西部警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西部警察
ジャンル 刑事ドラマ
出演者 渡哲也
舘ひろし
寺尾聰
藤岡重慶
苅谷俊介
五代高之
加納竜
御木裕
峰竜太
庄司永建
佐原健二
武藤章生
布目ゆう子
小野田かずえ
幸田薫
山田由紀子
豊島ひとみ
下之坊正道
山根久幸
柿沼大介
山本庄助
八木美代子
古手川祐子
石原裕次郎
ナレーター 小林清志
製作
制作 石原プロモーション
テレビ朝日
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
西部警察(PART-I)
オープニング作曲:宇都宮安重
演奏:ホーネッツ
「西部警察メインテーマ」
エンディング石原裕次郎
「みんな誰かを愛してる」
「夜明けの街」
放送期間1979年10月14日 - 1982年4月18日
放送時間日曜日 20時00分 - 20時54分
西部警察 PART-II
オープニング作曲:羽田健太郎
演奏:高橋達也と東京ユニオン
「ワンダフル・ガイズ」
エンディング石原裕次郎
「時間よお前は・・・・」
「勇者たち」
放送期間1982年5月30日 - 1983年3月20日
放送時間日曜日 20時00分 - 20時54分
西部警察 PART-III
オープニング作曲:羽田健太郎
演奏:高橋達也と東京ユニオン
「ワンダフル・ガイズ」
エンディング石原裕次郎
「勇者たち」
「嘆きのメロディー」
放送期間1983年4月3日 - 1984年10月22日
放送時間日曜日 20時00分 - 20時54分

特記事項:
この他、単発作品『西部警察 SPECIAL』(PART-Iの直接の続編)と製作中止のシリーズ『西部警察2003』が存在する
テンプレートを表示

西部警察』(せいぶけいさつ)は、1979年10月から1984年10月にかけてテレビ朝日系列で全3シリーズが放送されたテレビ朝日[1]石原プロモーション制作のテレビドラマである。主演は渡哲也

本項ではSPECIALを除くシリーズ全体について説明する。各シリーズの詳細についてはそれぞれの項を参照のこと。

概要[編集]

1976年より日本テレビ火曜21時枠で放送された『大都会シリーズ』に続く、石原プロモーション製作による刑事ドラマである。派手な銃撃戦やカースタント、さらには巨額の費用を投じた爆破シーンなどが人気を呼び、放送期間が5年間に及ぶ長期シリーズとなった。製作にあたっては『大都会』のレギュラーキャストの他、スタッフ陣の大半も同作から引き継いでおり、放送局こそ違えど『大都会』の実質的な後継シリーズとなっている。一方、放映時間が20時台に繰り上がったことから、後述のスーパーマシンの登場や少年を主役としたエピソードが多作されるなど、『大都会』よりも若年・ファミリー層を意識した作風となっている[2]

「西部警察」というタイトルは「西部劇のようなイメージの刑事ドラマ」というコンセプトに由来しており、放映開始時のテレビ朝日の番組広告などには「コンクリート・ウェスタン」と付記されていた(「コンクリート」とは「現代的な都市」の比喩。マカロニ・ウェスタンといったような語からの連想)。

あらすじ[編集]

凶悪犯罪渦巻く東京・城西地区(渋谷区港区新宿区目黒区一帯)。大門圭介部長刑事渡哲也)率いる西部警察署捜査課の刑事たちは、「大門軍団」の異名で犯罪者から恐れられ、また時には挑戦すべき標的として名を轟かせていた。強固な意志と絆で武装した男たちは、彼らを見守る捜査課長・木暮謙三警視石原裕次郎)の指揮の下に、最新テクノロジーを搭載したスーパーマシンの数々を駆使して巨悪に立ち向かう。

制作費とその捻出方法[編集]

銃撃戦やカーチェイス、爆破シーンが毎回のように盛り込まれた本作は、多額の制作費が要求された。その主要資金源は他番組同様にスポンサー収入であったが、本作の場合はそのスポンサー収入の「金の流れ」が通常のスポンサー収入とは異なっていた。

民放では、ほぼ全ての番組でスポンサーと局の間に広告代理店が介在して番組内容に注文をつけるほか、スポンサー料の10%〜20%を手数料として徴収する形をとっている[3]。『大都会シリーズ』よりもスケールの大きいドラマを作りたいと考えていた石原プロモーションは、増収のためにテレビ朝日との直接契約という画期的な手法を用いた。この場合、広告代理店から無条件に手数料を搾取されるリスクはなくなり、その分を制作費にまわすことができる。放送局が日本テレビからテレビ朝日に移行したのは、テレビ朝日側がこの契約手法を石原プロに提示したためである。

ただ、石原プロだけでは広くスポンサーを取ることができないため、石原プロは東急エージェンシーにスポンサーのとりまとめなどを委託した。これにより広告代理店が取る手数料やメディア企業に渡る金など、本来制作側(石原プロ)だけでは無理な部分に関わることができる。このため、電通もしくは博報堂が持つ時間枠を「この時期は」東急エージェンシーが持つ事になった。これらの手法を影で支援していたのは裕次郎の兄である石原慎太郎であった[4]。石原プロは番組の長期ヒットに伴い、30億円の資産を形成したという[5]

主要登場人物[編集]

テレビシリーズの登場人物は3作で共通しているが、西部警察 PART-II以降は一部設定が変更されている。

スポンサー企業[編集]

ここではシリーズ全体にかかわるスポンサーを記載する。地方ロケでの撮影協力等は日本全国縦断ロケに記載している。

日産自動車
特殊車両を筆頭とした劇用車の全面提供。
他にも撮影場所の提供、地方ロケ時の日産販売会社各社の社長・スタッフの出演など。
ただし、トラック・バス類は主に当時グループ会社だった日産ディーゼル工業(後のUDトラックス)の車両を使用していたが、ロケ先の都合などで他メーカーの車両が使われることもあった[6]。また、後述する犯人車や一部高級車にはキャデラックフォードなどのアメリカ車が起用されている。
東急グループ
東急エージェンシー
前述の通り、広告代理店としてスポンサー企業のとりまとめを行った。
東京急行電鉄
東横線東京メトロ日比谷線(当時は営団地下鉄)・中目黒駅下り線ホーム(横浜・桜木町方面)
桜木町駅・東横線ホーム(現在は廃駅[7]
渋谷109
東急文化会館[8]
東亜国内航空(日本エアシステム → 日本航空ジャパン日本航空インターナショナル日本航空
地方ロケ時、大門部長刑事の移動にTDA(東亜国内航空)の飛行機が使われていた。2004年放送の『西部警察 SPECIAL』では経営統合に伴いJAL(日本航空)が協力[9]しているが、宮崎空港で着陸した機はまだ一部で残っていたJAS(日本エアシステム)ロゴの機体(マクドネル・ダグラスMD-90)である。
例外としてパート2・広島ロケについては当時、羽田-広島線にTDAは就航していなかったため、唯一就航していたANA(全日本空輸)を使用[10]
ダイエー
ダイエー
買物客が多数いるダイエーの店内を犯人がバイクで逃走しているシーンもあり。
ローソン
当時のコンビニエンスストアは、深夜も営業している小規模のスーパーマーケットとして認識されていたためか、『スーパー「ローソン」』として劇中に登場していた。
なお、上記の東急グループとは、のちに駅構内の売店事業(toks)でも関係を持つことになった。
オートバックス
劇用車のオイル交換でオートバックスの店舗に訪れるシーンがあったり、オートバックスの店舗が地方ロケ時の捜査の聞き込み先や事件現場として登場していたほか、最後期(PART-III・第8話以降、最終話まで)のオープニングのキャスト紹介のうち鳩村(舘ひろし)のシーンで、鳩村がオートバイで乗りつけポーズを決めるバックとしてオートバックスの店舗ガレージが宣伝的に用いられている。
宝酒造
北海道ロケと京都ロケで、石原裕次郎の友人である宝酒造社長(当時)・大宮隆も登場していた。撮影打ち上げの際には、同社の日本酒松竹梅」の樽酒が使われた。
共豊産業(後の共豊コーポレーション)&エンケイ・アルミホイール
西部警察PART-Iの59話から、ほとんどの車両が(マシンXは62話まで使用)、アルミホイールは同社の製品が使われていた(標準装備のホイール装着車は、地方ロケの際の現地日産ディーラーの広報車や協賛企業所有の車両の場合が多数なので、石原プロ所有の劇用車との見分けが付く)。スタントに用いられる車にも使用され、毎回新品のホイールが提供されていた。
八重洲無線
マシンX以降の特殊車両に搭載される無線機を全て提供(マシンXのみトリオTS-120V(もしくはTS-120S)だった)。
鈴木自動車工業(後のスズキ
バイクにおける劇用車の協力。
朝日航洋(旧・朝日ヘリコプター
同社の塗色のまま、企業ロゴの上に旭日章や「警視庁」(地方ロケの場合は「○○県警察」)の文字を貼り付けて警察ヘリコプターに仕立てていた[11]。PART-I第10話・第45話他で使われた同社所属アエロスパシアルAS350BJA9222機は、1983年2月19日に北海道での取材の帰途中に不時着事故を起こし大破している。
東芝
第1話・第2話「無防備都市」ではヘッドホン式の無線機やその他の劇中、盗聴した電話や留守番電話を録音したテープを、東芝製のラジカセで再生する場面が幾度も登場する。また捜査課内のアナログ時計や軍団特殊車両に搭載されているモニタも多くが東芝製となっている。
Apple
捜査課内のコンピュータや軍団特殊車両に搭載されているコンピュータ、エンジニアの犯人が使用するマイコンではApple製が使われている。
出光興産
車両走行、爆破シーンに使用するガソリンの提供。地方ロケ時、出光興産のガソリンスタンドも登場していた。それ以前は主に共同石油(後のJOMO、現ENEOS)のガソリンスタンドが登場していた。
田崎真珠
本編で登場する宝石、強盗が押し入る宝石店としてたびたび登場した。
美善交通
調布市にあるタクシー会社で、本編では襲撃を受けるシーンがある。
米澤玩具(後のセガトイズ
特殊車両のトイラジコン、当時同社が製造販売していたミニカーシリーズ「ダイヤペット」(現在はアガツマに権利譲渡)、LSIゲーム、エアーガンの発売。
青島文化教材社
特殊車両のプラモデルシリーズの製造販売。
チェスコム
転送電話サービスの企業。PART-III正月スペシャル「燃える勇者たち」から登場。木暮のデスクにかかってきた電話が、「スナックセブン」に転送されるようになっている。
日本マクドナルド
SP「燃える勇者たち」で、矢野サーカスの団員達が、商品受け取りをスムーズに行うため予め受け取り時間を電話で予約するサービス「ダイヤルM」を利用している他、赤色灯を格納した状態のRS-2に乗った北条刑事と南刑事が、放送当時はまだ珍しかったドライブスルーを利用するシーンがある。また、平尾刑事と南刑事が、当時のキャンペーン品だったけん玉「マックボール」で遊んでいる。

