SSE (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SSEの風力発電施設(スコットランド、パース・アンド・キンロス内)

SSEスコティッシュ・アンド・サザン・エナジー: SSE plcScottish and Southern Energy plc)は、イギリスアイルランドで、電力およびガス事業を行う持株会社スコットランドパースに本拠を置き、ロンドン証券取引所に上場している(LSESSE)。

SSEのルーツとなる2つの公営組織のうち1つは、1943年設立の北部スコットランド水力発電公社(North of Scotland Hydro-Electric Board[1]であり、同組織はスコットランドの電力事業を担当していた2つの公営組織(もう1つは南部スコットランド電力公社(South of Scotland Electricity Board[2])のうち、北部のハイランド地方を拠点に、水力発電を中心としだ電力事業を運営していた[3]。もう1つは1948年に設立されたSouthern Electricity Boardであり、同組織はCentral Electricity Generating Board(CEGB)の統括下で、イングランド南部・ポーツマスを拠点とする配電事業を担当していた。

1990年前後に行われたイギリスの電力事業民営化に伴いNorth of Scotland Hydro-Electric Boardは、1989年4月にNorth of Scotland Electricity plc.となり、同社は1991年6月にロンドン証券取引所に上場した。Southern Electricity Board1990年のCEGBの解体とともにSouthern Electric plc.となり、同年ロンドン証券取引所に上場した。1998年12月にNorth of Scotland Electricity plc.Southern Electric plc.は経営統合し、Scottish and Southern Energy plc.が誕生した。

2000年8月にウェールズ南部で配電・ガス供給事業を行うSwalec(South Wales Electricity) plcを買収[4]、続いて2004年5月に、アメリカ資本の独立系電気・ガス事業者であったAtlantic Electric & Gas Limited[5]2008年2月にアイルランドで風力発電事業を行うAirtricity Ltdを買収し、エネルギー事業の幅を拡大している[6]。SSEグループの発電事業としては、水力発電がスコットランドに集中しているほか、風力発電をアイルランドやスコットランドで展開、再生可能エネルギー事業者としてはイギリス最大となっている[7]。このほか天然ガスの貯蔵事業や、SSE Enterprise Telecomsのブランド名でブロードバンドを柱とする通信事業を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 有価証券報告書 (PDF)”. KPMG Audit Plc (2010年9月6日). 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ 現在のScottish Power Ltd.であり、スペインのイベルドローラ傘下で、グラスゴーなどスコットランド南部の電力事業を行っている。
  3. ^ Where We Came From” (英語). SSE. 2016年10月19日閲覧。
  4. ^ The sale of Swalec's supply business to Scottish and Southern Energy plc (PDF)” (英語). Ofgem (2000年8月18日). 2016年10月19日閲覧。
  5. ^ [https://www.ofgem.gov.uk/ofgem-publications/37721/mergersandaquisitions-18.pdf Scottish and Southern Energy’s acquisition of Atlantic Electric and Gas Ltd] (PDF)” (英語). Ofgem (2004年5月). 2016年10月19日閲覧。
  6. ^ Scottish & Southern in £1bn wind power deal” (英語). フィナンシャル・タイムズ (2008年1月5日). 2016年10月19日閲覧。
  7. ^ Interactive map” (英語). SSE. 2016年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]