サノフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サノフィ
Sanofi S.A.
Sanofi-2022.svg
Rue de la Boétie, 54-56.jpg
パリの本社
種類 公開会社
市場情報 EuronextSAN
NYSESNY
LSE0O59
FWBSNW
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ8区ボエシー通り (Rue La Boétie) 54番地
設立 2004年8月
業種 医薬品
事業内容 医薬品研究・開発・製造販売
代表者 en:Paul Hudson (CEO)
en:Serge Weinberg (Chairman)
売上高 連結:115.75 Billion Euro
(2020年)[1]
営業利益 連結:15.50 Billion Euro[1]
純利益 連結:12.35 Billion Euro[1]
総資産 連結:60.10 Billion Euro[1]
従業員数 99,412人
(2020年)[1]
決算期 12月末日
主要子会社 Sanofi Pasteur
外部リンク www.sanofi.com
テンプレートを表示

サノフィフランス語: Sanofi S.A.)は、フランスパリを本拠とする製薬バイオテクノロジー企業である。医薬品(処方箋医薬品)販売では世界有数の規模を持つ[2]ユーロネクスト・パリフランクフルト証券取引所ロンドン証券取引所ニューヨーク証券取引所に株式を上場しており(EuronextSANFWBSNWLSE0O59NYSESNY)、ユーロネクスト・パリではCAC 40の採用銘柄となっている。

スペシャルティケア(希少疾患、希少血液疾患、オンコロジー、免疫領域)、ワクチン、糖尿病および循環器疾患の各領域で医薬品の開発・提供に取り組む。2017年1月からコンシューマー・ヘルスケア事業のエスエス製薬が同じサノフィ・ジャパングループの一員に。2019年5月には米国バイオべラティブ社を統合し、希少血液疾患フランチャイズを立ち上げた。

2022年2月3日にコーポレートブランド並びにロゴが改定された[3]

沿革[編集]

設立まで[編集]

サノフィ・サンテラボ

1999年、サノフィ社とサンテラボ社の合併によってパリに設立された。サノフィ社はフランスのエネルギー大手、トタル社の子会社であり、サンテラボ社は同じく化粧品大手、ロレアル社の子会社であった。

アベンティス

1999年、フランスのローヌ・プーラン・ローラー(RPR)社と、ドイツヘキスト・マリオン・ルセル(HMR)社[注釈 1]との合併によって設立され、フランス東部のストラスブールを本拠としていた。ヘキスト・マリオン・ルセル社は、ヘキストグループの医薬品メーカーであり、1995年にヘキスト社とルーセル・ウラア社(Roussel Uclaf=フランス)、マリオン・メレル・ダウ社(Marion Merrell Dow=アメリカ合衆国ダウ・ケミカル元子会社でヘキストが買収)との合併によって誕生していた。

設立以降[編集]

現在のサノフィは2004年[注釈 2]、フランスの製薬会社大手、サノフィ・サンテラボ社が、同アベンティス社を吸収合併した結果として設立された。

2011年2月、ジェンザイムを買収の上吸収合併[4]

2018年1月、バイオベラティブ社[5]アブリンクス社買収を発表。

2018年3月、バイオベラティブ社の買収を完了

2020年1月、バイオ医薬品企業であるSynthorx社の買収を完了

2020年9月、Principia社の買収を完了

2021年1月、モノクローナル抗体を開発するバイオ医薬品企業であるKymabの買収を発表

主な疾患領域[編集]

主な疾患領域は、糖尿病・循環器領域、オンコロジー、免疫領域、MS、希少疾患、希少血液疾患、ワクチンである。

日本法人[編集]

