アッヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アッヴィ: AbbVie Inc.)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ北郊のノース・シカゴに本社を置き、新薬の研究・開発・販売を行うバイオ医薬品企業。日本法人はアッヴィ合同会社AbbVie GK)。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSEABBV)。

沿革[編集]

2013年1月1日(デラウェア州法上では2012年4月10日[1])、米国の製薬会社、アボット・ラボラトリーズからの分社独立により設立された[2]。このスピンオフは2011年10月に発表され、エスタブリッシュ医薬品がアボット・ラボラトリーズで引き続き提供される一方、研究開発型医薬品事業(新薬事業)部門は新会社により継承されることとなった[3]。分社時点でアッヴィの資本・株式はアボット・ラボラトリーズから完全に独立し、以降両社の資本関係及びグループ会社としての関係は存在していない[1]

2015年3月、カリフォルニア州を拠点とするバイオ医薬品企業のPharmacyclicsを買収し子会社化することを発表[4]、続いて2016年4月、ガン医薬品のスタートアップ企業であるStemcentrxの買収を発表した[5]

世界70カ国以上にビジネス拠点を持ち、170カ国以上でアッヴィの医薬品が利用されている[6]

日本法人[編集]

アッヴィ合同会社
AbbVie GK
種類 合同会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-6302
東京都港区三田3-5-27
住友不動産三田ツインビル西館
設立 2012年平成24年)3月30日
業種 医薬品
事業内容 医療用医薬品の研究、開発、製造、輸入、販売
代表者 社長 ジェームス・フェリシアーノ
資本金 4億円
従業員数 1000名(2017年3月現在)
外部リンク http://www.abbvie.co.jp/
テンプレートを表示

日本法人「アッヴィ合同会社」は、米国本社に先行する形で2012年3月30日、アボット・ラボラトリーズの日本法人であるアボットジャパンより分社、新薬事業を承継し、同年9月1日事業を本格的に開始した。東京都港区住友不動産三田ツインビル西館にオフィスを持つ[7]

主要商品

脚注[編集]

  1. ^ a b 2016 Annual Report (PDF)” (英語). AbbVie Inc.. 2017年8月30日閲覧。
  2. ^ Abbott Completes Separation of Research-Based Pharmaceuticals Business” (英語). PR Newswire (2013年1月2日). 2017年8月30日閲覧。
  3. ^ Abbott Labs to Split Into 2 Companies” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2011年10月19日). 2017年8月30日閲覧。
  4. ^ AbbVie's $21B Pharmacyclics Buy A Red Flag For Deal-Crazy Sector” (英語). フォーブス (2015年3月5日). 2017年8月30日閲覧。
  5. ^ AbbVie Buying Cancer Drug Startup Stemcentrx for $10.2 Billion” (英語). フォーチュン (2016年4月28日). 2017年8月30日閲覧。
  6. ^ At A Glance” (英語). AbbVie Inc.. 2017年8月30日閲覧。
  7. ^ アッヴィ合同会社 会社案内 (PDF)”. アッヴィ合同会社. 2017年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]