日本全国縦断ロケ[編集]

木暮課長役を演じる石原裕次郎が、解離性大動脈瘤による長期にわたる闘病生活から復帰できたことを記念すると共に、闘病中自分を応援してくれた全国のファンに対するお礼と、自分の元気な姿を少しでも多くの人に見てもらいたいという意味を込めてPART-II〜PART-IIIと股にかけて行われた、テレビドラマとしては異例の大規模な地方ロケである。

各種データ[編集]

1979年から1984年までの放送の約5年間での数字(いずれも公称)。

  • 制作数…238話
  • 平均視聴率…14.5%(関東地区)
  • 出演俳優…1万2,000人
  • ロケ地…4,500箇所
  • 封鎖した道路…40,500箇所
  • 飛ばしたヘリコプター…600機
  • 壊した車両の台数…約4,680台(1話平均・20台)
  • 壊した家屋や建物…320軒
  • 使用された火薬の量…4.8t
  • 使用されたガソリンの量…12,000リットル
    • (爆破シーンをより効果的に見せるための火炎を発生させるため)
  • 死者…0人
  • 負傷者…6人
  • 始末書の枚数…45枚

登場する警察車両[編集]

他の刑事ドラマと異なる大きな特徴として、PART-I中盤から「スーパーマシン」と称する特殊装備を備えた専用の警察車両が登場する。本作の人気を支えた要因としてこの特殊車両の存在もあり、一般の刑事ドラマとしては異例となる児童・少年向け商品(ミニカー・ラジコン等)の展開も行われた。劇中では何かしらの形で犯人側も特殊車両の存在を知っており、何度か車両が盗まれるエピソードも作られている。

これらの車両製作は、ガゼールを除き日産プリンス自動車販売(当時)の特販推進室(後のオーテックジャパン)が手掛けたものである。当時設計を担当した福田正健によると、改造内容はプリンス側に一任されており、ストーリーについての関連性や指示も特になかったという[12]。そのため特殊装備を披露する機会はマシン初登場回などごく少数に限られ、中にはRS-2の発射筒のように、ドラマ本編で披露されなかった装備もある。またこれらの一部装備は後に形を変えるなどして、2000年代以降現実の警察車両でも実用化されている。

特殊車両[編集]

