泰道照山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泰道 照山(たいどう しょうざん、1907年明治40年)1月2日 - 1984年昭和59年)2月20日)は、日本実業家。元エスエス製薬会長。旧名三八

宮本佳代子小泉純一郎(元総理大臣)の元妻。俳優の小泉孝太郎や政治家小泉進次郎は泰道の曾孫にあたる。

経歴[編集]

三重県出身[1]。勘吉の三男[1]

1919年大正8年)神戸鉄道教習所卒業[1]。港町運輸事務所、大東被服各勤務の後1930年昭和5年)独立営業[1]1942年(昭和17年)東京第十布帛工業を設立社長となり東京都布帛製品工業協組専務理事、泰東布帛製品卸商組合理事を歴任[1]

1958年(昭和33年)2月、エスエス製薬は金融操作の誤りから経営不振に陥り、これにより当時の社長の六代目・白井正助が退陣し、土手守吉が社長に就任[2]。江戸創業以来つづいた白井一族の手を離れることになり、11月には泰道が社長に就任した[2]1970年(昭和45年)12月、泰道が会長に就任した[3]

人物像[編集]

宮本佳代子は政治家の小泉純一郎と結婚。この結婚話に佳代子の父親的な存在であった泰道は反対していた[4]。 政治家の妻となることに不安を覚えていた佳代子は、小泉純一郎から「“何の心配もいらない”と言われ、その言葉を信じて嫁に行った[4]」と述べている。

宗教仏教[1]。趣味はゴルフ[1]

家族・親族[編集]

泰道家[編集]

三重県[1]千葉県市川市[1]
1927年(昭和2年)6月生[1] -
1938年(昭和13年)9月生[1] -
1940年(昭和15年)11月生[1] -
1945年(昭和20年)1月生[1] -
1950年(昭和25年)生[1] -
1953年(昭和28年)生[1] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)た六九
  2. ^ a b 昭和20年代(1945年~1954年)戦後の復興と事業拡大
  3. ^ 昭和40年代株式上場、信頼されるメーカーとして
  4. ^ a b 岩崎大輔 『ダークサイド・オブ・小泉純一郎:「異形の宰相」の蹉跌』176頁
  5. ^ 神一行 著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』243頁

関連項目[編集]