スベンスカ・セルローサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スベンスカ・セルローサ
Svenska Cellulosa AB
SCA company logo.svg
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic SCA A
Nasdaq Nordic SCA B
略称 SCA
本社所在地  スウェーデン
851 88
Skepparplatsen 1, スンツヴァル
設立 1929年(91年前) (1929
事業内容 パルプ・紙製品の製造
代表者 ウルフ・ラーション(CEO
外部リンク コーポレートサイト
テンプレートを表示

スベンスカ・セルローサスウェーデン語: Svenska Cellulosa Aktiebolaget、通称SCA)は、スウェーデン北東部・スンツヴァルに本社を置き、パルプなどの林産品や製品の製造を行う株式会社[1]ナスダック・ストックホルム上場企業(Nasdaq Nordic SCA ANasdaq Nordic SCA B)。

沿革[編集]

SCAは1929年11月、実業家のイーヴァル・クルーガーにより、スンツヴァルとKramforsに立地していた10の林業企業の持株会社として設立された[2]1932年にクルーガーによる経営が終わったのちは、大手銀行のスベンスカ・ハンデルスバンケンの資本下で運営された[2]1950年に株式を上場、以降1965年までAxel Gustaf Torbjörn Enströmによって運営され、最新鋭の機械を導入した工場の整備・拡張が行われたが、1960年代には林業の頭打ちが顕著となったため、パッケージ事業・段ボールの製造事業を中心に投資が行われた[2]

1975年ヨーテボリに拠点を持つパーソナルケア用品大手のメンリッケ(Mölnlycke)を買収(1997年に売却、現在のメンリッケヘルスケア)、この時期からSCAはパーソナルケア用品企業の買収を進め、設立当初からのパルプ・紙事業を継続する一方、パーソナルケア用品の世界大手としての側面も加えていた[2]

2017年6月15日、パーソナルケア用品部門がエシティの企業名でIPOを認められ分離[3]、SCAは、スンツヴァルを拠点に、スウェーデン北部の森林資源を活用する製紙・再生エネルギー企業へ変化している[1]

日本におけるSCA[編集]

日本では、スベンスカ・セルローサと日本の商社であるフェニックスコーポレーションの合弁企業として「SCA Japan株式会社」が、2014年4月、東京(芝大門)に設立されたが[4]2019年に同法人は閉鎖した。

パーソナルケア用品については、1970年代以降「TENA(テーナ)」のブランド名で排泄ケア用品の販売事業を行っていたが、本国でパーソナルケア用品部門がエシティとして分離したことに伴い、2017年6月からエシティとユニ・チャームの合弁による販売に移行した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Our businesses” (英語). スベンスカ・セルローサ. 2017年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c d History” (英語). スベンスカ・セルローサ. 2017年6月27日閲覧。
  3. ^ SCA begins transition to new name — Essity” (英語). Glens Falls Post-Star (2017年6月20日). 2017年6月27日閲覧。
  4. ^ SCA・フェニックス、合弁会社「SCAジャパン」設立”. Web業界紙 (2014年4月1日). 2020年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]