ボーイング747-SP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーイング747 > ボーイング747-SP

ボーイング747-SP

イラン航空のボーイング747-SP(成田国際空港)

イラン航空のボーイング747-SP
成田国際空港

ボーイング747-SPBoeing 747-SP)は、アメリカボーイング社が開発した大型旅客機ボーイング747の派生モデルの一つ。胴体を大幅に短縮して重量を減らし、さらにを改修することで航続距離性能を向上した。これにより座席数は犠牲となったが、世界初の東京-ニューヨーク間の無着陸直行便に就航する。なお「SP」は「Special Performance」の略。

概要[編集]

開発の経緯[編集]

1970年に就航したボーイング747は、そのキャパシティは他に追随するものがなく旅客航空の新しい時代を切り開いたが、日本とアメリカを結ぶドル箱路線である東京ニューヨークを無着陸で結ぶほどの航続距離性能はなく、パンアメリカン航空日本航空ノースウエスト航空など同路線に就航していた各航空会社は、ボーイング747やマクドネル・ダグラス DC-10などで、アンカレッジサンフランシスコ経由で飛行することを余儀なくされていた[1]

日本航空のボーイング747

これを受けて、ボーイング747のローンチカスタマーでもあるパンアメリカン航空のファン・トリップ元会長が、ボーイングやロッキード、マクドネル・ダグラスなどのアメリカの大手航空機製造会社に、東京-ニューヨーク無着陸直行便の就航を目的とした機材の開発の依頼を行った[1]

この依頼に応えてマクドネル・ダグラスは、DC-10の航続距離延長型を開発することを明言し、これに対抗してボーイングのジョー・サッターが、標準型の-100型/-200型を短胴化して重量を低減することにより、航続距離の増大をはかったモデル「ボーイング747-SB(Short Body=短胴型)」を開発することとなった[1]

ボーイングが航空会社にヒアリングを行った結果、パンアメリカン航空以外からも発注が得られる手ごたえをつかんだことで1973年に開発がスタートした。ローンチ・カスタマーはパンアメリカン航空で、同年の9月10日に発注した(同社は最終的に11機発注した)。その後開発が進められ、1975年5月19日にロールアウトし、同年7月4日に初飛行した[2]

就航[編集]

パンアメリカン航空のボーイング747-SP
大韓航空のボーイング747-SP
南アフリカ航空のボーイング747-SP

1976年3月5日にパンアメリカン航空向けの1号機「Clipper Freedom(N531PA)」が納入され、4月25日に世界で初めての、東京-ニューヨーク間の無着陸直行便に就航した。この無着陸直行便の就航により、アンカレッジ経由での運航を行っていた日本航空ノースウエスト航空のライバル2社は大打撃を被った。

しかし、既にボーイング747-100や-200を導入していた日本航空とノースウエスト航空は、機体の短縮により座席数が276席(エコノミークラスファーストクラスの2クラスの標準仕様)と標準型に比べ大幅に減ったことから収益率が悪化することを嫌い、-SPを発注することはなかった。

だが、同じくボーイング747-100や-200を導入していたトランス・ワールド航空ブラニフ航空アルゼンチン航空大韓航空イラン航空などは、超長距離路線を運航するために-SPも購入した他、チャイナエアライン南アフリカ航空中国民航エル・アル航空も、様々な政治的状況により超長距離路線を運航せざるを得ないために、早期に-SPの導入を決めた。

また、ボーイング747-100や-200では需要に対し座席数が多過ぎると判断した上、コンビ型を導入するほど貨物搭載量も見込めないシリア航空モーリシャス航空なども導入した。

1985年には、当時のマラウイの独裁者ヘイスティングズ・カムズ・バンダのイギリス訪問の目的だけのために南アフリカ航空より同機が短期リースされ、マラウイ航空の塗装に塗り替えられて大統領専用機として利用された。

世界最速記録[編集]

また、パンアメリカン航空のボーイング747-SPが、1976年5月1日から3日にかけて、ニューヨーク-ニューデリー-東京-ニューヨークの世界一周飛行を行い、46時間46秒の世界最速記録を作った。

生産停止[編集]

