水前寺清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水前寺 清子
出生名 林田 民子
別名 チータ
生誕 (1945-10-09) 1945年10月9日(71歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県熊本市中央区
学歴 洗足学園中学校・高等学校卒業
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 歌手女優
担当楽器 歌唱
活動期間 1964年10月15日 -
レーベル 日本クラウン
(1964年 - 1980年、1989年 - )
RVC→BMGビクター
(1981年 - 1988年)
事務所 水清企画
公式サイト chita365.net

水前寺 清子(すいぜんじ きよこ、本名:林田 民子1945年10月9日 - )は、日本の女性演歌歌手女優

人物[編集]

熊本県熊本市中央区子飼商店街で生まれ、小学校まで同地で過ごす[1]熊本市立碩台小学校洗足学園中学校・高等学校卒業。愛称「チータ」はデビュー前からの物で、小柄であったため「いさいみちゃんの気持ちを忘れないように」と作詞家の星野哲郎が命名したものである[2]。動物のチーターとは直接の関係はないが、着物の柄などにチーターの意匠を用いることがある。芸名の水前寺は故郷・熊本市の水前寺成趣園から、清子は故郷・熊本の武将加藤清正から、それぞれ取ったもの。過去には長年にわたってサンミュージックプロダクションに所属していた。

見得を切りながらの歌唱は「ん-にゃっ!」という語尾ひねりによって物まねされることが多いが、本人の癖はそれほど強くない。しかし、自らの物まねを意識してあえてひねることもある。

15歳時に出場した「コロムビア歌謡コンクール」に出場し2位になる。そのときに星野哲郎が水前寺に声を掛けたことが後のデビューのきっかけになった。その後、歌謡コンクールを主催したコロムビアで11回もレコーディングをしたものの、レコードデビューすることはできなかった[3]。そこで、水前寺はクラウンレコードに移籍し、畠山みどりが歌う予定だった「袴を履いた渡り鳥」を畠山のキーのままで「涙を抱いた渡り鳥」とタイトルを変更した上で念願のデビューを果たした[4]

1970年からは民放ドラマ史上最高の視聴率56.3%を記録したTBSのドラマ「ありがとう」に主演し、山岡久乃演じる母と娘(水前寺)の日常生活、石坂浩二との恋を演じた。プロデューサー石井ふく子はこのドラマを構想以来、水前寺がTBSに歌の仕事に来るたびに局内の女子トイレで待ち構えて口説き、歌手しかやらないという水前寺をついに出演させた[5]。しかし水前寺が歌手活動に専念したいとの意向で第3シリーズをもって降板し、第4シリーズは主演が佐良直美に交代となった。

1994年にサントリーフーズよりC.C.レモンという清涼飲料水が発売になり、そのCMソング「C.C.レモン」(商品と同名タイトル)を歌ったことで話題になる。

ロアッソ熊本応援イメージソング 「HIKARI 〜輝く未来へ〜」を歌った縁から、J2・ロアッソ熊本のファンであることを自ら公言している。

NHK紅白歌合戦」には1965年(16回)から1986年(37回)まで22回連続出場していた。その内紅組の司会を4回務めたことがあり、1960年代後半 - 1980年代にかけて、紅組内ではムードメーカー的存在であることが多かったが、トリを飾ったのは1983年(第34回)のわずか1回だけである。しかしながら、全盛を極めていた時代の紅白の象徴的な歌手であり、様々なエピソードが残されている(詳細は後述)。

また、健康日本21推進ウオーキング実行委員長、社団法人日本ウオーキング協会理事の役職も務めており、本業よりもそうした方面での活動も多くなっている。

2011年6月14日に広島で行ったコンサートでステージ中央の階段から落ち、左ひざをはく離骨折する大けがを負った。当日はそのまま公演を続けたが、翌15日に病院で診察を受けたところ、左ひざの骨折だけでなく、じん帯損傷も判明。担当医には「治るまでかなりの時間がかかる。絶対安静」と言われたという。自身のブログでは「大丈夫です。何とかいつものように、あちこちと動けるように努力してま〜す。あまり心配しないでください」とつづっている。

