プラット・アンド・ホイットニー R-2800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R-2800-21

R-2800(通称:ダブルワスプエンジン)は、アメリカプラット・アンド・ホイットニーによって開発・製造された空冷星型複列18気筒の航空用エンジン第二次世界大戦期において、F4UコルセアP-47サンダーボルト、グラマンF6Fヘルキャットなどのアメリカの主力戦闘機やダグラスA-26インベーダーなどの爆撃機に採用され大いに活躍した。

主要諸元[編集]

R-2800-8[編集]

  • タイプ:空冷星型18気筒
  • ボア×ストローク:146 mm×152.4 mm
  • 排気量:45.9 L
  • 全長:2,241 mm
  • 直径:1,321 mm
  • 乾燥重量:1,000 kg
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー2段2速
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 離昇馬力:2,000 hp/2,700 rpm
  • 高度馬力 
    • 1,675 hp/2,550 rpm(高度1,676 m)
    • 1,550 hp/2,550 rpm(高度6,705 m)

ワスプシリーズ[編集]

  • R-1340 ワスプ
  • R-985 ワスプ・ジュニア
  • R-1535 ツインワスプ・ジュニア
  • R-1830 ツインワスプ
  • R-4360 ワスプ・メジャー

関連項目[編集]