エスエス製薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エスエス製薬株式会社
SSP Co., Ltd.
Tokyo Opera City Tower.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場(以下は過去のデータ)
東証1部 4537
2010年7月16日上場廃止
略称 エスエス
本社所在地 日本の旗 日本
163-1488
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
東京オペラシティタワー
設立 1765年創業 法人設立1927年10月29日
業種 医薬品
法人番号 8010001034749
事業内容 大衆向け医薬品化粧品他の製造販売
代表者 石橋利哉(代表取締役社長
資本金 101億72百万円
決算期 12月31日
主要株主 サノフィ
関係する人物 白井正助 (初代)
白井正助 (6代目)
泰道照山
外部リンク http://www.ssp.co.jp/
特記事項:2007年に決算期を3月末から12月末に変更。
テンプレートを表示
エスエス製薬成田工場

エスエス製薬株式会社(エスエスせいやく、英語:SSP Co., Ltd.)は、OTC(市販向け)医薬品の製造販売を専門とする、日本医薬品メーカーである。

かつては泰道グループの一員であると同時に三和グループ所属企業で設立されたみどり会のメンバーであった。2001年頃よりドイツの医薬品メーカーであるベーリンガーインゲルハイムの傘下に入り、2010年より同社の完全子会社(日本法人5社のうちの1社)となったが、2017年にベーリンガーインゲルハイムとフランスの医薬品メーカーであるサノフィとの間で実施された事業交換に伴い、サノフィ・グループの一員となった。

2015年に、前身である漢薬本舗「美濃屋薬房」から数えて、創業250周年を迎えた老舗企業である[1]

会社概要[編集]

歴史[編集]

  • エスエス製薬の前身は、明和2年(1765年)美濃国(現在の岐阜県)より出府した白井正助 (初代)が興した漢薬本舗「美濃屋薬房」である[3]
  • 店舗を江戸城辺河岸に創設したことから本格的な商いがはじまり、白井家に代々妙薬として伝わる「人参梅花香」「神功丸」「順喜消毒散」「保寿丹」などを販売していた[3]

沿革[編集]

