フレゼニウス・メディカルケア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フレゼニウス・メディカルケア: Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA)は、ドイツヘッセン州のバート・ホンブルク・フォア・デア・ヘーエに本拠を置く、人工透析関連機器を中心とした医療機器の製造・販売を行う企業。フレゼニウスのグループ企業の一社であるが、単独でフランクフルト証券取引所FWBFME)とニューヨーク証券取引所NYSEFMS)に上場している。

1996年、フレゼニウスがアメリカのヘルスケア企業であったNational Medical Careを買収し、フレゼニウスの人工透析機器部門と合併・独立させることで誕生した。2011年にアメリカ・ワシントン州Liberty Dialysis Holdings買収を発表、2012年に完了した[1]2017年8月、アメリカ・マサチューセッツ州の医療機器メーカーNxStage Medical Inc.の買収を発表した[2]

フレゼニウス・メディカルケアの製品は、腎臓関連をはじめとする透析機器に集中しており、血液透析機や腹膜透析装置などを製造し、病院などの医療機関に販売している。最大の製造工場はアメリカ・ユタ州にあり、このほかドイツや日本などに大規模な工場を有している。

日本法人が東京(虎ノ門)にあり、福岡県豊前市に豊前工場を持つ。このほか、フレゼニウス・メディカルケアと川澄化学工業の合弁企業「フレゼニウス川澄株式会社」が大分県豊後大野市にある。

脚注[編集]

  1. ^ Fresenius Medical to Buy Liberty Dialysis for $1.7 Billion” (英語). ブルームバーグ (2011年8月2日). 2016年9月3日閲覧。
  2. ^ Fresenius Medical Care to buy NxStage for $2 bln” (英語). MarketWatch (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]