MTUエアロ・エンジンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MTU エアロ・エンジンズ
MTU Aero Engines
MTU Aero Engines Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 FWBMTX
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ・ミュンヘン
設立 1934年
業種 航空宇宙、防衛
代表者 Egon Behle (CEO兼取締役会長), Klaus Eberhardt (社長兼監査役)
売上高 €27億700万ユーロ (2010)[1]
外部リンク http://www.mtu.de/
テンプレートを表示

MTU エアロ・エンジンズ (MTU Aero Engines)は、ドイツの製造会社。航空用エンジンや産業用ガスタービンの開発・製造・販売・アフターサービスを軍用/民間用航空機に対して行う。本社がミュンヘンにあり、以前からMTU ミュンヘン(MTU München)として知られる。MTUはモトーレン・ウント・トゥルビーネン・ウニオン(Motoren- und Turbinen-Union)の略称である。

会社の起源としては、初期の航空機用発動機メーカーであるマイバッハにまで遡るが、MTUのブランド自体は1960年代末にダイムラー・ベンツMAN社の航空機エンジン事業部門の合弁事業として誕生した。1985年にダイムラー・ベンツはMAN社の保有する50%の株式を買い取り、MTUを自社の航空宇宙産業部門であるDASA(Deutsche Aerospace Aktiengesellschaft)の一部門とする。2000年にはDASAは他の航空・防衛関連のヨーロッパの企業と合併してEADSになったが、MTUはダイムラー・クライスラーの一部門として留まった。2003年、MTUは投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却され、2年後にフランクフルト証券取引所に上場した[2]

会社はバンクーバーコネチカット州のニューウィントン、ジェシュフ珠海市など、世界中の多くの拠点で事業を展開する。

製品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Annual Report 2010”. MTU Aero Engines. 2011年4月17日閲覧。
  2. ^ KKR ACQUIRES MTU FROM DAIMLERCHRYSLER AG, KOHLBERG KRAVIS ROBERTS & CO. Press released 2003-11-21.
  3. ^ A320neo型機用エンジンPW1100G-JMの開発について - 公益財団法人 航空機国際共同開発促進基金ホームページ 技術資料提供 航空機等に関する解説概要 平成26年度 26-4

外部リンク[編集]