インターテック (認証企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インターテック・グループ
Intertek Group plc
Intertek Logo.png
種類 公開会社
市場情報 LSEITRK
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
W1G 0PS
33 Cavendish Square, ロンドン
設立 1885年(135年前) (1885
業種 その他ビジネスサービス
代表者 アンドレ・ラクロワ(CEO
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

インターテック: Intertek Group plc)は、イギリスロンドンに本拠を置き、試験検査および認証を行う企業。認証企業として世界大手の一つ[1]。世界各地域に1000以上の事務所と研究所を持ち、各産業分野における検査や試験、公的機関により定められた規格の認証などを行っている。ロンドン証券取引所上場企業(LSEITRK)。

沿革[編集]

1885年、海事検定企業として、Caleb Brettにより設立された[2]1984年から1987年にかけて、1970年代以降認証企業を続々と買収していたイギリスのInchcape plcによって買収され、同社の一部門であるInchcape Testing Servicesとなっていたが、1996年、ロンドンの投資会社のCharterhouse Capital Partnersによるバイアウトを受け、以前のインターテックを冠した企業名に回帰した[2]Charterhouse Capital Partnersはのちに株式を放出し、2002年5月、Intertek Groupとしてロンドン証券取引所に上場、BPユニリーバフォルクスワーゲンなどを顧客に引き入れ、2009年FTSE100種総合株価指数の構成銘柄となった[2]2011年、イギリスの同業ムーディー・インターナショナル・グループ(Moody International Group)を買収した[3]

日本法人[編集]

インターテックの日本事業は、電気・電子部門、GTS(輸入国政府指定船積前検査)部門、ライフサイエンス部門、カーゴ部門、システム認証部門、工業検査部門から成る。

電気・電子部門は、トーマス・エジソンがアメリカで設立した電気安全試験所に由来するElectrical Testing Laboratoriesとスウェーデンの電気・電子製品認証企業のSEMKOの名称を冠し、2001年1月に設立されたETL SEMKO Japanの後身である[4]ETLSEMKOの両社は、本国ではインターテックのInchcape plc時代に買収されたが、ETL SEMKO Japan2007年に「インターテック ジャパン株式会社」へと社名変更を行い現在に至っている[4]。電気・電子部門を行うインターテック ジャパン株式会社は、東京(港区海岸)に事業所を持つ[4]

システム認証部門は、ムーディー・インターナショナルの日本法人であったムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション株式会社(1994年設立)の後身であり、インターテックによるムーディー・インターナショナルの買収後「インターテック・サーティフィケーション株式会社」へ社名変更が行われた[5]。同社は東京(日本橋堀留町)と大阪(淀川区)に事業所を持つ[5]。またGTS部門とカーゴ部門は「インターテック テスティング サーヴィセス ジャパン株式会社」の法人名、ライフサイエンス部門は「インターテック ヘルス サイエンシズ」の法人名、工業検査部門は「インターテック・インダストリー・サービス・ジャパン株式会社」の法人名となっており、インターテック・サーティフィケーション株式会社と同じ場所に事業所を持っている。

脚注[編集]

  1. ^ 【欧州】認証機関を上手に使うには (PDF)”. 日本貿易振興機構 (2012年9月). 2017年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c History” (英語). Intertek Group plc. 2017年10月1日閲覧。
  3. ^ 技術サービス大手のムーディ社を買収 インターテック社”. 共同通信 PRワイヤー (2011年3月7日). 2017年10月1日閲覧。
  4. ^ a b c 会社概要”. インターテック ジャパン株式会社. 2017年10月1日閲覧。
  5. ^ a b 会社概要”. インターテック・サーティフィケーション株式会社. 2017年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]