スウェドバンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スウェドバンク
Swedbank AB
Cirkusängen 6 September 2014 05.jpg
ストックホルム県・Sundbybergの本社
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic SWED
本社所在地  スウェーデン
105 34
Landsvägen 40, Sundbyberg
設立 1820年 (202年前) (1820)
業種 銀行
代表者 イェンス・ヘンリクソン(CEO
関係する人物 ヨーラン・ペーション(会長)
外部リンク コーポレートサイト(英語)(スウェーデン語)
テンプレートを表示

スウェドバンクスウェーデン語: Swedbank AB)は、スウェーデンバルト三国に店舗を展開する銀行。スウェーデン・ストックホルム都市圏のSundbybergに本社を置く。スウェーデンの主要銀行の一つである[1]ナスダック・ストックホルム上場企業(Nasdaq Nordic SWED)。

沿革[編集]

スウェドバンクのATMの標識

1820年ヨーテボリで設立されたスウェーデン最初の貯蓄銀行と、1915年にストックホルムで設立されたスウェーデン最初の農協銀行にルーツを持つ[2]。貯蓄銀行は1942年Sparbankernas Bankとなり、1992年に地域の金融機関を合併し名称をSparbanken Sverigeとした。農協銀行は1958年Jordbrukets Bankとなり、1991年に12の農業銀行を合併しFöreningsbankenkとなった[2]Föreningsbankenk1994年Sparbanken Sverige1995年に、株式上場企業となった[2]

1997年に両社は合併し、FöreningsSparbankenとなった[2]1991年エストニアで設立されバルト三国で事業を展開していたHansabankの株式取得を進め、2005年に同社の全株式を取得した[2]2001年にスウェーデンの大手銀行であるスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンとの合併交渉が行われたが、強大化を問題視する欧州委員会の介入により阻止された。

2006年9月、現在のスウェドバンクに改称、これに合わせてHansabankなどの子会社も順次、スウェドバンクのブランド名に改められた。2000年代後半の世界金融危機では、バルト三国地域の事業が悪化したため、スウェーデン政府から一時的に公的資金投入を受けた[3]

スウェーデンやバルト三国の店舗のほか、ニューヨーク上海に法人営業の支店を持つ。

不祥事[編集]

2019年2月、スウェーデンの公共放送SVTが、デンマークのダンスケ銀行が関与した資金洗浄の関連で、スウェドバンクのエストニア支店が、ダンスケ銀行宛てに2007年から2015年まで400億スウェーデンクローナ以上を送金していたことを報道した。SVTの調査内容が捜査当局に確認されたことから、翌3月にスウェドバンクのCEOは解雇され、会長は辞任し、スウェーデンとエストニアの規制当局から40億クローナの罰金が科せられた[4]

スポンサー[編集]

マルメに位置するスウェドバンク・スタディオンの命名権を保有している。

脚注[編集]

  1. ^ スウェーデン4大銀行、健全だがリスクもある”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年5月28日). 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e Our history in brief” (英語). スウェドバンク. 2016年10月16日閲覧。
  3. ^ Analys: Swedbank jagar vinst i gamla öststater” (スウェーデン語). Aktiespararna (2007年9月13日). 2016年10月16日閲覧。
  4. ^ BS世界のドキュメンタリー “汚い銀行”の闇-スウェーデン-”. 日本放送協会 (2020年12月1日). 2020年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]