SGS (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SGS S.A.
SGS Logo.svg
種類 公開会社
市場情報 SIXSGSN
本社所在地 スイスの旗 スイス
1211
1 Place des Alpes, ジュネーヴ
設立 1878年 (143年前) (1878)
業種 その他ビジネスサービス
代表者 フランキー・ン(CEO
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

SGS: SGS S.A, Société Générale de Surveillance S.A.)は、スイスジュネーヴに本拠を置き、検査検証試験、および認証を行う企業。認証企業としては世界最大の規模を持つ[1]。世界100か国以上に1,800以上の事務所と研究所を持ち、各産業分野における検査や試験、公的機関により定められた規格の認証などを行っている。日本法人はSGSジャパン株式会社スイス証券取引所上場企業(SIXSGSN)。

沿革[編集]

1878年12月、フランスルーアンで、穀物の出荷検査所として、ラトビア系移民により設立された[2]。輸送途中における穀物の収縮や盗難を検品する目的で始められたが、事業が急速に伸び、1年でル・アーヴルマルセイユに拠点が設けられた[2]第一次世界大戦中の1915年7月、ジュネーブに本部を移転、1919年に社名をSociété Générale de Surveillanceとした[2]。20世紀半ばにSGSの取り扱う対象は、石油や自動車・消費財などの多様な産業分野へと拡大[2]1981年に上場企業となった。SGSの認証を受けた製品は、SGSの認証マークを付けることができる。

地域別の売上ではEMEAが全体の4割強、アジア太平洋地域が3割強、南北アメリカが2割強である[3]ベルギーの投資会社のグループ・ブリュッセル・ランバートが最大株主となっている[3]

日本法人[編集]

日本におけるSGSは、1922年「SGSファーイースト」として設立されたことに始まる[4]1987年「SGS ジャパン」として株式会社化された[4]。日本本社は横浜にあり、名古屋大阪に事業所を持つ。2020年12月、SGSジャパンは株式会社クオルテックとの合弁会社「SGSクオルテック株式会社」設立に関する株主間契約書を締結した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 【欧州】認証機関を上手に使うには (PDF)”. 日本貿易振興機構 (2012年9月). 2016年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d SGS - E- Story” (英語). www.swiss-ships.ch. SGS SA. 2016年9月6日閲覧。
  3. ^ a b 2019 Annual Report (PDF)” (英語). SGS S.A.. 2020年8月16日閲覧。
  4. ^ a b SGSジャパン - 日本のSGS”. SGS ジャパン. 2016年9月6日閲覧。
  5. ^ トータルソリューション営業販売に向け、SGSとクオルテックが合弁会社を設立”. SGS ジャパン (2021年1月7日). 2021年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]