エシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エシティスウェーデン語: Essity AB)は、スウェーデンストックホルムに本社を置き、世界約150か国で、パーソナルケア用品の製造・販売を行う多国籍企業グループ[1]日本ではユニ・チャームとの合弁により「TENA(テーナ)」のブランド名で事業を展開している。ストックホルム証券取引所上場企業(OMXESSITY AOMXESSITY B)。

2017年6月15日、パルプ・製紙会社のスベンスカ・セルローサ(SCA)のパーソナルケア用品部門がIPOを認められ設立された[2]。販売ブランドとしては「TENA」「Tork」「Leukoplast」「Libero」「Libresse」「Lotus」「Nosotras」「Saba」「Tempo」「Vinda」「Zewa」など多数を持つ[1]

エシティの前史は、パルプ・製紙会社のSCAが1975年ヨーテボリに拠点を持つパーソナルケア用品大手のメンリッケ(Mölnlycke)を買収(1997年に売却、現在のメンリッケヘルスケア)したことに始まる。SCAはその後、1995年ドイツバイエルン州に拠点を持つPapierwerke Waldhof-Aschaffenburg(PWA)を買収、2004年アメリカ合衆国テネシー州International Paperからティッシュペーパー・パーソナルケア用品部門を買収、2007年にはプロクター・アンド・ギャンブルから、ヨーロッパ地域のティッシュペーパー・タオル事業を買収した。また同年から中国のティッシュペーパー製造業者のVindaの株式取得を進め[3]、その後韓国や東南アジアでの事業をVindaに統合する形で事業の再編成を行い[4]、この過程でSCAはパーソナルケア用品の世界大手に成長していた。

日本では、ユニ・チャームとの合弁企業であるユニ・チャームメンリッケ株式会社が1997年に設立され、「TENA(テーナ)」のブランド名で排泄ケア用品の事業を行っている。同社は東京(元赤坂)に拠点を持つ[5]。TENAは1970年代以降、SCAの尿失禁用品のブランドとなり、メンリッケのブランドとされた一時期を経て、現在はエシティの尿失禁分野のブランドと位置づけられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Essity at a glance” (英語). エシティ. 2017年6月27日閲覧。
  2. ^ SCA begins transition to new name — Essity” (英語). Glens Falls Post-Star (2017年6月20日). 2017年6月27日閲覧。
  3. ^ SCA to acquire holding in Vinda” (英語). Vinda (2007年3月30日). 2017年6月28日閲覧。
  4. ^ SCA Divests Its Business in South East Asia, Taiwan and South Korea for Integration with Vinda” (英語). ビジネスワイヤ (2015年10月28日). 2017年6月28日閲覧。
  5. ^ 企業情報”. ユニ・チャーム メンリッケ株式会社. 2017年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]