これまでに制作した衣装や着物などを自宅内に全て保管しておりごみ屋敷状態になってると、2015年10月5日放送の『私の何がイケないの?』で紹介されて、捨てずに整理する方法を提案されてから総勢13名が作業にあたり綺麗に片付いた[6]

和田アキ子とは、1970年代に確執が囁かれ、水前寺が和田のレギュラー番組から出演オファーがあった際、「アコが嫌いだから出演しない」とそれを断り、それを聞き和田が涙をこぼしたと『女性自身』(1974年2月9日号)に報じられた。水前寺は2016年11月4日放送のフジテレビ『ダウンタウンなう』で、「週刊誌に(番組に)出てくれないんで、一晩中泣いたと書かれたんですよ。その時に、私はあの方が元気いいところを知ってましたんで、『泣くタマか!』と言ったのは覚えています。売られたケンカは買います。この事件は、(喧嘩を)売られたと思いましたから。私が全く知らないところでこういうことがあって、『一晩泣いた。どうしてくれるんですか?』って言われたんで。『泣くタマか』って言ったのは、今でも本当に申し訳なかったと思います。アッコちゃんは、本当に今はとってもよくしてくださるし、優しいです」と語った[7][8]

略歴[編集]

  • 前史…水前寺の父、林田壽は熊本市内で化粧品・洋品店を経営していたが、過大投資が祟って破綻し、一家は夜逃げ同然に「あさかぜ」で上京、歌のうまい民子に将来を託した。
  • 1964年10月15日 『涙を抱いた渡り鳥』でデビュー。
  • 1965年 NHK紅白歌合戦に初出場。以降、1986年まで22回連続出場。
  • 1968年三百六十五歩のマーチ』が100万枚の大ヒット。翌1969年3月開催の第41回選抜高等学校野球大会入場行進曲にも採用となる。
  • 1969年 『真実一路のマーチ』で第11回日本レコード大賞大衆賞受賞。
  • 1970年 ドラマ『ありがとう』(TBS) 主演
  • 1981年 『有明けの海』で古賀政男記念音楽大賞、日本作詩大賞に入賞。
  • 1989年 バックバンドのサックス奏者だった6歳下の小松明と結婚。2月28日、水前寺公園の中の出水神社で挙式。
  • 2000年 熊本市に老人ケアハウス「水清庵」を設立。また「水前寺清子一座」を旗揚げ、全国公演。
  • 2005年 期間限定再集結聖飢魔IIのミサにゲスト出演し、聖飢魔IIの演奏で『三百六十五歩のマーチ』をデーモン閣下と歌唱。
  • デビュー前、芸名は「東京マリ」にしようと自分で考えていた(もともとポップス歌手志望だった)が、演歌歌手としてデビューすることになり、恩師である星野哲郎やレコード会社ディレクターの提案によって芸名が「水前寺清子」になった。また、星野の葬儀では弔辞を読み上げた。

NHK紅白歌合戦でのエピソード[編集]

水前寺は1960年代半ば - 1980年代まで紅組トップバッター2回、紅組トリ1回、紅組司会4回、1981年よりチームリーダー制が敷かれてからは紅組リーダー4回(1983年は盟友である同期デビューの都はるみにその座を禅譲している)をそれぞれ務めた。

