アイ・キャッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アイ・キャッチャーアイキャッチャー (eye catcher) は、ひとの注意を引きつける要素[1][2]である。アイキャッチとも称される[3]

アイ・キャッチャーの具体的として、広告で用いるさまざまな要素の、特定の写真、イラストレーション、キャラクター、ロゴタイプ、特定の人物の顔[1][4]アイコン[5]、色などがある[6]。写真は視覚効果が高く[7]、文字情報は図形と組み合せて印象が強まる[8]。美人 (Beauty)、動物 (Beast)、赤ん坊 (Baby) は「三つのB」と称されるほどに宣伝や広告で多用される[9]

狭義では意図的に制作されて継続的に複数の広告作品で使用されるものを意味し[1]、一瞥で商品や広告主を想起させるものとも説明される[2]

英語の「eye catcher」は「人目を引くもの」[2][10]で、日本では関心を高める要素を「アイ・キャッチャー」や「アイキャッチャー」[11]と称し、アニメーションで用いる和製英語「アイキャッチ」も同義である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 流通用語辞典『アイ・キャッチャー』 - コトバンク
  2. ^ a b c デジタル大辞泉『アイキャッチャー』 - コトバンク
  3. ^ 鈴木貴子. “売れる仕組みをつくるコツ Vol.4「売れる広告の作り方」写真や図形をどう使えば売上がアップする?”. ドリームゲート. 2015年7月26日閲覧。
  4. ^ アイキャッチャー”. ドリームゲート. 2015年7月26日閲覧。
  5. ^ 広告用語辞典 アイキャッチャー”. 広告転職.com/プロフェッショナルメディア. 2015年7月26日閲覧。
  6. ^ 新聞折り込み広告を機能させるデザインの考え方 チラシの機能は「知らせる」「理解させる」「行動させる」”. 読売IS. 2015年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月26日閲覧。
  7. ^ 5つのポイントでわかる、アイキャッチ効果の高い画像素材”. みんなのコピー (2013年1月25日). 2015年7月26日閲覧。
  8. ^ チラシの作り方 6「アイ・キャッチャー」”. 塾専門広告制作 (2012年1月18日). 2015年7月26日閲覧。
  9. ^ 百科事典マイペディア『アイ・キャッチャー』 - コトバンク
  10. ^ Weblio 研究社 新英和中辞典 eye‐catcher
  11. ^ 造園手法についての記述の例:岡田昌彰「産業廃嘘景観論・試論(日本造園学会研究発表論文集19)」、『ランドスケープ研究:日本造園学会誌』第64巻第5号、2001年3月30日、 765-768頁。“ピクチャレスク庭園における廃壗の位置付けの1つ に、「アイキャッチャー」がある。これは、風景構図に多様性を与えるべく特に目を惹く一要素として廃墟を配置する手法である。” NAID 110004305242