プラット・アンド・ホイットニー PW1000G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PW1000G

PW1000Gボンバルディア Cシリーズ, 三菱リージョナルジェット (MRJ), エンブラエル E-Jet E2や選択肢としてイルクート MS-21エアバス A320neoの動力として採用された高バイパスギヤードターボファンエンジンである。計画は以前はギヤードターボファン (GTF)として知られ、さらに以前はAdvanced Technology Fan Integrator (ATFI)として知られた。

開発[編集]

ボーイング747-SPテストベッド機に搭載されたPW1000G

プラット・アンド・ホイットニーは1998年頃にPW8000として知られるギヤードターボファンの開発に着手した。[1]これは本質的には既存のプラット・アンド・ホイットニー PW6000のファン部分を歯車減速機と新型の1段のファンに交換したものである。[2]数年後、PW8000の開発は本質的には立ち消えになった。[3]その後、しばらくしてATFI計画が持ち上がり、PW308をコアとしたが歯車減速機と単段のファンは新しくした。2001年3月17日に初めて運転された。

これを基本にしてドイツMTUエアロ・エンジンズと新設計のコアを共同開発するギヤードターボファン(GTF)計画に発展した。ドイツの会社は高速低圧タービンと複数の段を備える高圧圧縮機を担当する。

さらに、ギヤードターボファンの当初の設計では飛行包絡線の領域に応じて推進効率を高める事を目的として可変面積ファンノズル(VAFN)を備える事も含まれていた[4]。しかしながら、VAFNはシステム重量が重いので量産型の設計からは除かれた。

2008年7月、GTFは新型の"ピュワパワー"シリーズのPW1000Gに名称が変更された[5]。プラットアンドホイットニー社はPW1000Gは既存のリージョナルジェットナローボディ機に使用されるエンジンよりも燃料消費効率が10%から15%優れており、同様に実質的に静かであると主張する[6]

エンジンはプラット・アンド・ホイットニーのボーイング747-SP[6]とPW1000Gの飛行試験の第2段階ではエアバス A340-600に懸架されて試験された。試験用の航空機はエンジンを第二パイロンに懸架して2008年10月14日にトゥールーズで初飛行した[7]

PW1100Gは2013年に747SPで初試験された[8]。 PW1524G型の試験は2010年10月に始まった[9]

PW1500Gは2013年2月20日にカナダ交通局の型式証明を取得した[10]

PW1100G-JMは2014年12月19日FAAの型式証明を取得した[11][12]

2014年9月25日、最初の飛行テストがエアバスA320neoに搭載されて行われた[13]

2015年11月11日、PW1200Gを搭載した日本による国産初のジェット旅客機MRJが、愛知県にある名古屋飛行場(小牧空港)にて初飛行成功した[14]三菱航空機MRJA320neoと共に全日空ANA)など国内大手航空会社からも確定受注を得ており、2016年2月現在で、アメリカ合衆国を含めた世界各国の航空会社から通算で確定受注233機、オプション発注170機分、購入権24機分など合計427機の受注を獲得している[15]

2015年12月9日、エアバスはA320neo 1号機の引き渡し先を急きょ当初のカタール航空からルフトハンザドイツ航空に変更した。理由は飛行後にエンジンを停止させた後、非対称冷却に起因するローターの曲りや熱反りが起こったことによる運用制限(エンジン始動後に3分間のアイドル運転が必要条件となりかつタキシングもできない)である。原因は軸部の両端の温度差が、ローターを支持するシャフト材料の異なる熱変形につながり、ローター軸の曲げにつながったためで、その結果湾曲したロータと軸受軸の重心の間で偏りが生じて、わずかな不均衡を引き起こしたこと、潜在的にロータブレードの先端部と圧縮機の壁との間の緊密なクリアランスが減少したことによるものである。そのためその後生産されたエンジンすべてでハードウェア、ソフトウェア双方の変更が行われており、シャフトを強化するのに役立つ第三及び第四のシャフトベアリングにダンパーが追加され、ソフトウェアもアップデートされている。また運用および加速試験のデータにより、徐々にエンジン始動時間を短縮することが期待されており、プラットアンドホイットニーの社長であるボブ・ルダックによれば初期のエンジンはエンジンを停止してから始動するまでの350秒ほどかかるが2016年6月には200秒となり、12月には150秒となるとしている[16][17]

2016年1月20日、PW1100Gを搭載した最初の機体がデリバリーされた。

2016年5月9日プラット・アンド・ホイットニーは、PW1400G-JMエンジンについてアメリカ連邦航空局(FAA)からの型式証明を取得したと発表した[18]

2016年5月18日プラット・アンド・ホイットニーは、PW1500Gエンジンについて欧州航空安全機関(EASA)からの型式証明を取得したと発表した[19]

搭載機[編集]

