スケールド・コンポジッツ プロテウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飛行中のプロテウス

スケールド・コンポジッツ モデル281 プロテウスは、タンデム・ウィング(串型翼)の航空機で長大な航続時間を有する。航空機設計家バート・ルータン率いるスケールド・コンポジッツによって、航空機を無線通信中継器として使用する試験のために開発された。同様の構想としては、エアロバイロメントヘリオスプロトタイプJAXA成層圏プラットフォームなどがある。

プロテウスは多目的機であり、様々な貨物を腹部のパイロンに取り付け運ぶことができる。効率が極めて高く、65,000フィート(19,800メートル)以上の高度に18時間以上留まることができる。現在はノースロップ・グラマンが所有する。

諸元[編集]

出典: Jane's All the World's Aircraft 2003–2004 p.711

諸元

性能

  • 最大速度: 504 km/h (313 mph)
  • 巡航速度: 352 km/h (219 mph)
  • 航続距離: 1,850 km (1,150 マイル)
  • 実用上昇限度: 18,593 m (61,000 ft)
  • 上昇率: 17 m/s (3,400 ft/min)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。