ハノーバー再保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
企業ロゴ
ハノーファーの本社

ハノーバー再保険ドイツ語: Hannover Rück SE英語: Hannover Re)は、損害保険や生命保険などの再保険サービスを提供する多国籍企業。ドイツハノーファーに本拠を置き、世界約20カ国に拠点を持つ。日本法人はハノーバー・リー・サービセス株式会社フランクフルト証券取引所上場企業(FWBHNR1)。

沿革[編集]

1966年6月、Aktiengesellschaft für Transport und Rückversicherung(ATR)の社名にてボッフムで設立、1970年にハノーファーにオフィスを移転、1976年にハノーファーを冠した社名へと変更した[1]。当初は海上再保険事業でスタートしたが、すぐに国際的な再保険事業へと拡大を開始し、英米でのシェア拡大を目指し1979年ロンドンロサンゼルスに拠点を開設、1981年南アフリカ共和国Hollandia Groupを買収しのちに併合した[1]1994年11月、フランクフルト証券取引所に株式を上場した[1]1996年ケルンを拠点とし提携企業であったEisen und Stahl Rückversicherungs-AGと組織改編を行い、同社の国際事業をハノーバー再保険へと統合の上、国内事業はE+S Rückversicherung AGへと改編・統合し、ハノーバー再保険が同社の株式の過半数を保有する形となった[1]。また同年、保険持株会社のタランクス(Talanx AG)が設立され、以後、同社がハノーバー再保険の株式の過半数を保有する形態となっている[2]2013年欧州会社(SE)となった[1]。ハノーバー再保険の最大の市場は北米であり、全体の約3割を占める一方、ドイツ国内の事業は1割前後の割合となっている[2]

1994年、米国における自然災害の頻発に対応し、世界最初のキャットボンド(カタストロフィーボンド)を発行、また1998年に生命再保険のキャットボンドを世界で最初に発行した[3]。日本では2012年全国共済農業協同組合連合会が、日本全域における地震リスクを証券化するための再保険契約を締結した[4]

日本法人「ハノーバー・リー・サービセス株式会社」は、2000年に設立され、東京(二番町)にオフィスを持つ[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e History” (英語). Hannover Rück SE. 2018年1月16日閲覧。
  2. ^ a b Company Presentation” (英語). Hannover Rück SE (2018年1月). 2018年1月16日閲覧。
  3. ^ 大規模災害の増加と拡大する保険リンク証券 (PDF)”. 野村総合研究所 (2014年11月). 2018年1月16日閲覧。
  4. ^ 日本全域における地震リスクを証券化 キャットボンド(Kibou Ltd. 額面3億ドル)を発行”. 全国共済農業協同組合連合会(JA共済) (2012年2月15日). 2018年1月16日閲覧。
  5. ^ Hannover Re in Japan - Life & Health” (英語). Hannover Rück SE. 2018年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]