モンクレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンクレール
Moncler S.p.A
TrabusMoncler.jpg
種類 公開会社
市場情報 BITMONC
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
20144
Via Stendhal, 47, ミラノ
設立 1952年 (69年前) (1952)
事業内容 高級衣料品の企画・生産・販売
代表者 レモ・ルッフィーニ(CEO
外部リンク Moncler S.p.A
テンプレートを表示
女性用Vネックセーター ダウンジャケット上のロゴ
女性用Vネックセーター
ダウンジャケット上のロゴ

モンクレールMONCLER)は、ダウンジャケットなどを提供するフランス発祥のファッションブランドの一つである。現在はイタリアミラノに本社を置くMoncler S.p.Aが運営している。

概要[編集]

ダウンジャケットメーカーとして1952年、フランスのグルノーブル郊外「モネスティエ・ドゥ・クレルモン (Monestier-de-Clermont) 」で創業され、頭文字を取ってMon clerと名づけられた。

アルピニストの要望に応えるために研究を続け、1954年イタリア・カラコラム登頂隊、1955年フランス・マカル登頂隊、1964年アメリカ・アラスカ遠征隊などの装備に採用され、1968年グルノーブルオリンピックでフランス・ナショナルチームの公式ウェアに採用された。

2013年12月、株式上場企業となった[1]2020年12月、イタリアのスポーツ衣料ブランド「ストーンアイランド」の買収を発表した[2]

モンクレールのダウンジャケットは、AFNOR(フランス規格協会)から「4Flcorons(キャトル・フロコン)」が与えられており、グースの産毛を使用し、各部位ごとにあわせて1g単位で決められ、職人によって生産されていくため、大量生産ができない製品という特徴がある。また、品質や機能性のみでなく、ダウンジャケットでありながら身体のラインが綺麗に見えるデザインである。 近年ではポロシャツなど、ダウンジャケット以外の商品展開も見せている。

日本での販売[編集]

日本では2008年以降[3]八木通商との合弁会社の現地法人である株式会社モンクレールジャパン(Moncler Japan Corporation)が輸入、販売しており、直営店、大手百貨店セレクトショップ等で購入することができる。この流通経路のモンクレール製品には正規品であることを証明するカスタマーカードが付いている。並行輸入して販売しているショップも多くあるが、並行輸入品にはカスタマーカードは付いておらず、正規品である保証はない状態となる。

2005年木村拓哉がCMで着用して以来知名度が向上した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊モンクレール、上場初日に40%超上昇”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年12月17日). 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ 伊モンクレール、ストーンアイランドを1450億円で買収”. 日本経済新聞 (2020年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  3. ^ モンクレール、上半期は大幅な増益 八木通商との合弁契約も更新”. Fashion Network (2017年7月27日). 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ 芸能人に愛されるモンクレール”. エコスタイル (2016年3月11日). 2020年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]