  • 1968年、第19回紅白で初の紅組司会を務める。冒頭の選手宣誓で「昭和43年」を「昭和33年」と言い間違えた。またこの頃は大抵、着流しやパンツルックなど、ボーイッシュな衣装でテレビに出ることが多かった彼女が芸者姿で司会をした。水前寺は「当日ドキドキで精神安定剤を飲んだらスーッと気持ちが落ち着いてきたから、『こりゃいいや』と思ってもう1錠飲んだらヘロヘロになっちゃって。選手宣誓の時、昭和43年を34年と言っちゃった」と話している。
  • 1971年、2回目の紅組司会を務めたが、紅組トリおよび大トリとなった美空ひばりの曲紹介を拒否したことで、後日謝罪の記者会見を行い波紋を呼んだ。翌1972年の紅組司会は佐良直美に変更となるも、その翌1973年は水前寺が同年3回目の紅白司会を務めている。
  • 1979年、4回目の司会を務めた紅白では、歌手としてよりも司会の方に重点を置く意思で司会に臨んだ。そのため、紅組出場歌手の意思を取りまとめるべく、特に初出場で緊張の極度にいる歌手に対しては激励の言葉をかけ続けたり、各歌手のいい部分を最大限すくい上げようと司会者面談をいつも以上に念入りに行うなど、努力を惜しまなかった。
  • 1982年の入場行進は、それまでの五十音順での行進という鉄則を破って、意表をつく組み合わせでの入場となった。この時に同期の都はるみと共に入場した相手は当時のトップアイドル、近藤真彦田原俊彦だった。
  • 1983年、「あさくさ物語」で出場19回目にして初の紅組トリを務める。しかしこの年、紅白の直前に、最大の理解者であった父親が死去。彼女のたった1回の紅組トリは、終始涙を浮かべての悲しみを押し殺してのステージとなった。紅組司会の黒柳徹子は「天国のお父ちゃん、聞こえますか?」と曲紹介時に述べた(黒柳の言葉を聞いた水前寺は父親に届いたと思ったという)。なお、水前寺は11月20日の時点で紅組トリ担当を知らされていたが、関係者や親族にもそのことを明かしてはならないとの注文がNHK側から付けられていたために、病床の父親にもその事実を告げることができなかったことが心残りとなっていると言い、この事実を父親に告げていれば、紅白本番の時まで父親は生きていてくれたのかもと思っていると話す[9]。そして同年から1985年まで設けられた個人賞「銀杯」を獲得している(優勝チームの個人賞は「金杯」で、白組の沢田研二が獲得)。
  • トリ担当は1回限りだが、出場した他の回でもトリの有力候補に挙がったことは幾度もあったとされる。紅組司会についても実際選出回以外でも有力候補に挙がった回があると言われる。
  • 佐良直美や森昌子が歌手兼司会で出演した回では、当人の歌手出番の代理曲紹介を行ったこともある。
  • 1987年、紅白改革の嵐に巻き込まれる形で、出場22回にして落選という挫折を味わう。その際、番組側から水前寺に対し、「辞退した」と公に発表することを許可されたが、「(落選という)結果を正面から受け入れようと思いました。辞退は逃げだと思います」とこれを拒み落選をそのまま公表した。1990年代に入り、紅白でも懐メロが本格的に解禁されて再出場の機会は幾度となくあるものの、落選後は1度も出場できていない。紅白が50回を迎えた時のインタビューでは「今ではテレビで見る立場になってしまいましたが、お声がかかったり時代の流れに乗ればいつでも出るし待ってます」とコメントしている[10]。ただし、紅白の事前番組(『思い出の紅白・感動の紅白』など)にはコロッケらとほぼ毎年出演している。また、2009年11月に読売テレビ制作・日本テレビ系列『情報ライブ ミヤネ屋』にゲスト出演した際、紅白に初出場を果たした歌手が記者会見で「親孝行になった」と発言する姿が印象的だと話し、紅白を「若い歌手に是非出てほしい番組」と推奨していた。
  • 自身のブログでは、「紅白はヒット曲が出ない限りは出場しない。今は半卒業状態」だと綴っていた。

その他のエピソード[編集]

  • TBSのドラマ「ありがとう」に出演を拒んだ理由として、「私は歌手であり、女優をやったら歌が売れなくなってしまうから」と本人が語っている。しかし、石井ふく子の熱心な説得により出演し、結果的に高視聴率を獲得し、シリーズ化されるほどの人気を博した。しかし、「その後、歌が売れなくなった」と、本人は自虐的に語っている。
  • 実母の介護経験から、熊本市に老人ケアハウス「水清庵」を設立した。切っ掛けは、仲の良かった母親が認知症を患って、最初に水前寺の名前を忘れてしまいショックだった事と語っており、その時の経験を生かせないかと思い、設立を決意したという。
  • 夫である6歳下の小松明は、現在、水前寺のマネージメントに専念しているという。子どもはいないが夫婦仲は良く、自分の仕事よりも水前寺のマネージメントに徹して平身低頭で売り込む姿から、『水前寺清』と業界内で形容されているという。皮肉にも、この事が知られることとなったのは、同じく夫がマネージメントに乗り出した小林幸子の独立騒動が切っ掛けであった。

