テカングループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テカングループ
Tecan Group Ltd.
Logo Tecan.svg
種類 株式会社
市場情報 SIXTECN
本社所在地 スイスの旗 スイス
8708
Seestraße 103, メンネドルフ
設立 1980年 (41年前) (1980)
業種 医療機器医薬品
事業内容 ラボ向け診断機器・医薬品の開発・製造・販売
代表者 Achim von Leoprechting(CEO
外部リンク テカンジャパン
テンプレートを表示

テカングループ: Tecan Group Ltd.)は、ラボラトリーを顧客として臨床診断機器やバイオ医薬品などの開発・製造およびソリューションを提供するライフサイエンス企業。スイスチューリッヒ州メンネドルフに本拠を置き、世界50か国以上に販売網を有する。日本法人はテカンジャパン株式会社スイス証券取引所上場企業(SIXTECN)。

沿革[編集]

1980年チューリッヒ湖畔の小さな村であるホンブレヒティコンにてハインツ・アププラナルプ(Heinz Abplanalp)を中心に設立された[1]。社名はドイツ語のTechnische AnalysegeräteTechnical Analysis Equipment)の略から採られた[1]。創業当初は村に点在する納屋や倉庫を利用して液体分注技術・リキッドハンドリングの開発を行っていたが、1982年アメリカ合衆国に現地法人および製造拠点を開設、1986年シンガポールにオフィスを開設、1987年に株式公開企業になると共にアメリカのOEM企業Cavro Scientific Instruments, Inc.を買収、ロボット工学分野での事業強化が進められた[1]1992年に日本に進出、1999年にはアメリカのアボット・ラボラトリーズと戦略的パートナーシップを締結、2001年に本社をメンネドルフに移した[1]

2014年ドイツの診断機器メーカーのIBL International GmbH[2]2018年にアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置き次世代シーケンシング・ゲノムサンプル調製用試薬のキットメーカーであるNuGEN Technologies, Inc.をそれぞれ買収した[3]

グループの研究開発拠点はスイス・ドイツ・オーストリアおよびアメリカにある[4]。売上では北米とヨーロッパが各4割、アジア太平洋が2割弱となっている[4]

日本法人[編集]

日本法人のテカンジャパン株式会社(Tecan Japan Co., Ltd.)は、1992年東京都府中市で設立され、2005年以降は神奈川県川崎市(川崎テックセンター)にオフィスを持つ[5]。自動分注ロボットやマイクロプレートリーダーなど臨床検査ラボ向け医療機器の輸入・販売を行うと共に、体外診断用医療機器などへのOEM事業もあわせて行っている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d History” (英語). Tecan Group Ltd.. 2021年3月13日閲覧。
  2. ^ Tecan acquires IBL International to offer integrated solution for specialty diagnostics” (英語). GlobeNewswire (2014年7月30日). 2021年3月13日閲覧。
  3. ^ Tecan Acquires NuGen for $54.5M” (英語). genomeweb (2018年8月16日). 2021年3月13日閲覧。
  4. ^ a b Annual Report 2019 (PDF)” (英語). Tecan Group Ltd.. 2021年3月13日閲覧。
  5. ^ a b 新入社員自己紹介 テカンジャパン株式会社 (PDF)”. 日本試薬協会 (2019年6月). 2021年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]