ガゼール・オープン
ガゼール・オープン
石原裕次郎記念館所蔵時代)
日産自動車ガゼール2000XE-II(S110型)
ナンバーは「品川58 た 25-78」(初登場時のみ「品川 88 い・・77」[13]
木暮課長専用車。基本的に自家用車であるが、覆面パトカーとして用いられることもある。本車のみガレージタルガが製作を担当した。
グローブコンパートメントに警察無線のモニターレシーバー、センターコンソールに自動車電話のハンドセットを装備している。幌は折りたたみ収納式ではなく、支柱を車体に挿して装着するタイプとなっている。幌を張って走行するシーンが見られた(『PART-I』第11話)。赤色灯は基本的に装着されないが、一部シーンにおいてダッシュボードに装着して登場したことがある[14]
劇中の設定では、一般車に比べ車高が20cm低いことになっており、これに目を付けた犯人が逃走用車両として指定し、車高を利用して工事中のトンネルで追跡してきたパトカーを撒いたこともある(『PART-I』第75話)。
他の車両と異なり捜査用の装備を持たず、木暮課長専用車ということもあり『PART-I』後半以降は登場機会が少なくなった。2006年春の『愛のエプロン特番』のオープニングでは、渡哲也がテレビ朝日に乗り付ける際に使用された。
マシンX
日産自動車スカイライン2000ターボGT-E(KHGC211後期型)
ナンバーは「品川58 い 97-35」(初登場時の一部シーンでは「多摩58 ね 97-35」)(PART-II一部シーンでは「品川57 た 97-35」)(PART-III第47話での偽装時は「品川58 と 41-52」)
第45話「大激走! スーパーマシン」で初登場、PART-III第47話「戦士よ さらば」で“殉職”。
初代大門軍団特殊車両。詳細はマシンXおよびスカイラインを参照。
特別機動車両 サファリ4WD
特別機動車両 サファリ4WD(前方)
後部扉から司令室部分
日産自動車サファリエクストラバン(VRG160型)
ナンバーはPART-I第111話〜第116話が「品川88 そ 49-31」、同第117話〜PART-II第11話が「品川88 た 71-11」、PART-II第18話以降が「品川88 た 11-10」(同第29話のみ「品川88 た 15-22」)。
PART-I第111話「出動命令 特車“サファリ”」で初登場。フロントバンパーに散水銃2門、ルーフ内部に高圧放水銃2門(前者は「第1、第2放水銃」、後者は「第3、第4放水銃」と呼称)を装備する、特別機動車両隊(通称「特機隊」)の旗艦となる指令車。定員3名。
配備当初は源田刑事が、PART-II以降は北条・平尾刑事がメインドライバーを務めた。沖田刑事も第2話のラストシーンで運転した。またPART-I最終回、PART-II第1話や地方ロケの場合、特機隊隊員がドライバーを担当した。放水の必要があるときは、後部にポンプ付きの放水用タンク車(「警視庁 特別機動 0112」のネーム入り)を連結する[15]
潜望鏡式ビデオカメラ・レーダーを装備し、無線だけでなく電話回線の傍受・盗聴も可能である。車内の壁には撮影当時の新宿駅周辺の地図が貼られている。放水銃・ビデオカメラ使用の際は、ルーフを前方に開ける必要がある。また、この車両は大門が発注した唯一の車両である[16]。前面の赤色警告灯及び後部座席周辺の一部イルミネーションは、放映終了後に取り付けた。
PART-III第52話を最後に登場しなくなったため、特殊車両の中で登場回数が一番少ない。マシンXのような専用の保管庫はなく、西部署内の駐車場から出動する。
現在は東京都府中市の村山商事で『ゴリラ・警視庁捜査第8班』の特殊車両と共に保管されているが、タンク車は現存していない。この関係で石原裕次郎記念館での展示対象からは外されており、もっぱら首都圏でのイベント展示が中心である。2014年には日産横浜グローバル本社ギャラリーにて展示され、その模様が日産公式YouTubeチャンネルにて配信されている[17]
スーパーZ
スーパーZ
(石原裕次郎記念館所蔵時代)
日産自動車フェアレディZ(S130後期型)
ナンバーは「品川33 た 35-27」[18]
マシンXに代わる大門団長の専用車。AT車(PART-Ⅲ第14話「マシンZ・白昼の対決」のみMT車)であり、ドア窓からルーフ部分を油圧ダンパー式フルオート・ガルウィングドア化。
ボンネット上には2連装の催涙弾発射銃が2基搭載されており、運転しながらの発射が可能である、銃身は台座が上下し銃身も上下左右に動き、前方は基より斜め左右へ発射可能。また、リアバンパー下部にはマフラーが5本出ているように見えるが、左右の4本は煙幕発生装置(通称「スカンク」)であり、中央部の1本が実際のマフラーである。赤色灯は反転式。
 ボディカラーはマシンXやマシンRS軍団とは異なり、純正色に存在しないゴールド/ブラックのツートンカラーである。ボンネット前部には「NISSAN」のロゴが入っている。乗車定員4名。
基本的に大門団長専用車であるが、沖田・鳩村・平尾・山県刑事が運転することもある[19]。PART-IIIの鹿児島ロケではサイレン音がマシンXのそれと同じものになっていた。マシンX同様に西部署内にスーパーZ専用の保管庫があり、「SUPER.Z」と書かれたシルバーのドアが両側にスライドして開くと暗闇の中からエンジン始動音とライト(赤色含)点灯、そして専用サイレンが鳴り響き発進、現場に急行する。当時の製作費は一台1,500万円とも言われている。
テレビドラマ『Dr.伊良部一郎』最終回に登場。この時のナンバーは「品川300 て 12-28」(撮影用小道具)。
マシンRS(情報分析車)
日産自動車スカイライン2000RS(DR30前期型)
ナンバーは「品川59 た 35-26」。「ニューフェイス! 西部機動軍団」でスーパーZと共に登場した大門軍団特殊車両。
助手席を撤去してコンソールを設置し、全方向回転式サーチライトおよび赤外線・サーモグラフィー対応ビデオカメラ、コンピュータ(共に東芝製)、特殊無線機(八重洲無線FT-707S)、汎用メーター(WELZの定在波比計SP-400を使用)、信号操作装置(シグナルコントロール:進行方向の信号を直前の色に関係なく青に変えられる)およびECM装置(犯人側の電子機器を妨害する)などの操作盤を搭載している。
車内後部にもコンピュータ、無線機、プリンターなどが搭載されており、進行方向に対して横向きに取り付けられた座席で操作する。後部コンピュータでは、信号分析(スペクトルアナライザー:周囲で使用されている電波の周波数、発信場所を分析する)、声紋分析(声紋を分析し、警視庁・科学警察研究所のデータベースと照合して犯人を割り出す)、前後レーダーで捉えた犯人車の逃走経路検索、カーナビゲーションシステムCACSシステム(自動車総合管制システム:目的地までの交差点形状、誘導表示や、周辺車両の位置、速度などの各情報を表示する)などの機能が使用でき、処理結果はCRTモニターに表示される。最高速度は255km/h。
運転席にはケーニッヒセミバケットシートに4点式シートベルトを備え、ステアリングはナルディ製のものが装着される。メインドライバーは沖田刑事が務め、北条・平尾・五代刑事も運転経験がある。乗車定員2名。
基本的には運転席および後部座席の2名で乗車し、コンピュータ他の装備は後部座席側で操作するが、ドライバー1名のみが乗車した場合でも、助手席側のコンピュータで各装備の操作が可能である。後部座席は、2ドア車であることに加え助手席にも大型コンピュータを置いているため、乗降に難がある[20]。赤色灯は前面バンパー下の点滅式警光灯とリヤトレイの回転灯が装備されている。劇中未登場だが、助手席ドア内側には万能斧及び救急セットが装着されている。
スーパーZと同様の保管庫があり、「MACHINE.RS」と書かれたドアがスライドして発進する。当時認可されていなかったドアミラーを装備して登場しており[21]、PART-II終盤〜PART-IIIの初期回ではミラーが赤く塗られている。
カラーリングはRSから設定された赤黒のツートンであるが、ベース車両は元はガンメタであり、エンジンルーム内部やドア内側にその名残を見ることが出来る。赤黒ツートンへのオールペイントは石原プロの車両部がテレビ映えを意識してカラーリングを変えたものとされる。なお、RS-1・RS-2は純正色としての赤黒ツートンである。
マシンRS-1・RS-2・RS-3
PART-IIIの第16話「大門軍団フォーメーション」より登場。この3台のマシンを総称して「RS軍団」と呼称することがある。
共通装備品…FET極東製エアロパーツ・エンケイ製メッシュホイール・サイレン・赤と黒のツートンカラー。当時、日産自動車では西部警察仕様のメーカーオプションを設定していたこともある(赤灯などを除く)。それぞれ「RS.1」「RS.2」「RS.3」とドアに書かれた専用の格納庫から発進する。
RS-1(攻撃・戦闘指揮車)
マシンRS-1
(石原裕次郎記念館所蔵時代)
日産自動車スカイライン2000ターボRS(DR30JFT前期型)
ナンバーは「品川59 た 35-29」。
発砲して抵抗する犯人に対応するための単装20ミリ機関砲2門が助手席側のルーフ部分に装備されている他、マフラーに擬装した急加速装置「アフターバーナー」を装備し、追跡時に威力を発揮する。ルーフには空力抵抗を考慮したための変形バーライト(大型警光灯)を装備。
助手席に大型コンピュータを設置しているため定員は1名となる。コンピュータには敵味方識別装置 (IFF)、目標物の平面・側面投影が可能な逆合成アパーチャレーダー (ISAR)、レーダーホーミング装置が装備されている。
エンジンは純正のFJ20ETにチューニングを施し280psを発生。最高速度は265km/hで、アフターバーナー使用時の最高速度到達時間は16.3秒である。初登場時のみ大門が運転し、以降は山県刑事がメインドライバーを務めたが、それ以外の刑事が運転する機会も多かった。
なお、劇中で特殊装備が使用される機会はほぼ皆無で、単装20ミリ機関砲が使用されたのは初登場時と鹿児島ロケの2回のみ、アフターバーナーが使用されたのは初登場時と仙台ロケの2回のみである。
RS-2(情報収集車)
マシンRS-2
劇中では使用されなかった逆ヒンジ式トランクが開いた状態となっている。
日産自動車スカイライン2000ターボRS(DR30JFT前期型)
ナンバーは「品川59 た 35-28」。
特殊無線機(警察無線、航空機無線、船舶無線、遭難自動通報無線、アマチュア無線、各種緊急無線等の送受信が可能。無線機は八重洲無線FT-77S)、無線傍受用アンテナ、電動式サンルーフ、4連装特殊弾発射筒(通常とは逆ヒンジで開くトランク内に装備され、無煙閃光弾、信号弾、曳光表示弾、発煙弾、催涙ガス弾の5種類の特殊弾を発射可能)、センサー信号処理装置、パルスドップラーシステム、シグナルコントロール(旧マシンRSとは異なり、信号機を青だけでなく赤にも変えられるようになっている)などを装備している。
トランク部分の後部両端に長めのアンテナが取り付けられており、このアンテナの先をサンルーフ部分に固定している[22]
助手席側の床は鉄板張りのフラットフロアとなっており、シートを後部へスライドさせることでサンルーフからの安定した射撃が可能となっている[23]。また、サンルーフを装備するためにRS-1・RS-3に装備されている大型パトライトは設置されておらず、車体後部側面に反転式パトライトを装備しているのが特徴。また車両軽量化の為にリアウインドをアクリル製に変更している。
スペックはRS-1と同様だが、乗車定員は2名。
劇中では五代刑事が運転し、南刑事が助手席に乗車するシーンが多く見られた。五代刑事が不在の際は平尾刑事が運転したほか、正月スペシャル「燃える勇者たち」では、北条刑事が南刑事を助手席に乗せてマクドナルドドライブスルーを利用していた。第47話では無人操縦されたマシンXを追跡する為、山県刑事が運転し助手席には、北条刑事を乗せマシンXに乗り移ってからの並走するシーンが有る。
RS-3(情報分析車)
マシンRS-3
日産自動車スカイライン2000RS(DR30前期型)
ナンバーは「品川59 た 35-26」。
旧マシンRS。RS-1・RS-2の登場を期にルーフ上の大型パトライト・エアロスプリットなどのエアロパーツの追加と、タイヤサイズの変更といったRS-1・RS-2に仕様を合わせるための再改造を実施し、RS-3となった。なお、エンジン、ボンネット、リアスポイラー、サイドステッカーは改造前から変更なく、RS-1・RS-2とは異なる箇所となっている。
劇中では北条刑事が運転し、平尾刑事が後部座席に乗車するシーンが多く見られた。その他では平尾・五代刑事が運転することもあったほか、地方ロケでは南刑事が運転する姿も見られ、最終話のみ山県刑事も運転していた。
テレビドラマ『Dr.伊良部一郎』最終回に登場。このときのナンバーは「品川300み59-63」(撮影用小道具)。
スズキ・GS650G
PART-Iの第110話から使用されたバイク(特機隊用は第109話から登場している)。鳩村用のバイクは黒にリペイント(特機隊用はシルバーのまま)され、ハンドルを交換している。PART-II第3話からはスズキ・カタナに乗り換えているが、第5話などの回想シーンでも使用されている。なお、同時期に白バイ仕様も登場。PART-Ⅱ第29話放送終了後、クイズとして同車両を景品として視聴者プレゼントした経歴が有る。
スズキ・カタナ
スズキ・カタナ
スズキGSX1100S KATANA
PART-IIから使用された鳩村専用のバイク。オリジナルのカラーリングとは一線を画し、鳩村演ずる舘ひろしの指定により、黒を基調とするものにリペイントされている。PART-III終盤(第60話)で大破炎上、後述の「カタナR」にその座を譲る。設定上は750cc。なお、フロントウインカーとマフラー・テールカウルは社外品へ変更されており、サイドミラーも外されていた。特に名古屋ロケ後、マフラーは純正マフラーから集合マフラー「アウトバーン」に変更されていて、PART-Ⅱ最終回から登場した。なお、PART-II第40話終盤では、負傷した鳩村の代わりに大門が使用した。
スズキ・GSX750E(E4)サイドカー
正月スペシャルでカタナの代わりに鳩村が使用したサイドカー。白にリペイントされ、車体左側にはサイドカーを取り付けられている(なお、サイドカー後部にはパトライトを装備)。サイドカーには主に平尾が乗車。また、PART-III第60話では北条が使用している。
スズキ・カタナR
スズキ・カタナR
スズキ・カタナを元にしたカスタム車両で、上記のカタナが大破したために鳩村が乗り換えたバイク。PART-III第60話から最終回スペシャルまでの計10話分のみの登場。後年に発売された市販車ではなく、ロケ用オリジナル改造車。レース出場用として製作していたものを警察車両に転用したもの。舘によれば、渡らが劇中で運転する車はスーパーZなどの改造車ばかりであるのに、自分が劇中で使用するオリジナルのスズキ・カタナは本来自分の好みではなかったため、好みのカフェレーサータイプのものに改造したくなり、スタッフに頼み込んでいたところ、番組終盤になってようやくOKが出て、この改造車の登場が実現したとのこと。デザインにも舘の好みが相当に反映されている[24]。エンジンは、元々レース用としてチューンアップされたため、公道用にデチューンされた可能性がある。エンジンの他、パワーアップに対処するため、大型オイルクーラーへ換装すると共にサスペンションとフレームを強化。エンジン出力170ps。最高時速270km。ゼロヨンタイム10秒。前照灯脇に赤色点滅灯を備え、鳩村用バイクとしては唯一緊急走行が可能(前身の巽刑事が乗っていたハーレーダビッドソンは、PART-I第30話でパトライトを装着しサイレンを鳴らしていた)。
日本興亜損保のCMに石原軍団が出演した際、当時石原プロに在籍していた深江卓次がシルバー系に塗装された同型車に乗っている。
テレビドラマ『Dr.伊良部一郎』最終回に登場し舘ひろしが乗り、走行した。

