができる。後者は高速な走査ができる反面精密な監視を苦手とするが、それでも車両速度などによって 装輪車と装軌車を区別 出来る場合もあるといわれる。かつてはレーダーの性能が不足しているため、地上にいる車輌のような小型目標を捕捉・追尾するのは難しかったが、精度の高いビームを発振できるレーダーが実現可能になり、さらに、得られた情報を処理する高性能コンピュータが実現したため、こうした機体が実戦投入できるようになった。

E-3E-767が航空機の動きを探知するのに対し、E-8は地上の車輌に目を配る。また、車輌の移動パターンを基にして、相手が何者なのかを推測することができる。当然、敵にとっては重要目標になるため、この機体は厳重な護衛を必要とする。ただ、E-8が収集したデータは無線を通じて口頭で伝えられるため、聞き間違いをする可能性があり、また、地上の各戦闘員は頭の中で状況を組み立てなくてはいけない。この「人間の介在」が問題点である。

各型解説[編集]

  • E-8A
試作型のE-8A1988年12月22日に初飛行し、2機が試験を繰り返していたが、湾岸戦争直前の1991年1月12日サウジアラビアへ派兵され、停戦までの間イラクでの監視飛行を続けた[1]。試作機でありながら高い実戦評価を得た本機は、その後量産型E-8Cへと発展した。E-8Aは2機とも改修されてE-8Cとなった。
  • E-8B
中古機の改造であった試作型E-8Aに対し、機体ごと新造する量産計画に与えられた呼称。F-108エンジン搭載。開発中止[1]
  • E-8C
量産型。E-8Aと同様に中古のボーイング707を改造して製造されている[1]

後継機[編集]

ボーイング767-400ERを母体としたE-10の開発が進められていたが、結局実証試験のみで開発は中止され、試験結果を元に既存機の改修を行うこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 世界航空機年鑑2007-2008 酣燈社 2007年 P113 ISBN 978-4873572703

外部リンク[編集]