VTB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JSC VTB Bank
企業形態 公開
取引所 RTSVTBR
LSEVTBR
MICEX: VTBR
業種 銀行
設立 1990
本部 モスクワ
代表者等 Andrei L. Kostin (Chairman)
製品 金融機関
売上高 増加 US$5.9 billion (2010)
増加 US$2.0 billion (2010)
資産総額 増加 US$153.6 billion (2010)
従業員数 41,992
ウェブサイト www.vtb.com

VTB銀行: ОАО "Банк ВТБ"、旧称外国貿易銀行)はロシアの銀行。

概要[編集]

国際陸連パートナーのひとつ。現在は世界19カ国に展開。

前身はVneshtorgbank。1925年に北欧商業銀行を買収、フランス支店とする。この銀行は資本金が全てソ連によっており、経営も自己資金だけで行われた。1950年、社会主義陣営はその資産をすべて、北欧商業銀行とen:Moscow Narodny Bank Limitedロンドン支店に避難させた。2行は食糧買いつけのため、1963年から2年、約500トンの金を放出した。ドルショックのときは外貨を借り入れてしのいだが、1978年から1982年にかけて不作にみまわれ、再び金を売りに売った。この結果、ダイヤモンド・貴金属・石油の価格が下落した。[1]

Vneshtorgbank はいつからかソ連外国貿易銀行となった。

1988年にソ連対外経済関係銀行となってからも、引き続き北欧商業銀行を子会社とした。他の子会社には①ロンドンのモスクワ・ナロードヌイ銀行[2]、②フランクフルトの東西銀行、③ウィーンのドナウ銀行、④ルクセンブルクの東西統合銀行[3]などがある。現在の①②③はVTB の子会社である。④はVTB がかろうじて株式の過半数を保有している。

ソ連対外経済関係銀行は一般にロシア開発銀行と呼ばれている。2005-2006年に資本金を倍増、二割超の増収を達成した。銀行法や独禁法に服さない国策会社であったが、2007年に国会で開発銀行法が成立して法的根拠を得た。

2014年ウクライナ騒乱の後、アメリカ人への新規融資を禁じた。アメリカ合衆国財務省は7月に報復として制裁措置に出た。英米はロシアを国際銀行間通信協会から追い出そうとし、ロシア側はスウィフトネットの代替システムを作ると公言、啖呵を切った。しかし協会が脱退措置に難色を示すなどして、現在この件は沙汰やみとなっている。

ソ連対外経済関係銀行[編集]

1988年の定款に「輸出入、および非商業活動その他から生じるソ連の国際決済を組織し実施する」「ソ連の対外取引に必要な信用供与を行い(中略)ソ連通過、および外貨での資金調達を行う」とある。ソ連の国際決済については邦訳が出ている。しかし技術的詳細を述べた各章が省略され、ついにソ連崩壊まで訳出されなかった。他の定款条項としては次のようなものがある。「国際市場において、金銀プラチナその他の貴金属、自然貴石、または貴金属や貴石から作られる物品を売買する。また貴金属を口座/預金として預かり、国際銀行業務の慣例に従いこれらの貴重品に関するほかの業務を行う」「ソ連の領土内の団体および個人に対し、外貨建て支払書類ならびに他の外国為替に相当する貴重品を売買する」手前の条項には国際証券集中保管機関としての性質が認められる。また、ペレストロイカにおける外貨の利用と配分を取り仕切る旨が次のように書かれている。「ソ連の経済的、社会的発展のための国家計画、合同の信用供与計画、ソ連の銀行間における資金の分配および信用の配分に関する計画、合同の外国為替計画の作成、およびせいひんの輸出入りょうの決定に参加する。また、外国為替による収益や、銀行業部関連支出に関する提案書を作成する」「外国為替計画、関係省庁による外国為替の収益および支払に関する目標数値の達成、さらにソ連の外国通貨資源の正当かつ合理的利用に対する決定権を有する。また外国為替計画の実施状態、および外国為替目標数値達成に関する報告書を一定の書式に基づき提出する」また、ジョイント・ベンチャーの設立に関する業務が規定されており、同行は中東/中米のオイルマネーと結びついてグローバルに事業を展開した。その歴史的典型がアーマンド・ハマーである。ベクテルとも提携して技術を吸収した。

主要子会社[編集]

  • VTBキャピタル
  • VTB24

脚注[編集]

  1. ^ ジャン・ボミエ著 黒木壽時編訳 『地球の支配者 銀行』 東洋経済新報社 1984年 第10章
  2. ^ ロシア連邦中央銀行も過去に主要株主であった。イギリスのマーチャント・バンクのように大口融資を得意とした。イギリスの銀行家だけでなくアムロ銀行などからも外国人を積極的に起用した。
  3. ^ East-West United Bank

関連項目[編集]

外部リンク[編集]