その他[編集]

ガゼール・スーパーZ・RS-1〜3・カタナ・カタナRは、小樽市石原裕次郎記念館で2011年6月15日から閉館まで展示されていた。

一般車両[編集]

本作における覆面パトカー(劇中では黒パトと呼称)や白黒塗装の通常のパトカー(同じく白パトと呼称)は、日産・セドリックを始めとした日産製セダンが多く使用されている。

『PART-I』開始当初は230型(3代目)、330型(4代目)、430型(5代目)が登場し、このうち当時の新型車だった後者2つは破壊を伴うカーチェイスには用いられず、爆破等により破壊されるスタント用車両は旧型の230型が担っていた[注 1]

その後程なくして330型も破壊対象となり、『PART-III』では430型もスタント用車両として投入されている[27]。『PART-III』最末期には黒パトとしてY30型(6代目)が登場した。

また、『PART-II』以降の日本全国縦断ロケでは破壊用車両としてスカイライン(C110型、C210型)やローレル(C130型、C230型)[28]が、非破壊車両としてスカイラインRS(R30型)やブルーバード(910型)が登場する。

その他、鑑識車両として赤いスタンザFX5ドアハッチバック(T11型)、臨時に捜査課を現地で指揮する為、バス(車種不明)が使用された(PART‐Ⅰ 第75話、第88話)。また、犯人やすり替え車両としてシルバーメタリックのスカイラインGT4ドアセダン(C210前期型)、オースターJX4ドアセダン(T11型)、ブルーバード4ドアセダン(810後期型)シルバーメタリックのフェアレディZ(S30型)が登場した。

その他の登場車両・船舶[編集]

本稿では大門軍団が所有するスーパーマシンやパトカーなどと一戦を交えた車両などの乗り物で特筆すべきものを挙げる。主に民間車や何らかの改造を施した武装車両および高性能な特殊車両などが多い。

地方ロケでは自動車に限らず船舶鉄道車両なども使用されることもあり、これらは犯人一味が逃亡目的等でジャックすることもある。これら犯人の車両などは大抵、話の終盤で爆破もしくは大破する。