ディスコグラフィー(シングル)[編集]

  1. 涙を抱いた渡り鳥(1964年10月)作詞:有田めぐむ[11]、作曲:いづみゆたか[12]
  2. 娘田原坂(1964年12月)
  3. 花の都の渡り鳥(1965年2月)
  4. 女黒田節(1965年5月)
  5. 娘ざかり(1965年7月)
  6. 女ごころの流し唄(1965年8月)
  7. 人生舞台(1965年10月)
  8. ゆさぶりどっこの唄(1965年11月)
  9. その一言を待ってます(1966年3月)
  10. 女三四郎(1966年4月)
  11. 俺は天下のご意見番(1966年5月)
  12. 人情一枚(1966年6月)
  13. いっぽんどっこの唄(1966年11月)(ミリオンセラー
  14. いのちしらずにゃ敵がない(1967年5月)
  15. どうどうどっこの唄(1967年8月)
  16. いつでも君は(1967年9月)
  17. みそこなっちゃいけないよ(1967年10月)
  18. おしてもだめならひいてみな(1968年1月)
  19. 男でよいしょ(1968年3月)
  20. 艶歌(1968年6月)
  21. 神様の恋人(1968年8月)
  22. ひとりでよいしょ(1968年9月)
  23. 三百六十五歩のマーチ (1968年11月)(ミリオンセラー
  24. 人生男節(1969年1月)
  25. 男じゃないか(1969年2月)
  26. にんげんどっこの唄(1969年5月)
  27. 敦賀とてもすきすき(1969年8月)
  28. 赤いトランク(1969年8月)
  29. 真実一路のマーチ(1969年10月)
    • 日本レコード大賞大衆賞受賞曲
  30. 東京でだめなら(1969年12月)
  31. 空手道(1970年3月)
  32. 1+1の音頭(1970年5月)
  33. ありがとうの歌(1970年5月)
  34. 三度笠だよ人生は(1970年7月)
  35. だめでもともと(1970年10月)
  36. 大勝負(1970年11月)(ミリオンセラー
  37. あゝ恋唄(1971年2月)
  38. ねんがら子守唄(1971年4月)
  39. ああ男なら男なら(1971年7月)
  40. 浪花太鼓(1971年9月)
  41. 青空浪人の唄(1971年10月)
  42. 苦労買います(1971年12月)
  43. おどんが国は(1971年12月)
  44. この手にとまれ(1972年2月)
  45. 柔の道(1972年3月)
  46. いつかは逢えるだろう(1972年9月)
  47. 大逆転のマーチ(1972年10月)
  48. 昭和放浪記(1972年10月)
  49. 指言葉の歌(1972年12月)
  50. かあさん(1973年6月)
  51. 大恋愛(1973年8月)
  52. 望郷の詩(1973年11月)
  53. どこかでありがとう(1974年1月)
    • テレビドラマ「ありがとう」第3シリーズエンディングテーマ
  54. ハナハナハナ(1974年4月)
  55. 人生ブルース(1974年5月)
  56. 幸せ正面だーれ(1974年7月)
  57. てっぺんまごころ(1974年8月)
  58. 花の散りぎわ(1974年10月)
  59. あたしのものよ(1974年12月)
  60. 大成功(1975年2月)
  61. みつばちマーヤの冒険 (1975年4月)
    • 「チータとみつばち合唱団」名義
  62. 同窓会(1975年6月)
  63. 君は青空を見たか(1975年8月)
  64. 浮草(1975年10月)