  • 1765年 - 白井正助が現在の東京八重洲南口に漢薬本舗「美濃屋薬房」を創業。後に「瓢箪屋薬房」となる。
  • 1927年 - 株式会社に改組し、(株)瓢箪屋薬房を設立[4]
当時の主要商品のうち、神経系鎮痛薬「アネロン」、1934年に発売された胃腸薬「ユースゲン」・咳専用水薬「ブロン」は商品業態を変えながら現在も発売されているロングセラーブランドとなっている(現在、「アネロン」は乗り物酔い止め薬、「ユースゲン」は滋養強壮剤、「ブロン」は鎮咳去痰薬として発売)。
  • 1929年 - ボランタリーチェーン「瓢箪屋薬房エスエス」を設立。当時の「エスエス」とは、社会奉仕を意味する"Social Service"の略だった。
  • 1940年 - エスエス製薬株式会社に社名変更[4]
  • 1945年 - 空襲により、荏原工場が焼失。
  • 1951年 - 本社を銀座に移転[4]
  • 1952年 - 製品アイ・キャッチャーとしてウサギのマークを採用[4](ただし、社章は菱形に"SS"の字を配し、背後に長方形をあしらったものを1997年12月31日まで使用していた)。
  • 1958年
    • 2月 - 金融操作の誤りから経営不振に陥り、当時の社長だった白井正助 (6代目)が退陣[5]。これにより、江戸創業時代から続いた白井一族の手から離れる[4]
    • 11月 - 泰道照山が社長に就任[5]
  • 1963年 - 日本橋水天宮に本社を移転[4]栄養ドリンク剤「エスカップ」を発売、シンボルマークのうさぎの名前を一般公募し、「ピョンちゃん」となる。
  • 1965年 - 風邪薬エスタック」を発売、アンプル入りかぜ薬事件のため風邪薬「エスピレチン」が販売停止となる。
  • 1967年 - ビタミン剤エスファイト」を発売。
  • 1969年 - 東京証券取引所第二部に株式上場[4]。日本橋浜町に本社を新築・移転[4]。医薬品部を新設し、医療用医薬品事業に進出。
  • 1971年 - 東京証券取引所第一部に株式上場[4]
  • 1972年5月 - L-システイン製剤「ハイチオールC」発売。
  • 1982年7月 - ベーリンガーインゲルハイムとの業務提携により、薬用ハミガキ「ラカルト・ニュー5」を発売。
  • 1985年
    • 6月 - 当社初のスイッチOTC薬として、水虫薬「ソルジャー」を発売。
    • 12月 - 日本初の一般用イブプロフェン製剤「イブ」発売[4]
  • 1988年 - ベーリンガーインゲルハイムからの導入品として、日本初のいびき改善薬「アンスノール」を発売。
  • 1992年 - 日本初の一般用イブプロフェン配合かぜ薬「エスタックイブ」発売[4]
  • 1995年 - 当社の筆頭株主で、泰道グループの泰道三八が理事長を務めていたコスモ信用組合が経営難(経営破綻)になり、以前から取引関係にあったベーリンガーインゲルハイムと資本提携を進め、1996年に筆頭株主となる。
  • 1996年 - 一般用胃腸薬「ガストール細粒[4]。胃腸鎮痛鎮痙剤「ブスコパンMカプセル」を発売。
  • 1998年 - 新VIの導入[4]。ブランドマーク・社名ロゴ・社章・英語名表記を一新[4]
  • 1999年 - 薬事法の改正に伴い、「エスカップ」が医薬部外品(2009年6月より指定医薬部外品)に移行となり、コンビニエンスストアやスーパーなどへ販路を拡大。
  • 2001年 - 日本BIの当社持株比率が50%を超え、ベーリンガーインゲルハイムグループに入る。
  • 2003年 - 日本初、一般用睡眠改善薬「ドリエル」発売[4]。並びにインドメタシン3.75%含有鎮痛消炎剤「インサイドテープ」発売。
  • 2005年
    • 4月1日 - 医療用医薬品事業を久光製薬へ譲渡。一般用医薬品専門メーカーとなる。
    • 12月1日 - 社屋建て替えのため、本社を港区赤坂に仮移転(2008年4月4日まで)。
  • 2006年9月1日 - 富山工場を休眠会社であった子会社のエスエスプロモーションアンドコンサルタント・カンパニーへ吸収分割によって継承させ、シミック・エスエス・CMOに改称。同時に発行済株式の90%をシミック(現:シミックホールディングス)へ譲渡(その後、2010年4月1日に当社が保有していた残りの10%もシミックへ譲渡し、シミックの完全子会社となる。同年10月1日にシミックCMO富山への改称を経て、2013年10月1日にシミックCMOへ統合)。
  • 2007年
    • 5月23日 - 決算期(事業年度の末日)を3月31日から12月31日に変更。
    • 11月16日 - 大丸東京店内に百貨店では初の直営アンテナ型薬店「プルミエール」を開設。女性を対象にした保健薬やドリンク剤を中心に扱う。
    • 12月26日 - 日本で初めて、去痰成分アンブロキソール塩酸塩を配合した風邪薬「エスタックイブファイン」を発売。
  • 2008年4月7日 - 新社屋が完成し、本社を元の日本橋浜町に移転。
  • 2010年
    • 2月15日 - ベーリンガーインゲルハイム・ジャパン・インベストメント合同会社が株式公開買付けを開始。同年4月15日にTOBが成立し、合計93%の株式を保有する。
    • 7月16日 - 東京証券取引所の株式を上場廃止
    • 10月1日 - ベーリンガーインゲルハイム・ジャパン・インベストメント合同会社を吸収合併[6]
    • 11月19日 - BIニッポンインベスト合同会社を吸収合併[7]
  • 2011年
    • 4月1日 - 組織再編に伴い、ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社の子会社となる。
    • 10月25日 - 日本で初めてエピナスチン塩酸塩をスイッチOTC化したアレルギー専用鼻炎薬「アレジオン10」を発売。
  • 2013年
    • 6月3日 - 日本初となる西洋ハーブを配合した足のむくみを改善する内服薬「アンチスタックス」を発売。
    • 9月24日 - ダイドードリンコ株式会社及び、「エスカップ」シリーズの一部製品の製造委託先である大同薬品工業株式会社とのコラボレーションにより、当社で初となるダイドードリンコの自動販売機チャネル専売製品「エスカップ・V」を発売。
  • 2015年 - 創業250周年。
    • 12月1日 - 日本で初めて、エピナスチン塩酸塩を医療用と同量の20mgを配合したアレルギー専用鼻炎薬「アレジオン20」を発売。
  • 2017年
    • 1月1日 - ベーリンガーインゲルハイムの一般用医薬品事業とサノフィの動物用医薬品事業との事業交換に伴い、サノフィグループ入りする(これにより、サノフィの日本法人で、医療用医薬品を主事業とするサノフィ株式会社とはグループ会社の関係となる)。
    • 12月11日 - 本社を日本橋浜町からサノフィ株式会社の本社がある新宿区西新宿3丁目の「東京オペラシティタワー」内へ移転。