しかし、1980年代半ばに日本航空がニューヨーク直行便専用に発注したボーイング747-200Bの高性能型(パワーアップしたエンジンの搭載と燃料タンクの追加により最大離陸重量を引き上げたモデル)が出現し、風向きによっては搭載量を減らさなければいけないもののなんとか東京-ニューヨーク間の無着陸直行便が可能になったことで受注が減少した上に、さらに航続距離が長く2人乗務が可能なボーイング747-400の開発を開始したことにより、1989年に正式に生産中止となった[3]
ボーイング747の主な分類(製造中止分)では、日本の航空会社からの発注[4]が一機もなかった型式である。

イラン航空は2011年まで、747SPを日本への定期便で運航していた。

中古機市場での人気[編集]

生産は中止されたものの、ボーイング747-100/-200/-300程のキャパシティを必要としない超長距離路線の運航機材を必要としたナミビア航空アメリカン航空ルクスエアなど多数の航空会社が中古機として導入した他、バーレーンオマーンカザフスタンなどが政府専用機として中古機を導入した。

機体の特徴[編集]

アルゼンチン航空のボーイング747-SP

最大航続距離が12,325kmとボーイング747-100や-200と比べ格段に長く、1989年にボーイング747-400が出現するまでは、世界の旅客機の中で最大の航続距離を誇った[5]

全長が56.31mと他のボーイング747の各モデルに比べて重量軽減のために大幅に短縮されており、併せて短胴化によるモーメントアーム減少への対策から、垂直水平尾翼とも翼端を各1.5mずつ延長しているために、外観が他のボーイング747シリーズや他の旅客機に比べて大幅に異なる。また、フラップは在来型とは違いシングルスロッテッドで下翼面のフラップトラックがない。

なお、胴体を短縮したが2階席を短縮しなかったことが副次的に機体にエリアルールにより則する形状をもたらし、最高運用速度がマッハ0.92(1095 km/h)、最高巡航速度マッハ0.88(990 km/h)に向上した。ボーイング社自身もこの予想外の効果に驚き、ボーイング747-300などのSUD(「Stretched Upper Deck」2階部分延長型)開発へとつながっていった[1]

機体データ[編集]

概要[編集]

シリア・アラブ航空のボーイング747-SP

性能[編集]

  • 最高運用速度: 1095 km/h
  • 巡航速度: 990 km/h
  • 航続距離:: 12,325 km

主なカスタマー[編集]

航空会社[編集]

ユナイテッド航空のボーイング747-SP
カンタス航空のボーイング747-SP
イラク戦争後にバグダード国際空港に放置されたイラク航空のボーイング747-SP
バーレーン政府のボーイング747-SP

政府専用機[編集]

機体の小型化、そしてそのために航続距離が長くなったことを生かし、産油国をはじめ多くの政府が政府専用機として使用している。

その他[編集]

NASAのSOFIA

旅客用途以外では、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の遠赤外線天文学成層圏天文台Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy、略称SOFIA)のベース機材としても用いられている。

事故[編集]

破損したチャイナエアライン006便

2013年2月現在、事故で損失した機体はない。

重大インシデントとして、1985年2月18日に、台北の中正国際空港(現在の台湾桃園国際空港)から、アメリカ合衆国ロサンゼルス国際空港へ向かうチャイナエアラインのCI006便が、エンジントラブルがきっかけで自動操縦中に失速し、サンフランシスコ沖300マイルの太平洋上できりもみ状になって毎分15,000フィートの降下率で海面に向けて垂直降下した。

降下の過程で機体構造は最大5Gの負荷にさらされ、機体は空中で転覆したかのような姿勢となった。その結果尾翼近くの水平安定板は飛散し、APUも脱落するなど空中分解する寸前のダメージを受けていた上、重傷2名、軽傷50名を出したが、運航乗務員が操縦を立て直し、墜落を免れてサンフランシスコ国際空港に緊急着陸した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『747ジャンボを作った男』ジョー・サッター/ジェイ・スペンサー著 日経BP社 2008年
  2. ^ Boeing 747 Classics
  3. ^ 生産は合計45機、最終号機は1989年12月9日アブダビ政府に納入された
  4. ^ 1980年代前半には、日本政府の政府専用機の候補として検討されたこともあった。
  5. ^ Boeing 747 Classics

外部リンク[編集]