サノフィ株式会社
Sanofi K.K.
Sanofi-2022.svg
Tokyo Opera City Tower.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-1488
東京都新宿区西新宿三丁目20番2号 東京オペラシティタワー 48階
設立 2006年1月1日
業種 医薬品
法人番号 7011101037279
事業内容 医薬品等の製造販売・輸入、研究開発
代表者 代表取締役社長 岩屋孝彦
資本金 5億円
売上高 1807億円
(2021年12月31日時点)[6]
営業利益 147億円
(2021年12月31日時点)[6]
経常利益 215億円
(2021年12月31日時点)[6]
純利益 153億円
(2021年12月31日時点)[6]
純資産 1148億円
(2021年12月31日時点)[6]
総資産 1769億円
(2021年12月31日時点)[6]
従業員数 1,824名(2021年5月1日現在)
決算期 12月31日
主要株主 サノフィ社(フランス)(Sanofi Biotechnology SAS) 100%
主要子会社 久光-サノフィ株式会社 51%
日医工サノフィ株式会社 51%
外部リンク www.sanofi.co.jp
テンプレートを表示

サノフィの日本法人は、サノフィ株式会社である。本社は、東京オペラシティタワー(東京・初台)に所在する。

沿革[編集]

  • 2006年1月1日:サノフィ・サンテラボ株式会社(2000年1月1日の日本サノフィ株式会社とサンテラボ薬品株式会社の統合会社)と、アベンティスファーマ株式会社(2000年7月1日のヘキスト・マリオン・ルセル株式会社とローヌ・プーランローラー株式会社の統合会社)との合併によって「サノフィ・アベンティス株式会社」が発足。
  • 2009年:アメリカで動物用医薬品事業を担うメリアル社がサノフィ・アベンティス社の100%子会社となり、日本でもメリアル社の日本法人であるメリアル・ジャパン株式会社がサノフィ・ジャパングループの一員となる。
  • 2012年10月1日:「サノフィ・アベンティス株式会社」から「サノフィ株式会社」に社名変更[7]
  • 2013年7月1日:ワクチンの製造を行っていたサノフィパスツール株式会社を吸収合併[8]
  • 2016年7月1日:ジェンザイム・ジャパン株式会社を吸収合併[9]
  • 2010年5月28日:日医工株式会社との合弁により、日本国内でのジェネリック医薬品事業を担う日医工サノフィ・アベンティス株式会社(後の日医工サノフィ株式会社)を設立[10]
  • 2012年7月2日:久光製薬株式会社と合弁で、一般向けアレルギー関連治療薬のマーケティング事業を担う久光-サノフィ株式会社を設立した[11]
  • 2017年1月:ドイツに本拠を置くベーリンガーインゲルハイム社との間でコンシューマーヘルスケア事業と動物薬事業の戦略的事業交換を実施したことにより、メリアル・ジャパン株式会社がベーリンガーインゲルハイムの日本における持株会社であるベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社の子会社となり、替わって、同社子会社で一般用医薬品事業を担っているエスエス製薬株式会社がサノフィ・ジャパングループの一員となる。
  • 2017年12月:エスエス製薬株式会社の本社がサノフィ株式会社の本社がある東京オペラシティタワーへ移転し、サノフィ・ジャパングループ内での本社機能が統合された。
  • 2019年5月:バイオベラティブ・ジャパン株式会社を統合。
  • 2021年12月31日:同日付で日医工サノフィ株式会社を解散(解散に先立ち、同社が保有していた製造販売承認を同年12月1日付で日医工株式会社へ移管)[12]

前身となった日本法人[編集]

アベンティスファーマ株式会社[13]
  • ヘキスト・マリオン・ルセル(株)と、ローヌ・プーランローラ(株)との合併によって設立 (2000年1月1日)[14]
  • 設立: 2000年平成12年)1月
  • 本社所在地: 東京都港区赤坂 2-17-51
  • 資本金: 125,000万円
  • 社員数: 2,768名(2003年4月1日現在)
  • 株主: アベンティス(フランス)
サノフィ・サンテラボ株式会社[15]
  • 日本サノフィ(株)と、サンテラボ薬品(株)との合併によって設立 (2000年1月1日)[14]
  • 設立: 1971年昭和46年)7月12日
  • 本社所在地: 東京都千代田区紀尾井町 3-23 文芸春秋新館
  • 資本金: 42,980万円
  • 株主: サノフィ・サンテラボS.A.(フランス)
  • 役員: Hanspeter Spek(会長)、Phillipe Fauchet(社長)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本では、ヘキストジャパン株式会社の医薬品部門、日本ルセル株式会社、森下ルセル株式会社及びマリオン・メレル・ダウが統合。
  2. ^ 2004年8月20日