主な商品[編集]

エスカップ
ドリンク剤。現在発売されている製品は全て指定医薬部外品として発売されている(当初、医薬品として発売され、後に医薬部外品に移行された)。
  • エスカップ【指定医薬部外品】 - 当ブランドの基幹製品。発売当初は医薬品として発売されていた。なお、東日本大震災の影響で福島工場が操業を停止したため、急遽奈良県にある提携工場での生産を開始。これに伴い、2011年5月からボトル形状が変更となった[8]。また、2012年3月末までは売上の約5%を福島県を中心とした地域復興支援金として充てることになり、新ボトルのラベル正面下部に「福島を中心とする地域の復活・復興のため、売り上げの一部を寄付いたします。」と記されていた。2016年3月にパッケージリニューアルを行い、先行でパッケージリニューアルした「エスカップE」・「エスカップC1000」とデザインを統一するとともに、ボトルを形状変更して軽量化も行われた。
  • エスカップE【指定医薬部外品】 - ビタミンE酢酸エステルを配合したもの。2014年にパッケージデザインを変更している。
  • エスカップC1000【指定医薬部外品】 - ビタミンCを配合したもの。「エスカップE」同様、2014年にパッケージデザインを変更した。
ユースゲン
ミニドリンク剤。
  • ユースゲンキング【第2類医薬品】
イブ
イブプロフェンを主成分とした解熱鎮痛薬。
  • イブ【指定第2類医薬品】 - イブプロフェンのみの単味製剤。2012年9月にリスク区分を変更。
  • イブメルト【第2類医薬品】 - 2017年9月発売。「イブ」の口腔内崩壊錠タイプで、レモンライム味としたもの。
  • イブA錠【指定第2類医薬品】 - 1990年発売。イブプロフェンにアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合したもの。
  • イブA錠EX【指定第2類医薬品】 - 2014年10月発売。「イブA錠」の処方をベースに、イブプロフェンの配合量を200mg/2錠としたもの。
  • イブクイック頭痛薬【指定第2類医薬品】 - 2006年発売。「イブA錠」の処方に酸化マグネシウムを配合したもの。
  • イブクイック頭痛薬DX【指定医薬部外品】 - 2016年3月発売。「イブクイック頭痛薬」の処方をベースに、イブプロフェンの配合量を200mg/2錠としたもの。
ハイチオール
ビタミン剤。医療用は事業譲渡により、2005年4月から久光製薬で製造販売を行っている。ラインナップ等はハイチオールCを参照。
エスファイト
ビタミンB1B6B12主薬製剤。
  • エスファイトゴールド【第3類医薬品】 - ガンマ―オリザノール配合。
  • エスファイトゴールドDX【第3類医薬品】 - トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)とニコチン酸アミドを配合。
アレジオン
第2世代抗ヒスタミン成分のエピナスチン塩酸塩を配合したアレルギー専用鼻炎薬。
  • アレジオン10【第2類医薬品】 - エピナスチン塩酸塩を1錠あたり10mg配合。2015年10月にリスク区分を変更。
  • アレジオン20【第2類医薬品】 - エピナスチン塩酸塩を「アレジオン10」の2倍量となる1錠あたり20mgを配合。
アンチスタックス
OTC医薬品で日本初となる軽度の静脈還流障害(静脈の血流が滞ること、慢性静脈不全)による足のむくみやむくみに伴う諸症状(足のだるさ、重さ、疲れ、つっぱり感、痛み)を改善する内服薬で、赤ブドウ葉を原材料に、医薬品としての有効性・安全性・品質を確保した天然由来の赤ブドウ葉乾燥エキス混合物を有効成分として配合している。西洋ハーブを有効成分とした医薬品(西洋ハーブ医薬品)はこれまでヨーロッパを中心に海外で広く用いられていたが、日本国内においても2007年3月に西洋ハーブ医薬品の承認申請のルールが定められ、本品はその第1号の製品でもある。また、本品は新規有効成分が医療用医薬品の承認を経ずに一般用医薬品として直接承認されたダイレクトOTC医薬品である(ダイレクトOTC医薬品の例は少なく、本品が国内2例目となる)。2014年6月に区分を変更した。【要指導医薬品】
エスタック
風邪総合ブランド。かぜ薬や鼻炎用内服薬にとどまらず、コンビニ向けに滋養強壮剤やのど飴を発売している。また、医療用はサノフィ[9]が「ムコサール」の名称で製造販売をしている。
  • 新エスタック顆粒【指定第2類医薬品】 - 従来の「エスタック顆粒」がリニューアルされたもので、葛根湯桔梗を加えた葛根湯加桔梗エキスが配合された顆粒剤のかぜ薬。
