ボーイング バード・オブ・プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バード・オブ・プレイ

国立アメリカ空軍博物館で展示されるバード オブ プレイ

国立アメリカ空軍博物館で展示されるバード オブ プレイ

国立アメリカ空軍博物館で展示されるバード オブ プレイ

ボーイング バード・オブ・プレイBoeing Bird of Prey)は、1990年代にアメリカ合衆国マクドネル・ダグラスと合併に伴い開発を引き継いだボーイングが自社で開発していたステルス実験機

概要[編集]

マクドネル・ダグラスボーイングが自社の資金で技術実証機として開発を進めていたステルス実験機で1992年にマクドネル・ダグラスファントムワークスが開発に着手して、1996年9月11日に初飛行して1999年4月に計画が終了するまで39回以上飛行した[1]。実証機のため、バード オブ プレイはF-117で使用されているようなこの種の機体では定番となっているフライバイワイヤを搭載せずに手動式の油圧制御を使用すると共に、民間のビジネスジェット機で使用されるプラット・アンド・ホイットニー・カナダ JT15D-5Cエンジンを搭載したことで開発期間が短縮され、費用が大幅に低減された[1]。 機体の形状はコンピュータによる修正を伴わずに十分安定性を維持して飛行するために充分な空気力学的安定性を備え[1]、空気力学的安定性は飛行中に先端部で揚力が生じることで水平面尾翼と通常の垂直方向舵がなくても安定性が得られ、方向制御のためには従来の機体にある方向舵を備えずにX-45X-47のような無尾翼機のステルス無人航空機と同様に一種の空力ブレーキであるドラッグラダーを使用する[1]

仕様[編集]

諸元

  • 乗員: 1
  • 全長: 14.22 m (46 ft 8 in)
  • 全高: 2.82 m (9 ft 3 in)

性能

  • 最大速度: 482 km/h (260 knots)
  • 実用上昇限度: 6,100 m (20,000 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注[編集]

関連項目[編集]