YE-5 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

YE-5

YE-5は、アメリカ合衆国実験機ウィンデッカー イーグルを元に製造されたステルス実験機である。

開発[編集]

1963年、リオ・ウィンデッカー(Leo Windecker)は、当時の大統領科学技術顧問に対して複合材によるレーダーに映りにくい機体を提案したが[3]、その反応は良好なものではなかった[1]。この時点での構想は、レーダー電波を透過する繊維強化プラスチックを用いるものであった[3]

他方、グラスファイバーを航空機の構造材として用いる研究も行われており、こちらは4人乗りの航空機ウィンデッカー イーグルとして1967年10月に初飛行した[4]

その頃、1963年の提案当時とは異なり、ベトナム戦争の経験からレーダーが航空機にとって脅威であることが認識されるようになっていた[3]。1971年、ウィンデッカーは下院議員ジョージ・ハーマン・マホン英語版に接触[1]、「レーダーに映らない機体」としてアメリカ合衆国空軍に提案し[5]、当時の空軍システム軍団研究開発次長であったオットー・ジョン・グラッサー中将[6]によって試験が認可された[3]。金属部分がエンジンと降着装置のみであった試験機[注 1]は良好な成績を収め、空軍の実験機として1機が1973年2月に納入されYE-5Aとなったが、これはレーダー投影面積を抑える発想であり[3]、民間市場向けの機体に電波吸収体を追加し、プロペラをプラスチック製のものに交換したものであった[7][8]

これに先だって1972年には、CADDOというコードネームを与えられた機体が、アメリカ合衆国陸軍向けに製造されているが、これはウィンデッカー イーグルの試作機(N803WR)をリースしたものであり、YE-5Aの設計に試験結果が反映されている。この機体は、陸軍が運用中の1980年に、ハリケーンによって失われた[1][9]

YE-5Aは、ステルス機開発のための試験に使用され続けたが1985年に事故により失われた。陸軍は、新たにウィンデッカー イーグル1機(N4196G)を入手してこれをYE-5に改造して計画を続行した[1]

アメリカ陸軍航空博物館に収蔵されている機体は、この改造によって完成した機体である[1]

型式[編集]

  • CADDO:陸軍向けの機体に与えられたコードネーム。YE-5Aと混同される場合が多いが、異なる機体である[1][2]
  • YE-5A:空軍向けの機体。1機製造、改造により同等機1機製造[1]

要目[編集]

下記は原型機ウィンデッカーの値である。

出典: Windecker Eagle I(国立航空宇宙博物館[4]を他の資料[1][10]で補完。

諸元

性能

  • 最大速度: 339.5km/h=M0.28 (211mph)
  • 巡航速度: 328.3km/h=M0.27 (204mph)
  • 失速速度: 106.2km/h=M0.09 (66mph)
  • 航続距離: 1979.5km (1230マイル)
  • 実用上昇限度: 5486.4m (18000ft)
  • 上昇率: 371.8m/s (1220ft/min)
  • 離陸滑走距離: 260.6m (855ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

[編集]

  1. ^ ウィンデッカーの私有機であった、N4195G[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l David B Freeman. “Windecker Eagle”. Eagle Behind the Curtain. 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  2. ^ a b Stephen Joiner (2011年11月). “Just One Word: Plastics”. Air & Space/Smithsonian magazine. 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e Beverly Burmeier (2009年7月6日). “Plastic Fantastic”. The History Channel club. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ a b Windecker Eagle I”. 国立航空宇宙博物館. 2013年4月20日閲覧。
  5. ^ Midland Reporter-Telegram (2010年2月16日). “Dr. Leo Windecker Obituary: View Leo Windecker's Obituary”. Legacy.com. 2013年4月20日閲覧。
  6. ^ LIEUTENANT GENERAL OTTO J. GLASSER”. アメリカ合衆国空軍. 2013年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  7. ^ Doug Richardson (2001-10-11). Stealth Warplanes: Deception, Evasion, and Concealment in the Air. p. 63. 
  8. ^ Stephen Joiner (2007年9月). “Better Flying Through Chemistry”. Invention and Technology. 2013年5月11日閲覧。
  9. ^ Lawrence Journal-World Google News Archive Search”. Lawrence Journal-World (1980年9月11日). 2013年4月20日閲覧。
  10. ^ a progress report for friends of the Windecker Eagle”. Composite Aircraft Corporation. 2013年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]