フォルクスワーゲングループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フォルクスワーゲングループとはドイツ自動車開発・製造・販売を行う企業グループ。その中心企業はフォルクスワーゲンで、傘下の企業群と合わせフォルクスワーゲングループと称される。

フォルクスワーゲンが国民車製造株式会社(Volkswagenwerk GmbH )から社名変更した1985年7月4日以降、フォルクスワーゲン工場(Volkswagenwerk)を想起させる以前の名前から、よりグローバル化した多様性を反映する名前とするため、特にドイツ語圏以外の市場においてフォルクスワーゲングループという呼び方がなされるようになっている。

概要[編集]

フォルクスワーゲングループはニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社をおき、グループ全体では自動車12ブランド、製造拠点は欧州の20か国、アジア太平洋、アフリカ、アメリカの11ヶ国に、120工場、従業員62万6,715名、一日あたり4万3000台を生産する。(2016年決算時)(ドイツ語社名の日本読みに関してはフォルクスワーゲン#概要を参照)

自動車部門と金融サービス部門の2部門で構成され、自動車部門では自動車およびエンジンの開発・製造・販売を行ない、乗用車、商用車(トラック、バスなど)が含まれる。金融サービス部門では、ディーラーおよび消費者向けに貸付およびリース業務、さらに銀行業務および保険業務を行なっている。また車両レンタル、運送業もここに属する。両部門では分野別に事業部(ビジネス・ライン)制で活動している。

2016年度におけるグループ全体の売上高は2170億ユーロ、営業利益は54億ユーロ、販売台数は1029万7000台。

グループ主要企業[編集]

リーダー[編集]

呼称について[編集]

フォルクスワーゲングループ[編集]

ブランドおよび下部組織としてのフォルクスワーゲンと区別するため、現在では会社自らがそう呼んでいる。ドイツ語での正式表記はフォルクスワーゲン・コンツェルン(Volkswagen-Konzern )。ドイツ語でフォルクスワーゲン・グルッペ(Volkswagen-Gruppe )と表記されることがあるが第三者による英語からの逆翻訳であり公式ではない。またVWはフォルクスワーゲン・ブランドを意味するため、フォルクスワーゲンAGが公式な場においてフォルクスワーゲングループを示す時はフルスペルで記される。

フォルクスワーゲン・アウディ・グループ[編集]

以前はフォルクスワーゲン・アウディ・グループVolkswagen Audi Group )と称されたことがあり、その頭文字をとってVAGとも呼ばれていた。ドイツ国外の販売系関連会社ではフォルクスワーゲン・アウディ(Volkswagen Audi )と併記しているところもある(下部関連会社参照)など海外も含め一般にはいまだ使われるが、過去の呼称である。

  • 英国でVAGは1980年にフォルクスワーゲンとアウディを輸入販売するために設立された会社の名でもあり、1983年にはフォルクスワーゲンAGが傘下としている。
    • 日本ではDUOが"VW&Audi from TOYOTA"として宣伝していた。
  • フォルクスワーゲングループにアウディが入っているということを強調する意味を込めて、意識的に使われることがある。

参考[編集]

  • 2005年度決算報告書
  • 2004年度決算報告書
  • 2005年-2006年サスティナビリティーレポート

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]