TU-89 355 LADYBIRD
PART-Iの第1話と第2話(「無防備都市」前後篇)に登場した装甲車。日米合同の軍事演習が行われていた防衛隊(現実で言う自衛隊)の南富士演習場から強奪されたアメリカ軍の最新鋭兵器。国家転覆を計画する思想家大河内に雇われたもと外人部隊戦闘員の日下ら一団が使用した。全電気コンピューター制御の150mm戦車砲(劇中では125mm戦車砲と呼ばれた)や重機関銃を車体と砲塔上に搭載し、側面にはスモークディスチャージャーを装備しており大門軍団と死闘を演じた。また、中折れ式で車高も高く取っ手がないと上れないぐらいである。劇中ではテレビ朝日本社を奇襲したり行幸通り国会議事堂前、銀座四丁目などを蹂躙した(但し、警察関係者以外の被害者は出していない)。その後、死闘は続いたが大門自らが囮になり廃工場に追い詰めて、高圧電流でコンピューターを破壊、その後廃油プールで身動きが取れなくなった所に火炎瓶を投げ込んで爆発炎上させた。撮影後は後部に籠を設けて遊園地を2カ所ほど経由したのち[29]、その後静岡県内の建機販売会社にて展示品として展示された後個人に引き取られたが、利用されることはなく私有地内に放置され、近年になって解体処分された。
マーキュリー・クーガー
PART-Iの第45話(「大激走!スーパーマシン」)に登場した、住山率いる強盗団が駆使するアメリカ車。違法なチューンアップが施されており、国内A級ライセンスを持つ強盗団メンバーの運転も相まって、通常の覆面パトカーでは追いつけない程の性能を持つ。このクーガーに対処するため、かねてより製作されていた大門軍団の特殊車両第一号であるマシンXの納車が前倒しにされる。深夜に一般道路上や松田刑事を拉致して高速道路上でマシンXと追跡戦を繰り広げた後、御殿場の崖に追い詰められ、松田を救出した大門らと強盗団との間で繰り広げられた銃撃戦の末、最後は大門が撃ったショットガンによって爆破炎上した。なお、写真集のオンエアリストやDVDパッケージ裏のストーリー解説では、「白いムスタング」と誤表記になっていた(マシンセレクション版ではクーガーと表記されている)。
フォード・トリノGT
PART-Iの第47話(「笛吹川有情」)に登場したハネムーンカーだが、強盗殺人犯の野崎らが逃走用に強奪した。中古車販売会場でマシンXとの死闘を繰り広げ、最後は運転する野崎が大門に射殺されたためコントロールを失い、廃車体が積まれているエリアに突っ込み爆破炎上した。「亭主に飽きたら高価買入」などの落書きが特徴。
浜名湖遊覧船「リステル」
PART-IIの第11話・静岡編に登場した遊覧船。金塊強奪犯の杉森らが強奪した金塊を山積みし、高飛びのために沖合に停泊している貨物船への交通手段として、無断使用され事実上ジャックされ(リステルサイドの人的被害はなし)、内部に迫撃砲バズーカ砲ライフルなどが持ち込まれた。その後、静岡県警察モーターボートおよび哨戒艇などを借用した大門軍団と外洋などで激戦を繰り広げた後、杉森が大門のヘリに向けてバズーカを撃とうとした瞬間に大門に銃撃され、その反動による誤射で金塊諸共自爆した。
広島電鉄750形電車766号車(劇中では755号車)
PART-IIの第18話・広島編に登場した路面電車。市内線を走行中に現金輸送車襲撃犯・土倉の仲間、田山にジャックされた。市内各線を迷走した後宮島線広電宮島駅(現在の広電宮島口駅)構内へ誘導され、サファリの放水にて田山を逮捕、人質を救出したが、土倉が仕掛けたリモコン爆弾で爆破(ただし土倉は爆破スイッチを押す前に大門に射殺されているが、なぜかその直後にスイッチを押す手のアップ映像が流れる)、炎上している。この電車はにしき堂の広告電車に塗装されて、「にしき堂」号として走った。
いすゞ・エルフパネルバントラック
PART-IIの第26話・北海道編に登場した宝酒造のトラック、覚醒剤密造グループの中山浅見が水質研究所の林所長を脅迫し、逃走用に強奪した。豊平川河川敷で大門軍団や北海道警察に対し、手榴弾攻撃をしながら逃げ回る死闘の末、運転中に大門に狙撃され、横転していたパトカーに衝突し乗り上げ爆発炎上した。
日産・セドリックバン(330型)
PART-IIの第37話・名古屋編に登場したナガシマスパーランドのカーニバルカーだが、実態は宝石ブローカーの戸倉が偽装して使用した逃走車。その後、大門軍団のスーパーマシンや警察隊の車両とナガシマスパーランドで逃げ回る死闘の末、後部が突然炎上し園内の池に転落した。
偽スーパーZ
PART-IIIの第14話(「マシンZ・白昼の対決」)に登場したスーパーZの偽物。大門に恨みを持つ元レーサーの深町(演:長塚京三)が、拉致したコンピュータ技師に警視庁のコンピュータから設計図データを盗ませて、麻薬中毒にしたエンジニアにそのデータを元にして製作・調整させたという設定である。本物との相違点は、ボンネット上の2連装の催涙弾発射銃が機関銃に変更された点。また、本物が2800ccのAT車なのに対して偽物は2000ccのMT車であること。それ以外はカラーリングや格納式のパトライトおよび「NISSAN」のロゴに至るまでほぼ同じ[30]で、ナンバーまで同じ「品川33 た 35-27」を付けている。深町は偽スーパーZを現金輸送車の襲撃などに使用し、更に鳩村刑事を追い回した上に機関銃で撃墜、最後は大門に挑戦状をたたきつけ本物のスーパーZと共に富士スピードウェイにてレースを繰り広げた。その後、深町は自ら負けを認め拳銃自殺を図るも、大門に銃撃され失敗し逮捕されたが、車両そのものを爆破もしくは炎上させた描写はない(製作時には別のラストシーンがあり、レースに負けた深町が手榴弾で大門もろとも本物のスーパーZを爆破しようとしたが、大門に銃撃され失敗、深町が持っていた手榴弾が偽スーパーZの室内に落ち爆破炎上、という結末が用意されていた[31])。なお、前述のレースシーンでは大門・深町ともにクラッチを踏みヒール・アンド・トゥをしているシーンがあり、大門もシフトレバーを操作している描写が見られる。また、劇中ではタコメーター・スピードメーターやシフトチェンジのシーンが映し出されているが、これはベースのS130型ではなく、旧型にあたるS30型のメーター・シフトノブを撮影用に使っている。
スーパーZはAT車とMT車の2台が製作されており、パート2での登場にあたり試乗した大門役の渡哲也がAT車を選んだため、MT車を偽スーパーZとして登場させた。
福岡漁協所有の99t漁船「第十七海漁丸」
PART-IIIの第19話・福岡編に登場した漁船。五代を拉致して武器・密輸品を強奪した組織のボス・岩城らにジャックされたが、博多湾で福岡漁協の漁船100隻にも及ぶ船団に包囲され、哨戒艇で駆けつけた大門軍団と玄界灘で激戦を繰り広げた後、岩城が手榴弾を投げようとした瞬間に大門に銃撃され、落とした手榴弾が爆発。五代が脱出した後、燃料(もしくは弾薬)に引火し、爆破炎上した。
MX-83近距離攻撃用ミサイル搭載列車
PART-IIIの第23話・山形編に登場したミサイル搭載型装甲列車。貨車には実行犯であるヘンリー野口らが強奪したMX-83型近距離ミサイルを搭載しており、中央アフリカの独裁政権国家から亡命した反政府軍のリーダー総計10名が乗船し酒田沖を航行していたヨーロッパ船籍の「ユーラシア号」撃沈作戦に使用された。しかし、その後の大門軍団の反攻により、軍団の一員が列車に乗り込み犯人側の抵抗を受けながらも発射寸前にミサイルに仕掛けたプラスチック爆弾で発射を阻止し、ヘンリー野口らが立てこもる管制室兼アジト諸共爆破された。また、ミサイルを爆破することもあってか、このときばかりは警察だけでなく消防隊も多く登場した。
日野自動車製馬運車
日野自動車製大型タンクローリー
PART-IIIの第30話に登場した民間用のタンクローリー。妹が拳銃密売組織の襲撃の際に死んだ事を東部署にただの交通事故として処理されたことに憤慨し、再捜査を西部署に要求する武藤により強奪され改造された。ガソリンのほか風圧爆弾を搭載しており、停車して内蔵されたファンが止まると大爆発するようになっている。終盤で組織の黒幕の野村が逮捕された後、誰もいない埋め立て地に誘導され、山県が武藤を脱出させた後、爆破炎上した。
日産ディーゼル製観光バス
PART-IIIの第39話・岡山編に登場した下津井電鉄の観光バス(日産ディーゼルK-RA51T)。脱獄犯の阿久根らが追跡から逃れるために運転手ごとジャックし、新岡山港でのカーチェイスの後に大門軍団がショベルカーで包囲。バスが砂山に突っ込み人質の運転手が脱出した後、阿久根が暴走させようとしたが大門に銃撃され、爆破した後に船舶用燃料貯蔵庫に衝突し貯蔵庫ごと炎上した。

シリーズスタッフ[編集]

  • 制作:石原裕次郎
  • 企画:小林正彦(石原プロモーション・全シリーズ)、高橋正樹(テレビ朝日・『PART-I』のみクレジット)
  • プロデューサー:石野憲助(石原プロモーション)、岩崎純(石原プロモーション・PART-III特番のみ)、星裕夫(テレビ朝日)
  • 俳優担当プロデューサー:小島克己
  • 技斗:高倉英二
  • アクション:グループ十二騎会
  • エキストラ:クロキプロ
  • カーアクション:三石千尋とマイクスタントマンチーム
  • プロデューサー補:岩崎純、高山正彦、仲川幸夫
  • 音楽ディレクター:鈴木清司
  • 音楽プロデューサー:中村進(石原音楽出版社)
  • サントラ盤:テイチクレコード
  • 音響効果:小島良雄(東洋音響
  • 録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
  • 衣装:第一衣装
  • 美粧:山田かつら
  • 小道具:高津映画装飾
  • 現像:東洋現像所
  • 企画協力:ブローバック・プロ(『PART-I』のみクレジット)
  • 撮影協力:鈴木自動車工業(後のスズキ)、朝日航洋(放送期間中に「朝日ヘリコプター」より社名変更)、共豊産業(後の共豊コーポレーション)(『PART-I』第56話より)、エンケイ・アルミホイール(『PART-I』第56話より)、中田商店出光興産(クレジットなし)
  • 協力:日産自動車
  • 制作:石原プロモーション、テレビ朝日