  • 新エスタックゴールド錠【指定第2類医薬品】 - 「新エスタック顆粒」の錠剤にあたるかぜ薬で、有効成分・含有量は「新エスタック顆粒」と同じである。
  • 新エスタック「W」【指定第2類医薬品】 - 解熱鎮痛成分を2種類(アセトアミノフェン+サリチルアミド)としたカプセル剤の持続性型(1日2回服用型)かぜ薬。かつては錠剤タイプの「エスタック12」も併売されていた。
  • エスタック総合感冒【指定第2類医薬品】 - 錠剤のかぜ薬。コデイン系成分無配合。
  • エスタックイブ【指定第2類医薬品】 - イブプロフェン配合かぜ薬。錠剤のほか、顆粒剤の「エスタックイブ顆粒」もある。2009年9月にパッケージを「エスタックイブファイン」と同デザインに変更(製品区別の為、上部は白)。
  • 新エスタックイブエース【指定第2類医薬品】 - イブプロフェンにヨウ化イソプロパミド、2種類の鎮咳成分も配合したかぜ薬。錠剤・顆粒剤・カプセル剤の3タイプをそろえている。2009年9月にパッケージを「エスタックイブファイン」と同デザインに変更(製品区別の為、上部は銀)。
  • エスタックイブファイン【指定第2類医薬品】 - 2007年12月発売。鎮咳成分アンブロキソール塩酸塩とイブプロフェン、ヨウ化イソプロパミドを配合したかぜ薬。2008年7月には顆粒剤の「エスタックイブファイン顆粒」を追加発売。2011年12月にリスク区分が変更となった。
  • エスタックイブファインEX【指定第2類医薬品】 - 2015年9月発売。「エスタックイブファイン」をベースに、ビタミン類(アスコルビン酸(ビタミンC)・チアミン硝化物(ビタミンB1)に代わって、胃粘膜保護成分の酸化マグネシウムを配合した錠剤のかぜ薬。服用量は1回2錠としている。
  • エスタックイブNT【指定第2類医薬品】 - 2015年9月発売。鼻かぜ用のかぜ薬で、イブプロフェンにヨウ化イソプロパミドを配合したもの。
  • エスタックイブTT【指定第2類医薬品】 - 2017年8月発売。のどかぜ用のかぜ薬で、イブプロフェンにグリチルリチン酸を配合したもの。
  • エスタックイブFT【指定第2類医薬品】 - 2014年9月発売。熱かぜ用のかぜ薬で、イブプロフェンに2種類の生薬(ショウキョウ末、ケイヒ末)を配合したもの。
  • 薬用エスタックのど飴A(販売名:エスエスのど飴III)【指定医薬部外品】 - ドロップタイプの口腔咽喉用剤。青りんご風味。2009年9月に従来の「薬用エスタックのど飴」をリニューアル(製造販売元:高市製薬)。
  • 薬用エスタックのど飴EX(販売名:エスエスのど飴EX)【指定医薬部外品】 - 2008年9月発売。ドロップタイプの口腔咽喉用剤。金柑風味。2010年9月に既存の「薬用エスタックのど飴A」とパッケージデザインを統一(製造販売元:高市製薬)。
  • エスタック鼻炎カプセル12【指定第2類医薬品】 - 2009年12月発売。持続性の鼻炎用内服薬(製造販売元:佐藤薬品工業)。
  • エスタック鼻炎ソフトニスキャップ【第2類医薬品】 - 液状インカプセルタイプの鼻炎用内服薬。
  • エスタック滋養内服液VC500(販売名:エスタック滋養液VC)【指定医薬部外品】 - 2010年9月発売。滋養内服液。
  • エスタック滋養内服液GOLD(販売名:エスタック滋養液S-III)【指定医薬部外品】 - 滋養内服液。2009年10月に従来の「エスタックサーモ滋養液c」をリニューアル。
ブロン
鎮咳去痰薬。販売量は1人1個の個数制限がある。
  • エスエスブロン液L【第2類医薬品】 - デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物やグアイフェネシンなどが配合されたシロップ剤。コデイン系成分無配合。
  • エスエスブロン錠【指定第2類医薬品】 - ジヒドロコデインリン酸塩やdl-メチルエフェドリン塩酸塩などが配合された錠剤(白色糖衣錠)。
  • 新ブロン液エース【指定第2類医薬品】 - 「エスエスブロン液L」をベースに、鎮咳成分をデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物に代わって、ジヒドロコデインリン酸塩が配合されたシロップ剤。
  • 新エスエスブロン錠エース【指定第2類医薬品】 - 「エスエスブロン錠」をベースに、dl-メチルエフェドリン塩酸塩とクロルフェニラミンマレイン酸塩の配合量を増やし、無水カフェインに代わってL-カルボシステインが配合された錠剤。