  65. 明日がござる(1975年11月)
  66. しあわせ橋(1976年3月)
  67. 鬼面児(きめんじ)(1976年3月)
  68. にっぽん流行歌(1976年7月)
  69. お父さん(1976年10月)
  70. お前のふるさとどこなんだ(1977年2月)
  71. 花染め音次郎(1977年3月)
  72. 虚空太鼓(こくうだいこ)(1977年11月)
  73. 春らんまん(1978年2月)
  74. 我がふるさと(1978年3月)
  75. 岬にて(1978年4月)
  76. 九州よかとこ(1978年7月)
  77. 肥後の駒下駄(1978年8月)
  78. カラスの唄(1979年2月)
  79. 船橋手柏子音頭(1979年5月)
  80. 夢一番(1979年5月)
  81. オアシス音頭(1979年8月)
  82. 昭和艶歌(1979年9月)
  83. あなたの光はどんな色(1980年4月)
  84. さすらい情話(1981年2月)
  85. 有明の海(1981年8月)
  86. 命坂(1982年7月)
  87. 花が咲いたらまた来るよ(1983年1月)
  88. あさくさ物語(1983年8月)
  89. 涙のマーチ(1984年4月)
  90. 浪花節だよ人生は(1984年8月)
  91. 人生夢三味線(1985年4月)
  92. 松五郎愛歌(1985年10月)
  93. 男三百六十度(1986年4月)
  94. 玄海恋歌(1987年2月)
  95. 今日から一歩(1988年2月)
  96. こころの港(1989年8月)
  97. 青空(1990年8月)
  98. 曼陀羅華(1991年1月)
  99. ハーモニー(1991年11月)
  100. 三百六十五歩のマーチ(1991年11月)
    • この再録音バージョンがテレビアニメ「丸出だめ夫」の主題歌となる。
  101. いまさら歌舞伎(1992年3月)
  102. 人生一路(1993年1月)
  103. どすこい!!太郎(1993年7月)
    • NHK『みんなのうた』で紹介。
  104. 結婚行進曲(1993年9月)
  105. おんな富士(1993年12月)
  106. 勝(1994年3月)
  107. ブンブンビート阿波踊り(1995年2月)
  108. 自慢じゃないが女だよ(1995年7月)
  109. Oh!演歌だよ(1996年6月)
  110. 尾張宗春音頭(1996年8月)
  111. C.C.レモン(1997年7月)
  112. 母・子守唄(1997年10月)
  113. おんなの街道(1998年3月)
  114. 女の花道(1998年12月)
  115. 甲子園の詩(1999年7月)
  116. 関東春雨傘(2000年8月)
  117. いきてゆく物語(2000年11月)
  118. 涙をふいて(2002年10月)
  119. ウォーキング・マーチ(2002年10月)
    • 21世紀版「三百六十五歩のマーチ」
  120. だめでもともと音頭(2003年8月)
  121. 春夏秋冬(2003年8月)
  122. キッカケサンバ(2003年11月)
    • 「きっかけはフジテレビ。」キャンペーンソング、「ポンキッキーズ21」挿入歌
  123. きっかけ音頭(2003年11月)
  124. 春雷(2006年6月)
    • チータのテーマソングともいえる楽曲でコンサートのラストで歌われる事が多い
  125. よいしょ・こらしょ(2008年11月)
  126. 日本人だね演歌だね(2009年8月)