使用諸元[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボファン
  • 全長: 3,800ミリメートル (150 in)[20]
  • 直径: 1,422–2,057ミリメートル (56.0–81.0in)
  • 乾燥重量:

構成要素

  • 圧縮機: 軸流式,ファン:単段, 低圧:2-3段, 高圧:8段
  • 燃焼器: アニュラ型燃焼器
  • タービン: 軸流式, 高圧:2段, 低圧:3段

性能

出典: MTU[21]Pratt&Whitney,[22][23] flightglobal.com,[24][25] Airbus,[26] airinsight.com,[27]


PW1000 シリーズ
型式 ファン直径 バイパス比 静止推力 燃料消費 騒音 (St.4) CO2 (t/ac/yr) NO ( CAEP 6に対する余裕) 構成 搭載機 運行開始
PW1124G
PW1127G
PW1133G
81 in (2.06 m) 12:1 24,000–35,000lbf (110–160kN)[20][28] -15% -20 dB -3.600 -55% 1GF-3LPC-8HPC-2HPT-3LPT A320neo 2015年10月
PW1215G
PW1217G
56 in (1.42 m) 9:1 15,000–17,000lbf (67–76kN) -12% -15 dB -2,700 -50% 1GF-2LPC-8HPC-2HPT-3LPT MRJ 2014[20]
PW1428G
PW1431G
81 in (2.06 m) 12:1 28,000–31,000lbf (120–140kN) -15% -20 dB -3.600 -55% 1GF-3LPC-8HPC-2HPT-3LPT イルクート MS-21 2016
PW1519G
PW1521G
PW1524G
73 in (1.85 m) 12:1 19,000–24,000lbf (85–110kN) -14% -20 dB -3,000 -55% 1GF-3LPC-8HPC-2HPT-3LPT Cシリーズ 2013
PW1700G 56 in (1.42 m) 9:1 15,000 lbf (67 kN) -12% -15 dB -2.700 -50% 1GF-2LPC-8HPC-2HPT-3LPT E-Jets E2 2018
PW1900G 73 in (1.85 m) 12:1 19,000–22,000lbf (85–98kN) -15% -20 dB -3.000 -55% 1GF-3LPC-8HPC-2HPT-3LPT E-Jets E2 2018

関連項目[編集]

関係する型式[編集]

類似[編集]

一覧[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ Pratt & Whitney's surprise leap.
  2. ^ Pratt & Whitney's next leap in engine technology
  3. ^ The Short Life and Untimely Demise of the PW8000
  4. ^ P&W readies for CSeries "third knob" engine testing”. 2011年2月27日閲覧。
  5. ^ P&W launches geared turbofan plane engine”. The Gazette (2008年7月14日). 2008年7月14日閲覧。
  6. ^ a b Garvey, William. Pratt Gears Up for PW1000G Aviation Week. Accessed: 9 January 2011.
  7. ^ Airbus-owned A340 flies P&W geared turbofan engine
  8. ^ IN FOCUS: Pratt completes first flight of PW1100G engine
  9. ^ Pratt & Whitney geared PW1524G testing underway”. 2010年10月31日閲覧。
  10. ^ News - Media Centre. Bombardier. Retrieved on 2013-12-09.
  11. ^ FAA Certifies PurePower® Engine for A320neo Aircraft
  12. ^ エアバス社「A320neo」に搭載される民間航空エンジン「PW1100G-JM」の型式承認を取得
  13. ^ A320neo Completes First Flight
  14. ^ “待望のMRJ初飛行 その実力は?”. ニュースイッチ (日刊工業新聞). (2015年11月13日). http://newswitch.jp/p/2645 2016年3月19日閲覧。 
  15. ^ “MRJ、リース会社と20機で初の基本合意 - JALの確定発注から1年1カ月”. マイナビニュース. (2016年2月16日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/16/342/ 2016年3月19日閲覧。 
  16. ^ New P&W President Has ‘Nothing To Hide' On GTF Starting Issue
  17. ^ Pratt Engine Issues Prompt Airbus A320neo Launch Operator Change
  18. ^ P&W、MC-21向けPW1400G-JMエンジンでFAAから型式証明を取得
  19. ^ CS100搭載のPW1500Gエンジン、EASAから型式証明を取得
  20. ^ a b c d PurePower Engine Family Specs Chart
  21. ^ PW1000G - MTU Aero Engines. Mtu.de. Retrieved on 2013-12-09.
  22. ^ PurePower PW1000G Engine
  23. ^ PurePower PW1700G & PW1900G Engines
  24. ^ P&W seals deal to begin design on GTF for Russia's MS-21
  25. ^ Airbus set to launch A320 NEO
  26. ^ Airbus offers new fuel saving engine options for A320 rFamily
  27. ^ Embraer Launches E-Jet RE: Assessing the Impact
  28. ^ Pratt & Whitney Unveils Higher Thrust PurePower® Engine
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. ISBN 0-7509-4479-X. 

外部リンク[編集]