主題歌[編集]

オープニングとエンディングにはインストゥルメンタルのテーマ曲が使用され、主題歌は本編のラストシーンに挿入されるのが通例だった。

メインテーマ(インストゥルメンタル)[編集]

PART-I:「西部警察メインテーマ」
放送当時からフルサイズとテレビサイズが商品化されているが、いずれもテレビ用とは別にレコード用にミックスされたものである。レコード用とテレビ用は同一テイクを元にしているが、マルチトラックテープからミックスダウンされる際、前者はギターが、後者は管楽器が主旋律を担当するようにミックスされた。テレビ用ミックスは当時のものが現存しないため、2006年発売の『西部警察ミュージックファイル 〜テイチク音源による初収録曲&ベスト・セレクション〜』に収録される際、残されていたマルチトラックテープを元に再現された。
2013年に舘ひろし徳重聡宮下裕治金児憲史が出演しているCM「スズキ スペーシアカスタム」で使用されている。
京王電鉄京王線国領駅の2番線の発車メロディに使用されている。
PART-II、PART-III:「ワンダフル・ガイズ」
PART-III第7話以降のオープニングには新編集バージョンが使われた。また、地方ロケの回などでは、エンディングで撮影協力企業のクレジットを流す為、曲の長さやテイクが異なる時もある。

エンディングテーマ[編集]

すべて石原裕次郎の歌唱。なお、通常はワンコーラスのテレビサイズであるが、刑事が殉職した回では、殉職刑事の在りし日の勇姿を回想するシーンと共に、フルコーラスで流れることが通例であった[32]

テレビサイズは「みんな誰かを愛してる」のみフルサイズとは別に録音され、その他はフルサイズを編集して作られた。ただし、「夜明けの街」「嘆きのメロディー」はマルチテープの段階で編集されたため、商品化用のマスター音源からの編集では再現できない箇所があり、マルチテープが所在不明となっている現在では再現することは不可能となっている[33]

  • 「みんな誰かを愛してる」(『PART-I』第1話 - 第54話、『PART-III』最終話[34]
    • テレビサイズはイントロが異なる2種類が存在し、エピソードによって使い分けられている。
  • 「夜明けの街」(『PART-I』第55話 - 第126話)
  • 「時間(とき)よお前は・・・・」(『PART-II』第1話 - 第38話)
  • 「勇者たち」(『PART-II』第39話 - 『PART-III』第47話 ※第31話除く)
  • 「思い出さがし」(『PART-III』第31話)
  • 「嘆きのメロディー」(『PART-III』第48話 - 第68話)

エンディング曲は通信カラオケDAMの『西部警察スペシャルカラオケ』で歌唱が可能となっており、本編の名場面をBGVとして見る事ができるほか、一部の楽曲では本編の音声も収録されている[35]

挿入歌[編集]

挿入歌は基本的に「コーナーラウンジ」(通称・カド屋)や「セブン」のシーンで、歌手の弾き語りという形で使用されていた。そのため、ギター1本で演奏できるように、レコード用とは異なるアレンジになっている。

  • 「愛のゆくえ」(『PART-I』第1話 - 第56話、歌:幸田薫
    • 1981年にテレビ朝日系で放送された『ザ・ハングマン』第37話では、クラブの歌手役で出演した幸田がこの曲を歌っていた。
  • 「想い出はたそがれ色」(『PART-I』第57話 - 第110話、歌:幸田薫)
    • 第109話のみインストゥルメンタルが使われた。
  • 「通り雨」(『PART-I』第118話 - 『PART-II』第27話、歌:豊島ひとみ)
    • 『PART-I』第118話のみレコード用と同じアレンジのものが使われた。
  • 「男と女のWaltz」『PART-II』第30話 - 『PART-III』第22話、歌:八木美代子)
  • 「風の招待状」(『PART-III』第16話、第32話、歌:井上恵美子)
    • 『PART-II』以降のテーマ曲「ワンダフル・ガイズ」のスコアに歌詞を付けたもの。レコード用と同じアレンジ。
    • 同曲を歌唱する井上は、第16話は山県刑事のガールフレンド・サリー役として、第32話では本人役としてそれぞれ出演している。
  • 「つ・ま・ん・な・い」(『PART-III』第23話 - 第47話、歌:八木美代子)
    • 初披露となったPART-III第23話では、同曲を聞いた平尾が「つまんない」というと北条が「何言ってるんですか、良い曲じゃないですか」と反論し、平尾が「いや、この曲のタイトルが『つ・ま・ん・な・い』っていうの」という、曲の宣伝のような場面がある。

また、各シリーズで一度ずつ、木暮が石原裕次郎の歌を歌うシーンがある(『PART-I』第48話で「ブランデーグラス」、『PART-II』第28話で「涙は俺がふく」、『PART-III』第31話で「思い出さがし」を歌った)。「ブランデーグラス」は『PART-I』で歌われる2年前に発売され、発売当初はヒットしなかったものの、1年ほど前から地方の有線放送で人気が出始めたため、さらなるブレイクを見込んで本作で使われることになったという経緯がある[36]。「涙は俺がふく」は第28話のタイトルにもなっている。「思い出さがし」はその回のみの主題歌としても使われた。また、木暮は『PART-I』第14話劇中で、記事を書くのを延ばす時間稼ぎのため新聞記者達をコーナーラウンジで接待し、「今流行りの歌」と称して主題歌である「みんな誰かを愛してる」を歌おうとするも、「グレさん(木暮)の歌なんて聞きたくないよ。」とあっさり却下されるシーンがある。

さらに木暮だけでなく大門も同様に、『PART-I』第53話冒頭で「ちいさな春」、『PART-II』第13話冒頭で「無理をするなよ」と渡哲也の歌を歌うシーンがある。

また、鳩村にいたっては、『PART-II』第38話ラストや『PART-III』第33話終盤で「ロックンロール1981」を、『PART-III』第33話では「ワンモア・チャンス」もステージ上で熱唱している(ただしこれは名古屋ロケや仙台ロケでのイベントから舘ひろしのオン・ステージをストーリーに登場させたもの。詳しくは日本全国縦断ロケを参照)。なお、『PART-III』第33話の仙台編においては、ロケイベントのゲスト・チェリッシュによる「風になれ~私と私たち~」(チェリッシュの地元・名古屋への五輪招致テーマソングであった[37])の歌唱が舘の歌唱と同様に劇中シーンとして挿入されており、事実上この回の挿入歌となっている。

挿入歌ではないが、PART-I・第123話の松田刑事の殉職及びPART-III・第1話のセスナ機が操作不能になったシーンでは、ムソルグスキー作曲の組曲「展覧会の絵」の第1曲め・「小人」[38]がBGMとして使用され、荘重かつ重苦しく、不吉なムードを演出している。

一方では、毎回ではないが、レストランで大門と妹・明子(アコ)と食事のシーン等でショパン作曲の「ワルツ第7番」「ワルツ第8番」、ドヴォルザーク作曲の「ユーモレスク第7番」をレストランのBGMとして使用されるなど、和やかなムードを演出している(他、PART-I・第110話では、ピアニストであった人質のピアノ演奏のビデオで、「スケルツォ第2番」、PART-I・第125話では、バレエのレッスンで「マズルカ第5番」とショパンの曲が流れている)。

2009年には第1回放送から30周年を迎え、テイチクエンタテインメントより「西部警察」誕生30周年サウンド・トラック・アルバム大全集が発売された(特典レコードアーカイブ&テキストブック)。

PART-I,II,IIIが放映されたネット局[編集]