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Annual Report 2019”. Sanofi. 2017年2月25日閲覧。
  2. ^ Keller, Greg (2008年9月10日). “Sanofi names Viehbacher as new CEO”. Associated Press (USA Today). https://usatoday30.usatoday.com/money/economy/2008-09-10-4035378426_x.htm 2010年7月20日閲覧。 
  3. ^ “サノフィ、新たなコーポレートブランドとロゴを発表‐創業以来の多様な事業を、新たな使命のもと、1つのアイデンティティで一体化‐” (プレスリリース), サノフィ株式会社(サノフィ発リリースの日本語訳版), (2022年2月4日), https://www.sanofi.co.jp/-/media/Project/One-Sanofi-Web/Websites/Asia-Pacific/Sanofi-JP/Home/press-releases/PDF/2022/220204_02.pdf?la=ja 2022年2月16日閲覧。 
  4. ^ 【仏サノフィ】米ジェンザイムを買収‐総額201億ドル(約1兆6800億円)”. 薬事日報 (2011年2月17日). 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 仏サノフィ、米バイオベラティブを買収へ-約1兆2900億円で”. ブルームバーグ (2018年1月22日). 2018年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c d e f サノフィ株式会社 第47期決算公告
  7. ^ 「サノフィ株式会社」に社名変更のお知らせ 2012年10月1日
  8. ^ サノフィパスツール株式会社の吸収合併に関するお知らせ - サノフィ株式会社 プレスリリース 2013年7月1日(2013年11月20日閲覧)
  9. ^ “サノフィ株式会社、ジェンザイム・ジャパン株式会社を吸収合併” (プレスリリース), サノフィ株式会社, (2016年7月1日), https://www.sanofi.co.jp/l/jp/ja/layout.jsp?cnt=C585CAC2-64D2-4BDC-9FA1-BE8B678765E3 2017年4月20日閲覧。 
  10. ^ “サノフィ・アベンティスグループ、ジェネリック医薬品リーディングカンパニーの日医工と日本におけるジェネリック医薬品事業の共同出資会社設立” (PDF) (プレスリリース), サノフィ・アベンティス株式会社, (2010年5月28日), https://www.sanofi.co.jp/l/jp/ja/download.jsp?file=FD9C49DC-FBDF-42F9-B472-07A96A6DF78C.pdf 2017年4月20日閲覧。 
  11. ^ “一般用医薬品事業(アレルギー関連治療薬)のマーケティングを目的とした合弁会社設立” (PDF) (プレスリリース), 久光製薬、サノフィ・アベンティス(2社連名), (2012年6月12日), https://www.sanofi.co.jp/l/jp/ja/download.jsp?file=0DEFC0A9-28A2-4E04-833C-BF7D7DE8EBC3.pdf 2017年4月20日閲覧。 
  12. ^ “JV契約等の見直しによる製造販売承認承継のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), サノフィ、日医工(2社連名), (2021年10月25日), https://www.sanofi.co.jp/-/media/Project/One-Sanofi-Web/Websites/Asia-Pacific/Sanofi-JP/Home/press-releases/PDF/2021/211025.pdf 2022年2月16日閲覧。 
  13. ^ アベンティスファーマ株式会社
  14. ^ a b サノフィ・アベンティスの歴史(日本国内) サノフィ・アベンティス株式会社、2010年7月20日閲覧
  15. ^ サノフィ・サンテラボ社、大正・サノフィ・サンテラボ製薬株式会社における大正製薬所有株式(49%)をすべて取得 2004年2月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]