ヘイリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘイリオン
Haleon plc
種類 株式会社
市場情報 LSEHLN
NYSEHLN
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
KT13 0NY
The Heights Building 5, 1st Floor, Weybridge, サリー
設立 2022年7月18日 (18か月前) (2022-07-18)
業種 ヘルスケア
代表者 Brian McNamara(CEO
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ヘイリオン: Haleon plc)は、イギリスサリーWeybridgeに本拠を置く、コンシューマー医薬品メーカー。グラクソ・スミスクラインのコンシューマー・ヘルスケア事業のスピンオフにより、2022年7月に設立された[1]ロンドン証券取引所ニューヨーク証券取引所上場企業(LSEHLNNYSEHLN)。

沿革[編集]

2018年12月、グラクソ・スミスクライン(GSK)はファイザーとの合弁事業に合意し、両社のコンシューマー向けブランド(ニコレット[注釈 1]エキセドリン[注釈 2]CentrumCaltrateなど)が単一の事業体のもとに保有されることとなった。合弁事業の株式はGSKが約3分の2、ファイザーが約3分の1を保有することとなったが、3年を目途に株式上場させ、GSKは医療用の医薬品およびワクチンの製造に集中することになった[2]。新会社の設立および株式上場は2022年7月18日に完了[1]、会長にはテスコの前CEOのDave Lewis[3]、CEOはGSK出身のBrian McNamaraが着任した。

ヘイリオンの保有ブランドは、ポリデント、シュミテクト、バイオティーン、アクアフレッシュなどの、オーラルケアブランドが最大の割合を占めている[4]

日本法人[編集]

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社
GlaxoSmithKline Consumer Healthcare Japan K.K.
日本法人の本社が所在する赤坂インターシティAIR(同ビルにはGSKの日本におけるグループ会社の本社も入居している)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 GSK CHJ
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
業種 製薬
法人番号 3011001103259
事業内容 一般用医薬品、トイレタリー製品の研究開発、輸入、製造、販売
代表者 野上 麻理(代表取締役社長)
外部リンク https://www.haleon.jp/
テンプレートを表示

ヘイリオンの日本法人はグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社GlaxoSmithKline Consumer Healthcare Japan K.K.、以下GSK CHJ社)である。本社は分離前の親会社であったグラクソ・スミスクライン株式会社と同じである(2017年10月にGSKグループ日本法人の本社移転に合わせ、当社も本社が移転された[5])。

2015年3月に、グラクソ・スミスクライン株式会社のコンシューマーヘルスケア事業とノバルティスファーマのOTC事業を統合し、両社による合弁会社として設立した。設立当初は従来通り、グラクソ・スミスクライン株式会社とノバルティス ファーマ株式会社がそれぞれ販売を担当[6]。その後、2016年からはグラクソ・スミスクライン株式会社から継承した製品が順次、GSK CHJ社へ移行。また、ノバルティスファーマ株式会社が取り扱っていたOTC医薬品も5月30日をもって製造販売承認をGSK CHJ社が承継したことで、OTC医薬品のGSK CHJ社への承継・統合を完了した[7]

また、2021年4月30日をもって鼻孔拡張テープの「ブリーズライト」の当社での販売を終了し、5月1日付で佐藤製薬へ継承された[8]

2022年7月のヘイリオンの発足に伴って、GSK CHJ社はヘイリオンの日本法人へ移行された。当面の間は社名変更は行われず、製品における「GSK」ロゴも維持され[9]、一部を除く製品のパッケージの裏面などに記載されている「©(西暦)[注釈 3] GSKグループ」の表記もそのままである。

なお、あまり社名を前面に出さず、商品名だけで宣伝し、提供クレジットやCMでテロップを出す程度である。

ブランド[編集]

日本国内においてはGSK CHJ社が扱うブランドがそのまま維持され、オーラルケアブランドでは引き続きアース製薬が発売元となっている。保有ブランドは以下のとおりである。

キャラクター[編集]

コンタックのCMに登場するキャラクター名は、「Mr.コンタック」。薬のカプセルの姿をしており、1996年からCMに登場し、ビリヤードスキーオルガンなどユーモアあふれる独特のキャラクターとして人気が高く、「赤と白のつぶつぶ〜入ってるからやないの」のフレーズが有名である。笑福亭笑瓶が主に声を担当[注釈 4]。2022年2月から放映された「新コンタック鼻炎Z」で初めて2Dアニメーション化された[10]

歴代CM出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本ではJNTLコンシューマーヘルスが製造し、アリナミン製薬が販売
  2. ^ 日本ではライオンが製造販売
  3. ^ 西暦は製品の発売時又は改変時の年を指す
  4. ^ 声を担当する笑瓶が大阪府出身であるためか、「Mr.コンタック」は関西弁で喋ることもある。

出典[編集]

  1. ^ a b Completion of the demerger and admission of shares in Haleon” (PDF) (英語). Haleon plc (2022年7月18日). 2022年8月27日閲覧。
  2. ^ GSK Pfizer merger: Pharma giants are combining their consumer healthcare businesses” (英語). CNN (2018年12月19日). 2022年8月27日閲覧。
  3. ^ GSK picks ex-Tesco chief Lewis to chair consumer healthcare arm -source” (英語). ロイター (2021年12月20日). 2022年8月27日閲覧。
  4. ^ Our Brands” (英語). Haleon plc. 2022年8月27日閲覧。
  5. ^ GSKグループ、本社移転のお知らせ』(プレスリリース)2017年8月28日http://jp.gsk.com/jp/media/press-releases/2017/20170828_press-release/2017年12月4日閲覧 
  6. ^ グラクソ・スミスクライン株式会社とノバルティス ファーマ株式会社によるコンシューマーヘルスケア合弁事業設立について』(プレスリリース)2015年3月3日http://jp.gsk.com/jp/consumers/news/2015/2015-03-03-01/2016年6月2日閲覧 
  7. ^ 「製造販売承認」承継完了のご案内』(プレスリリース)ノバルティス ファーマ株式会社、2016年5月30日。 オリジナルの2016年10月31日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20161031081144/http://www.novartis.co.jp/integration_otc.html2023年5月24日閲覧 
  8. ^ 鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」販売提携のお知らせ』(プレスリリース)佐藤製薬株式会社、2021年3月21日https://www.sato-seiyaku.co.jp/newsrelease/2021/210322/2022年7月9日閲覧 
  9. ^ Haleon 「Deliver better everyday health with humanity」(もっと健康に、ずっと寄りそって)のパーパスを掲げて発足』(PDF)(プレスリリース)グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社、2022年7月19日https://www.haleon.jp/content/dam/cf-consumer-healthcare/bp-haleon/ja_JP/documents/news/press-release/Corporaet%20Web_%E3%80%90%E6%9C%80%E7%B5%82%E3%80%91Haleon%E7%99%BA%E8%B6%B3_Press%20release_07192022.pdf2023年5月19日閲覧 
  10. ^ ~花粉シーズンがいよいよ到来~「新コンタック鼻炎Z」新TVCMがスタート ミスターコンタックが初の2Dアニメーションで登場! 2022年2月14日(月)より全国でオンエア開始』(プレスリリース)グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(PR TIMES)、2022年2月8日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000031922.html2023年5月20日閲覧 
  11. ^ “「サインはV」鬼コーチ、中山仁さん死去…77歳、肺腺がん”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年11月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/12/kiji/20191112s00041000032000c.html 2019年11月12日閲覧。 
  12. ^ “笑福亭笑瓶さん死去”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年2月22日). https://hochi.news/articles/20230222-OHT1T51065.html 2023年2月22日閲覧。 

外部リンク[編集]