本放送の放送局の系列は放送当時のもの。再放送の系列は全てテレビ朝日系列。

  • ※印は、全国縦断ロケで登場し制作協力に参加した局。
  • ○印は『PART-III』最終回でも制作協力した局。
  • ☆印は『SPECIAL』を放送した局。
放送地域 本放送の放送局 本放送当時の系列 備考 再放送の放送局
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局 同左
北海道 北海道テレビ ※○☆
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
青森朝日放送[39]
岩手県 岩手放送 TBS系列 後のIBC岩手放送 岩手朝日テレビ
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列 ※☆ 同左
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 秋田朝日放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
※1980年3月までは日本テレビ系列単独加盟局[40] 山形テレビ
福島県 福島中央テレビ 1981年7月打ち切り 福島放送
福島放送 テレビ朝日系列 ※☆1981年10月開局から[41]
山梨県 テレビ山梨 TBS系列 -
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
後のNST新潟総合テレビ
1983年9月まで。PART-III途中まで
1981年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局
新潟テレビ21
新潟テレビ21 テレビ朝日系列 ☆1983年10月開局から。PART-III途中から[42][43]
長野県 信越放送 TBS系列 長野朝日放送
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 ※○☆後の静岡朝日テレビ 同左
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 -
石川県 石川テレビ フジテレビ系列 1979年10月21日以降[44]PART-I・IIを放送 北陸朝日放送
北陸放送 TBS系列 PART-IIIを放送
福井県 福井テレビ フジテレビ系列 PART-I・IIを放送 -
福井放送 日本テレビ系列 PART-IIIを放送
中京広域圏 名古屋テレビ テレビ朝日系列 ※☆ 同左
近畿広域圏 朝日放送
島根県
鳥取県
山陰放送 TBS系列 -
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 ※☆ 同左
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
山口朝日放送
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 テレビ朝日系列 ※○☆ 同左
愛媛県 愛媛放送 フジテレビ系列 後のテレビ愛媛
PART-I・IIを放送
愛媛朝日テレビ
南海放送 日本テレビ系列 PART-IIIと最終回スペシャルを放送
高知県 テレビ高知 TBS系列 -
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 ※○☆ 同左
長崎県 長崎放送 TBS系列 長崎文化放送
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局 熊本朝日放送
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
大分朝日放送
宮崎県 テレビ宮崎 [45] -
鹿児島県 鹿児島テレビ 1982年9月まで。PART-IとPART-IIの途中まで 鹿児島放送
鹿児島放送 テレビ朝日系列 ※☆1982年10月開局から。PART-IIの途中から
沖縄県 琉球放送 TBS系列 琉球朝日放送

パチンコ・パチスロ[編集]

すべてニューギンから発売。

  • パチスロ

ソーシャルゲーム[編集]

ポニーキャニオンによるサービス提供。

  • 西部警察 the カード〜新たなる挑戦(GREE、2012年)

ビデオソフト[編集]

1999年石原プロワールド開館にあわせ本番組のVHSビデオ・DVD『西部警察 男たちの伝説』(番組内のアクションおよび登場車両の解説紹介)、『西部警察・男たちの伝説2 殉職-わかれ-』(5人の刑事が殉職する番組の以下五話、PARTI第30話「絶命・炎のハーレー」、同第54話「兼子刑事暁に死す」同第123話「1982年春・松田刑事絶命」、PARTII第35話「娘よ、父は…浜刑事・絶命」、PARTIII第6話「沖田刑事・絶唱!」の総集編を収録)、『男たちの伝説3 大門死す!男たちよ永遠に…』の3作品が発売された。

ただし、上記3作品はいずれも総集編となっており、それ以外では2004年に発売された『西部警察 SPECIAL』と同DVDに特典映像として収録された『燃える勇者たち』を除いてソフト化は行われていなかったが、2012年1月12日石原プロモーション創立50周年記念の一環として、2012年2月15日発売の『西部警察PART-I セレクション 大門BOX1』(販売元:ポニーキャニオン、PCBP-62001)を皮切りに、テレビシリーズの傑作選DVD-BOXの順次発売が発表された[46][47]。原版には16mmフィルムから新たに製作されたデジタルリマスター版が使用されている。

2013年5月から同年9月にかけて、西部警察全話の中から、キャラクター別にエピソードを厳選された『キャラクターコレクション』をリリースすることが決まった。BOX版では未収録だったエピソードも数話初収録(PARTIIを除く)される。各巻4話ずつ収録。

2014年3月19日にPARTI.II.IIIのコンプリートブルーレイが発売され、DVDにて収録されていなかったストーリーも全話収録されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 アーティスト 備考
みんな誰かを愛してる 誕生日おめでとう 1979年9月25日 石原裕次郎
愛のゆくえ なにもかも 1979年10月25日 幸田薫
西部警察メインテーマI・フルサイズ 木暮刑事のテーマ 1980年4月25日 ホーネッツ レコード用ミックス
夜明けの街 孤独の詩 1980年10月25日 石原裕次郎
想い出はたそがれ色 迷い螢 1980年10月25日 幸田薫
通り雨 泣けちゃう港 1981年3月25日 豊島ひとみ
時間よお前は・・・・ 涙は俺がふく 1982年4月25日 石原裕次郎
「西部警察PART-II」テーマ ワンダフル・ガイズ パトカー・コンボイ 1982年9月21日 高橋達也&東京ユニオン SE入り
男と女のWaltz 美しいわあなた 1982年11月21日 八木美代子
勇者たち 夜よ 1983年3月21日 石原裕次郎
風の招待状 季節の向うに… 1983年7月21日 井上美恵子
つ・ま・ん・な・い RAIN-BOW 1983年8月21日 八木美代子
嘆きのメロディー 彩りの街 1984年2月21日 石原裕次郎

アルバム[編集]

パロディ/オマージュなど[編集]

本作の人気の高さから、後述する1999年の再放送以降はメインキャラクターである大門を筆頭とした多くのパロディ作品が制作されている。

バラエティ番組[編集]

ドラマ・アニメなど[編集]

  • おいしいごはん 鎌倉・春日井米店 - 第3話で一家揃って本番組の再放送を見るシーンがあり、渡哲也演ずる春日井竜平が「最近のテレビはこういうのをやらないからダメなんだ!」と苦言を呈する。ドラマの製作は同じ石原プロモーション・テレビ朝日であり、事実上のセルフパロディである。
  • クレヨンしんちゃん - 十三回忌再放送が行われていた1999-2000年ごろにかけて、野原しんのすけが「西部警察の再放送を見たい」と発言する[48]など、本作に言及する演出がたびたび見られた。
  • さばげぶっ! - テレビアニメ版最終回で、「国家サバゲ部隊長」という大門に酷似した人物が登場する。本編ではスーパーZやサファリと思しき車両や、PART-IIIのオープニングを模倣したスタントシーンも登場する。
  • ボンバーマンジェッターズ - ダイボン

ラジオ番組[編集]

インターネット動画[編集]

再放送[編集]

  • PART-Iの関東地区で最初の全話再放送は1983年春頃で、夕方15時から1時間枠放映であった。
  • 1983年12月25日日曜日の当日「仙台爆破計画」放映回には、福島放送は当日午後から福島前後編をアンコール再放送している。
  • PART-III本放送終了後、1985年 - 1988年秋にかけて夕方17時で他作品を挟みPART-I - PART-IIIまでをループ再放送していた。
  • 石原裕次郎が死去した1987年7月17日から数日間の再放送では追悼テロップを流していた。
  • 1990年12月17日から22日にかけてNHK衛星第2放送で放送された特集番組『石原裕次郎の世界』枠内にて、シリーズ傑作選として計6エピソードがノーカット放送された。また番組内では、石原プロモーション所属俳優が西部警察の思い出を語るコーナーも設けられ、本編放送の間にハイライトシーンの挿入が行われた。
  • 1999年石原裕次郎の13回忌記念として、全国のテレビ朝日系列で再放送が行われた(なお、一部放送回は欠番扱いされて未放送となった局もあり)。
  • 1997年6月21日勝新太郎が死去した際は、翌週の28日に勝がゲスト出演した「燃える勇者たち」(正月スペシャル)が再放送された。
  • 2003年には99年の13回忌と同様に17回忌記念とリメイク版放送&レギュラー版放送決定記念(リメイク版は同年9月6日放送予定、レギュラー版は翌月スタート予定だった)で傑作選がテレビ朝日系列各局で放送されていたが、レギュラー版の撮影事故による制作中止とリメイク版放送無期限延期により放送予定があったものの途中で打ち切られた。
  • 2004年のリメイク版放送が決まったことにより放送直前にも前年同様に傑作選が一部系列局で再放送された。
  • 2009年5月25日から石原裕次郎の23回忌記念として、テレビ朝日系列各局で西部警察ベストセレクションを放送(放送時間や放送されたエピソードは局によって異なる)。
  • 2017年6月21日には石原裕次郎没後30年を記念した特集として、NHK BSプレミアム枠において最終回スペシャルが放送された。本編放送前には峰竜太ヒデが出演し、日本各地のロケ地を巡る特別企画「石原裕次郎の旅~日本縦断“西部警察”の舞台裏紀行~」が放送された。
  • CS放送局ではファミリー劇場の『デカ劇場』枠内でHDリマスター版が放送されている。
  • 1990年代以降の地上波での再放送においては、一部セリフが無音処理されている。21世紀になった現在では差別用語になるセリフだけでなく、車輌ナンバーの一部、住所もカットしている(ただし、車輌ナンバーについてはセリフはカットしているものの、ナンバーにぼかしを加える等の映像処理はしていない)。

