E-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

E-10は、米ボーイング社とノースロップ・グラマンが計画したマルチセンサー指揮管制機 (MC2A; Multi-Sensor Command and Control Aircraft)。旧式化したE-3 セントリーE-8 ジョイントスターズRC-135シリーズの代替として、2003年に開発が開始された。しかし、2007年に開発計画は中止された。

開発経緯[編集]

原型機ボーイング367-80を祖とするC-135/C-137シリーズは、派生型であるボーイング707旅客機を含め軍民双方に大量に使用された傑作機である。軍用機で最も生産された、KC-135以外にも、電子偵察機EC-135、ボーイング707から改造された早期警戒管制機E-3CセントリーE-8 Joint STARSなど多数の派生機が存在している。しかし、ボーイング367-80の初飛行は1954年のことであり、軍用型の生産も1991年に終了しているなど、老朽化やスペースの狭さなどの問題から、後継機種としてボーイング767-400ERを開発母体として、電子戦管制機の開発ベースとなるMC2Aが計画された。

E-10は、主契約者をノースロップ・グラマン社とし、MP-RTIP (Multi-Platform Radar Technology Insertion Program、多重プラットフォーム・レーダー技術挿入プログラム) (en)と呼ばれる空地両用のアクティブフェーズドアレイレーダーを搭載する計画であった。MP-RTIPレーダーは、E-10の機体下部に設けたカヌー型レドームに納められ、空中移動目標表示機能 (Air Moving Target Indication, AMTI) 及び陸上移動目標表示機能 (Ground Moving Target Indication, GMTI) を持つ。捜索履域は、空域で509 km四方、地上で426 km四方と従来のE-3やE-8を超える性能を持つ。また、後期生産型からはRC-135の機能を引き継ぐSIGINTセンサーが搭載されるはずであった[1]

ところが、国防予算縮小のあおりを受けて追加予算が立てられず、2007年にE-10は2010年に進空する予定の実証試作機のみを製造するのみで量産計画は中止されることになった[1]。後に、この実証試作機の計画も放棄され、機器搭載予定機は2009年バーレーンへ売却されている[2]

その後[編集]

スケールド・コンポジッツ プロテウスに搭載してテスト中のMP-RTIPレーダー

開発中止後、E-10のために開発された各種技術はE-3、E-8及びRC-135を改良するために活かされることとなった。E-10自体の開発は中止されたものの、搭載するMP-RTIPレーダーは開発が続けられ、小型化したものがAN/ZPY-2としてグローバル・ホーク ブロック 40に搭載されたほか[3]、E-8へもAN/APY-7としての搭載が検討されている[4]

派生型[編集]

E-10Aには、用途によって次のような派生機が計画されていた。いずれも量産はされないことになった。

Spiral 1 - Multi-Platform Radar Technology Insertion Program (MP-RTIP)
E-8 Joint STARS後継機。
Spiral 2 - AWACS
E-3Cセントリー後継機。
Spiral 3- SIGINT Platform
EC-135(en)やRC-135などSIGINT任務機の後継機。

仕様[編集]

出典:「軍事研究」2007年5月号[5]

  • 乗員: 27名(操縦員 2名、機器操作要員 25名)
  • 全長: 61.4 m
  • 翼幅: 51.9 m
  • 全高: 16.9 m
  • 最大離陸重量: 20,4120 kg
  • 巡航速度: 930 km/h
  • 航続時間: 11.5時間
  • 実用上昇限度: 11,580 m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「軍事研究」2007年5月号 p.142
  2. ^ Sarsfield, Kate. "Bahrain acquires 767-400ER testbed for VIP use". Flight International, 27 January 2009.
  3. ^ AN/ZPY-2
  4. ^ Multi-Platform Radar Technology Insertion Program
  5. ^ 「軍事研究」2007年5月号 p.141