ディスコグラフィー(アルバム)[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 想い出の軍歌を唄う(1968年)
  2. 麦と兵隊~水前寺清子戦時歌謡を唄う 哀歓の戦時歌謡集(1968年)
  3. 戦友~水前寺清子哀愁の軍歌を唄う(1969年)
  4. 大利根月夜~水前寺清子 巷の唄ベスト12(1970年)
  5. ねんがら子守唄~水前寺清子 こころの故里を唄う(1971年5月)
  6. お控えなすって!チータです~水前寺清子 任侠歌謡を唄う(1972年)
  7. 時は流れる(1974年)
  8. 股旅(1978年)
  9. 徒然歌枕(1981年)
  10. やぁ!チータ(1984年)
  11. チータのカモナ・マイ・ハウス(1988年)※水前寺音楽出版より発売された自主制作アルバム。
  12. 水前寺清子歌手生活30周年特別企画 ありがとう30年(1994年10月21日)

ライブ・アルバム[編集]

  1. 素晴らしい冒険 チータ! -Suizenji Kiyoko Live In Tokyo-(1970年)
  2. 水前寺清子 リサイタル〜演歌人生応援歌(1982年12月)

ベスト・アルバム[編集]

  1. 泣いて笑ってひとり旅 あなたをゆさぶるチータの声(1967年)※ナレーションを含むベスト・アルバム
  2. 水前寺清子 ゴールデン・ヒット〜"涙を抱いた渡り鳥"から"艶歌"まで(1968年)
  3. 人生の応援歌(1977年)
  4. GOLDEN☆BEST 水前寺清子 RCAイヤーズ(2013年6月26日)
  5. 水前寺清子の世界(2013年11月2日)

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1965年(昭和40年)/第16回 涙を抱いた渡り鳥 20/25 村田英雄(1)
1966年(昭和41年)/第17回 2 いっぽんどっこの唄 20/25 村田英雄(2)
1967年(昭和42年)/第18回 3 どうどうどっこの唄 01/23 舟木一夫 トップバッター(1)
1968年(昭和43年)/第19回 4 男でよいしょ 21/23 坂本九
1969年(昭和44年)/第20回 5 真実一路のマーチ 07/23 三田明
1970年(昭和45年)/第21回 6 大勝負 01/24 村田英雄(3) トップバッター(2)
1971年(昭和46年)/第22回 7 ああ男なら男なら 24/25 水原弘 トリ前(1)
1972年(昭和47年)/第23回 8 昭和放浪記 22/23 布施明 トリ前(2)
1973年(昭和48年)/第24回 9 いっぽんどっこの唄(2回目) 19/22 三波春夫(1)
1974年(昭和49年)/第25回 10 てっぺんまごころ 14/25 北島三郎
1975年(昭和50年)/第26回 11 大勝負(2回目) 10/24 村田英雄(4)
1976年(昭和51年)/第27回 12 鬼面児 16/24 村田英雄(5)
1977年(昭和52年)/第28回 13 虚空太鼓 14/24 北島三郎(2)
1978年(昭和53年)/第29回 14 肥後の駒下駄 14/24 フランク永井
1979年(昭和54年)/第30回 15 涙を抱いた渡り鳥(2回目) 15/23 三波春夫(2)
1980年(昭和55年)/第31回 16 三百六十五歩のマーチ 19/23 三波春夫(3)
1981年(昭和56年)/第32回 17 有明けの海 06/22 三波春夫(4)
1982年(昭和57年)/第33回 18 大勝負(3回目) 06/22 三波春夫(5)
1983年(昭和58年)/第34回 19 あさくさ物語 21/21 細川たかし(1) トリ
1984年(昭和59年)/第35回 20 浪花節だよ人生は 09/20 細川たかし(2)
1985年(昭和60年)/第36回 21 人生夢三味線 15/20 細川たかし(3)
1986年(昭和61年)/第37回 22 男三百六十度 15/20 チェッカーズ

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

他多数

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これまでに訪れた所 熊本県 - NHK ここはふるさと旅するラジオ(2014年4月19日閲覧)
  2. ^ 星野が死去した際、本人がそうコメントした。
  3. ^ 自然化粧品 サビーナ 水前寺清子さんスペシャルインタビュー
  4. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』幻冬舎2004年
  5. ^ お宝TVデラックス』での石井・水前寺両者の証言より。
  6. ^ [1],goo
  7. ^ 水前寺清子 和田アキ子との確執報道語る「泣くタマか!」,デイリースポーツ,2016年11月5日
  8. ^ 水前寺清子語った大物歌手との確執 「売られたケンカは買う」,女性自身,2016年11月5日
  9. ^ 『紅白50回』
  10. ^ 『紅白50回』
  11. ^ 実際は星野哲郎の筆名。
  12. ^ 実際は市川昭介の筆名。これは市川が当時、日本コロムビア専属作曲家であり、本来ならば他社(日本クラウン)の所属である水前寺の楽曲を書けない為に、苦肉の策で別名義を用いて発表されたことによるものであった。
  13. ^ 18年ぶりナマ司会!70歳・水前寺清子「体調は万全です」”. SANSPO.COM (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]