ABNアムロ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エー・ビー・エヌ・アムロ・グループ
ABN AMRO Group NV
ABN AMRO1.jpg
ABNアムロ銀行の本店
種類 株式会社
市場情報 EuronextABN
略称 ABNアムロ
本社所在地 オランダの旗 オランダ
北ホラント州アムステルダム
設立 1991年
業種 銀行業
事業内容 リテール・バンキング事業
ホールセール・バンキング事業
アセット・マネジメント事業
リース事業
不動産事業
売上高 228億86百万ユーロ
従業員数 110,000人(2007年現在)
決算期 12月31日
テンプレートを表示

ABNアムロ銀行 (えーびーえぬアムロぎんこう) は、オランダアムステルダムに本拠を置く大手投資銀行。リーマン・ショック後の一時国有化を経て、現在は持株会社のABNアムロ・グループの傘下に位置づけられている。同グループは2015年11月、ユーロネクスト・アムステルダム市場(EuronextABN )に株式公開を行った[1]

概要[編集]

1964年に発足したABNは、1980年4月にNeuflize Schlumberger Mallet の大半を買収した。この銀行は200家族であるヌフリーズとマレがつくった。双方とも1889年インドシナ銀行のコルレスバンクとなった。

ABNは1991年9月22日、欧州共同体市場での競争力を確保するためアムロ銀行と合併を果した。このアムロ銀行は1975年にBank Mees & Hope を買収していた。この銀行は、オランダ東インド会社の経営に参加したホープ商会の後継である。ホープ商会は19世紀に専ら米露の鉄道へ投資をしていた。元々貿易商社であったが、20世紀に投資業へ軸足を移した。 ホープ商会はベアリングス銀行その他ドイツの個人銀行らとベスマンバンク のコンソーシアムに参加していた。ベスマンバンクはロスチャイルドをライバルとした1748年創業の御用銀行家であり、マリア・テレジアピウス6世 (ローマ教皇)アレクサンドル1世などを顧客とした。

ABNアムロは1996年にN・M・ロスチャイルド&サンズと、1998年にメロン銀行ペンシルベニア支店と、事業提携した。2002年にDelbrück & Co. を、2003年にベスマンバンクを買収した。ベスマンバンクは子会社ながら拡大を遂げて、2013年12月にクレディ・スイスのドイツプライベート・バンキング部門を買収した。

2007年10月、ABNアムロはロイヤルバンク・オブ・スコットランドサンタンデールフォルティスの3行連合に買収された。2008年4月に上場廃止。同年秋のリーマン・ショックでフォルティスがオランダベルギールクセンブルク各政府の救済措置を受けた際、オランダ政府はフォルティスからABNアムロを含むオランダ事業を取得した。2010年、ABNアムロはフォルティス系のフォルティス・バンク・ネーデルランドと合併した。

2015年に上場したABNアムロであるがしかし、翌年に公開されたパナマ文書の情報は経済紙フィナンシエル・ダハブラット紙とトラウ紙をして顧客の租税回避を幇助していると主張させた[2]ブルームバーグによると、2015年第4四半期には相当の減益を記録していた。2016年11月現在、ダハブラット紙によるとABNアムロは2つの子会社が保有している合計43億ユーロの国債に課税されて1.42億ユーロの追徴課税を受けている[3]。目下、ブロックチェーンに活路を見出そうとしている。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]