  • 小児用エスエスブロン液エース【指定第2類医薬品】 - 「新ブロン液エース」をベースに配合量を減らした14才未満の小児用シロップ剤(ただし、コデイン系成分が配合されているため、12才未満の小児には医師の診療を優先させるようにする旨が記されている)。
スルーラック
便秘薬のブランド
  • スルーラックS【指定第2類医薬品】 - ビサコジルとセンノサイドカルシウムが配合された錠剤。2010年3月にパッケージリニューアルでスタンディングタイプとなり(なお、ハピコム向け仕様では従来どおり横型となる)、2013年4月に再びパッケージデザインをリニューアルした。
  • スルーラックデトファイバー【指定第2類医薬品】 - 2008年12月発売。4種類の植物由来成分が配合された顆粒剤。2009年10月に30包入りを追加。(製造販売元:パナケイア製薬
  • スルーラックデトファイバーM【指定第2類医薬品】 - 2010年6月発売。「スルーラックデトファイバー」のバリエーション品で、マンゴー風味としたもの。(製造販売元:パナケイア製薬)。
  • スルーラックデルジェンヌ【第3類医薬品】 - 2013年9月発売。酸化マグネシウムとヨクイニンエキスが配合された錠剤。
  • スルーラックプラス【指定第2類医薬品】 - 「スルーラックS」の処方をベースに、ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)を配合した錠剤。
ガストール
胃腸薬ブランド
  • ガストール錠【第2類医薬品】 - 1997年発売。錠剤タイプのM1ブロッカー胃腸薬(ピレンゼピン塩酸塩+制酸剤配合)。2010年6月にパッケージリニューアル。
  • ガストール細粒【第2類医薬品】 - 1996年発売。細粒タイプのM1ブロッカー胃腸薬。2010年6月にパッケージリニューアル。
  • ガストールアクティブ【第3類医薬品】 - 2014年9月発売。2種類の胃粘膜修復成分と3種類の健胃生薬を配合した顆粒タイプの胃腸薬。
ブスコパン
ブチルスコポラミン臭化物を配合した胃腸鎮痛鎮座薬
  • ブスコパンA錠【第2類医薬品】 - ブチルスコポラミン臭化物のみを配合した錠剤タイプ。
  • ブスコパンMカプセル【第2類医薬品】 - ブチルスコポラミン臭化物に制酸剤(メタケイ酸アルミン酸マグネシウム)を配合したカプセルタイプ。
ドリエル
OTC医薬品では初の睡眠改善薬。詳細記事を参照。
ラカルト
オーラルケアブランド
  • 薬用ラカルト・ニュー5【医薬部外品】 - 2009年4月にリニューアル。110g入りはスタンディングチューブに変更。
  • ラカルト薬用爽快【医薬部外品】
アネロン
乗り物酔い止め薬。
  • アネロン「ニスキャップ」【指定第2類医薬品】
  • アネロン「キャップ」【指定第2類医薬品】 - 子供用
インサイド
インドメタシンを配合した鎮痛消炎薬のブランド
  • インサイドハイパップP【第2類医薬品】 - インドメタシンを0.5%配合した鎮痛消炎パップ剤。冷感タイプ。

歴代テレビCM出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

但し、CM出演者の中には、他社メーカーの製品のCMに出演していた人もいる。

工場[編集]

提供番組[編集]

現在
過去

関連項目[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 250年のあゆみ
  2. ^ 2011年4月3日放送開始の『ホンネ日和』(CBC)での筆頭提供による提供読みで使われている。
  3. ^ a b c 江戸創業期漢薬本舗「美濃屋薬房」創業
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 会社沿革
  5. ^ a b 昭和20年代戦後の復興と事業拡大
  6. ^ 合併公告 (PDF) - エスエス製薬株式会社 電子公告 2010年8月18日(2010年9月2日閲覧)
  7. ^ 合併公告 (PDF) - エスエス製薬株式会社 電子公告
  8. ^ 「エスカップ」の生産再開について - エスエス製薬株式会社 お知らせ 2011年5月26日(2015年2月23日閲覧)
  9. ^ 以前は日本ベーリンガーインゲルハイムが製造販売を行ってきたが、製造販売承認の承継に伴い、2017年7月よりサノフィが製造販売を行っている

外部リンク[編集]