再放送に関する評価[編集]

補足[編集]

  • TBSラジオで放送されていた『土曜ワイドラジオTOKYO』の人気コーナー「久米宏の素朴な疑問」で「本物のヤクザは西部警察をどちらの立場で見ているか?」という質問が取り上げられたことがある。実際の組事務所に電話をかけて確認したところ、「一人で見るときは刑事側、みんなで見るときはヤクザ側を応援する」という回答が返ってきたという[50]
  • 作中、犯人の前科者カードなど記載されている住所がところどころ他府県と混ざっていたりすることがしばしばある。
    • 『PART-III』第39話「激闘!!炎の瀬戸内海 - 岡山・高松篇 -」での爆弾犯・成毛の現住所が岡山県相馬市、脱獄犯・阿久根の仲間である秋山の本籍が香川県香川市となっているが、前者は「福島県」に属し、後者は存在しない[51]
    • 第50話「京都・幻の女殺人事件 - 京都篇 -」での与田探偵社の住所が京都市北区中之島となっているが、中之島は“大阪市”にある。電話番号の市外局番や郵便番号は大阪のものとなっているので大阪市の部分を京都市に変えている。
    • 同第51話「爆発5秒前! 琵琶湖の対決 - 大阪・大津篇」でのシージャック犯・小泉の住所が大阪府西宮市となっているが、西宮市は“兵庫県”に属している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ テレビシリーズ「西部警察 PART-III」までの正式社名は「全国朝日放送」だった。
  2. ^ 大都会 PARTIII』では犯人を容赦なく射殺する描写が顕著だったのに対し、本作では逮捕拘束に留まる場合が多い。劇中では性犯罪がほとんど扱われなくなったほか、暴力描写も比較的抑えられている。
  3. ^ 『週刊金曜日』取材班『電通の正体 - マスコミ最大のタブー』
  4. ^ 石原慎太郎著『弟』より
  5. ^ 柏木純一 『渡哲也 俺』より
  6. ^ 全ての車両のうち、日産自動車および日産ディーゼル工業以外の他メーカーの車両は、一部の例外を除いてエンブレムをテープや塗装で隠したり取り外す処理を行っていた。
  7. ^ 東急電鉄の駅としては、横浜高速鉄道みなとみらい線開業及び横浜駅からの同線相互直通運転開始に伴い、高島町駅と共に2004年1月30日をもって営業終了。同駅で接続していた他の鉄道事業者(JR東日本京浜東北根岸線横浜市営地下鉄ブルーライン)は、現在も営業中。
  8. ^ 2003年6月30日閉鎖解体。跡地の地下に東急東横線渋谷駅2008年6月14日(当初は東京メトロ副都心線の終着駅として使用し、2013年3月16日から東急東横線と直結)に、同駅真上に後継施設として「渋谷ヒカリエ」が2012年4月26日にそれぞれ開業。
  9. ^ 着陸シーンはボーイング747-400(国際線仕様機)が映された。
  10. ^ エンディングでのクレジットはされなかったものの、着陸シーンや航空券に全日空ロゴが大きく映されている。
  11. ^ 本物の警察ヘリは、銀と青のツートーン + ノーズにオレンジの帯のカラーリングである。
  12. ^ トミカリミテッドヴィンテージ」西部警察シリーズインタビューより
  13. ^ 他の覆面パトカーも同様に8ナンバーから5ナンバーに変更されている。
  14. ^ 実際には運転者の眩惑を招き危険なため、このような使用はほとんどなされない。
  15. ^ PART-IIIの鹿児島ロケではタンク車が故障したため、単体で放水した
  16. ^ スーパーマシンは原則木暮発注という設定だが、サファリ登場時期が木暮役の石原裕次郎の闘病時期と重なっていたため。
  17. ^ 日産ダッシュボード 5/27リニューアル第2号! - 日産公式YouTubeチャンネル 2014年5月27日配信
  18. ^ 初期は「品川59 た 35-27」だったが、排気量と分類番号が一致しない(2.8Lのため3ナンバー枠)ため変更された。
  19. ^ PART-IIIのオープニングでは、スーパーZを運転している姿をもって山県のキャスティング紹介がされているが、これはRS改修および新製時期に重なったためであり、沖田のポジションを継いだ山県は、劇中ではむしろRS-1を運転することが多かった。
  20. ^ ドライバーがいると後部コンソール担当者は極めて乗降しにくい。ただしRS-3改造後のPART-III第16話・第30話では平尾刑事が助手席ドアを開けて降車している。
  21. ^ ドアミラーの認可は登場翌年の1983年3月以降。
  22. ^ ただし一部の回では一方のアンテナを直立させたまま走行しているシーンがある。
  23. ^ PART-III第40話で、助手席に乗る山県刑事がサンルーフから犯人車を銃撃している。
  24. ^ 『ゴーグル』(隔月刊)2010年1月号
  25. ^ PART-II第15話など。
  26. ^ LV-NEO 西部警察13 西部警察PART-I 第4話『マシンガン狂詩曲』より セドリック覆面パトカー230型/330型 2台セット(トミーテック公式)
  27. ^ LV-NEO 西部警察15 西部警察PART-III 第5話『生命果つるとも』より セドリック330型(犯人車)/430型(覆面車) 2台セット(トミーテック公式)
  28. ^ LV-NEO 西部警察08 西部警察PART-I 第65話『博多港決戦!!』より グロリア/ローレル パトロールカー2台セット(トミーテック公式)
  29. ^ この間、『オレたちひょうきん族』の人気コーナー「タケちゃんマン」に出演している。
  30. ^ 但し細かい相違点は偽物が「NISSAN」ロゴが濃く、中央のマフラーはメッキ塗装になっている。
  31. ^ スーパーZの影武者車両がないため破壊できず、偽スーパーZを爆破・炎上したかの様に撮影するにあたり、ボディ全体を汚しガルウィングを外して破壊したかの様に見せかけたが、迫力に欠けたために没になった。この没カットは予告編の映像で一部使用されたほか、大破した偽スーパーZのスチール写真も存在している。
  32. ^ ただし『PART-I』第54話(兼子刑事が殉職した回)ではワンコーラスだった。
  33. ^ 『西部警察 ミュージックファイル 〜テイチク音源による初収録曲&ベスト・セレクション〜』のライナーノーツより
  34. ^ 正式タイトルは『さよなら西部警察 大門死す!男達よ永遠に…』。
  35. ^ 西部警察スペシャルカラオケ CLUBDAM.com
  36. ^ 『西部警察 誕生30周年 サウンド・トラック・アルバム大全集』のテキストブックより。
  37. ^ 「名古屋五輪」歌ったチェリッシュ、東京招致に期待-朝日新聞デジタル、2013年9月7日. 2018年6月30日閲覧。
  38. ^ 同曲では、本作の元となった『大都会 PARTIII』にも二度使われたことがある。
  39. ^ 再放送では独自でステレオ放送を実施。
  40. ^ 当初は遅れネットだったが、1980年4月からは同時ネットになった。
  41. ^ 福島県における1981年7月・8月の未放送分はサービス放送で放送された。
  42. ^ 開局時に『PART-I』から再放送された。
  43. ^ なお、新潟テレビ21はシリーズ放映当時のANNフルネット局で唯一日本全国縦断ロケの制作協力局になっていない。
  44. ^ 北日本新聞』1979年10月21日付朝刊、テレビ欄。
  45. ^ 『SPECIAL』では制作協力。
  46. ^ 西部警察」「大都会」シリーズDVD化決定! 石原プロモーション ニュースリリース 2012年1月12日付
  47. ^ 石原プロモーション DVDシリーズ ポニー・キャニオンによる特設ページ参照
  48. ^ 1999年7月16日放送「カスカベ防衛隊をやめちゃうゾ」より。先述(『再放送』の項)の通り、1999年当時は各地のテレビ朝日系列局にて再放送が行われていた。
  49. ^ 湯渡軍団、宮城の温泉大捜査 団長役の村井知事「今回は硬派です」 河北新報、2017年12月1日
  50. ^ ホイチョイ・プロダクション著「OTV」p.34
  51. ^ ただし、2006年1月10日まで、市ではなく、は存在していた。
  1. ^ そのため、破壊シーンになると430型や330型が230型にすり替わるという事象がしばしば見られた[26]

外部リンク[編集]